資格/書籍

【応用情報技術者試験】おすすめ参考書5選【問題集&無料の過去問も!】

応用情報技術者試験の初心者

  • 応用情報のおすすめ参考書や問題集が知りたい!
  • 応用情報の午前・午後のポイントも教えてほしいな!

このような疑問にお答えさせていただきます!

本記事のテーマ

  • 応用情報技術者試験とは?
  • 応用情報『午前・午後』試験のポイント!
  • 応用情報『午前』のおすすめ参考書【3冊】
  • 応用情報『午後』のおすすめ参考書【2冊】
  • 応用情報の過去問対策『無料で学べる方法も!』

初めて「応用情報技術者試験」を受ける『不安なあなたへ』。

おすすめの参考書をまとめました!

次のような理由で、「応用情報を受けてみよう!」と思ったんじゃないでしょうか?

  • 「アピールできる資格がほしい!」
  • 「転職、就職で使える資格がほしい!」
  • 「より高いレベルの試験を受けるため!」
  • 「手当や報奨金がもらえるから!」
  • 「昇級、昇格に必要!」

とても、素晴らしいと思います!

ただ…同時に次のような「不安」もあるんじゃないでしょうか?

  • 「難しいって聞くけど、大丈夫かな・・・?」
  • 「試験勉強の時間が作れるかな・・・?」
  • 「勉強ってどうやったらいいんだろう・・・?」

応用情報からは、IT国家資格のレベルも難易度も上がります・・・

雷音
雷音
けど、大丈夫です!

次の2つを徹底的にやれば、「応用情報技術者試験」は合格できますので。

  • ポイントを絞って勉強(インプット)
  • 過去問で試験慣れ(アウトプット)

それでは、さっそく見ていきましょう!

応用情報技術者試験とは?

応用情報は、ワンランク上のエンジニアだと証明するIT国家資格。

IPA(情報処理推進機構)が運営していて、難易度は「★3」です。

応用情報を取得するメリットは次の4つ。

  • 就職・転職の『大きなアピールポイント』になる
  • 高度試験(難易度4)の午が前一部免除になる
  • 資格取得手当、報奨金、昇級、昇格へ影響
  • 国家試験(中小企業診断士・弁理士)の一部が免除

エンジニアとして高いレベルを目指すなら、とっておいて損はない資格です!

チェックポイント
応募者数99,400
合格率22.3%
難易度
試験形式
午前(選択式)・午後(記述式)
試験回数年2回(春秋)
参考サイト応用情報技術者試験(AP) ~ ワンランク上のITエンジニア ~

 

他のIT系国家資格については、こちらの記事でまとめてあります。

【最新】IT系の国家資格を一覧で紹介!難易度と合格率が一発でわかりますIT系の国家資格を知りたいですか?本記事では、IT系の国家資格を一覧で紹介しております。また、難易度・合格率・分野・対象者ごとに、わかりやく資格をまとめてあります。IT系の国家資格を知りたい方は必見です。...

 応用情報『午前・午後』試験のポイント!

試験は「午前・午後」の2回。

  • 午前:過去問から『50%出題』、広範囲の知識が必要な『選択問題』
  • 午後:得意分野の『選択』がカギ、難関な『記述式問題』

詳しく説明します!

午前試験は「過去問対策」がポイント

傾向として、過去問からの出題が全体の50%ほど。

午前試験
問題数80問
出題形式選択式
解答時間150分(9:30~12:00)
合格基準60%(80問中48問)以上

 

合格基準が60%以上の正解なので、過去問対策はメチャメチャ重要です!

ただし、午前試験は範囲が広い・・・

分野大分野
テクノロジ系(50問)基礎理論
アルゴリズムとプログラミング
コンピュータ構成要素
システム構成要素
ソフトウェア
ハードウェア
ヒューマンインターフェイス
マルチメディア
データベース
ネットワーク
セキュリティ
システム開発技術
ソフトウェア開発管理技術
マネジメント系(10問)プロジェクトマネジメント
サービスマネジメント
システム監査
ストラテジ系(20問)システム戦略
システム企画
経営戦略マネジメント
技術戦略マネジメント
ビジネスインダストリ
企業活動
法務

 

基本情報は「大分野が9個」だったのに対して、応用情報は「大分野が23個」もあります。

雷音
雷音
およそ、2,5倍に範囲が広がっています・・・

そのため、午前試験を合格するポイントは次の2つです。

  • 『広く浅く』知識を身につける
  • 『過去問対策』を徹底的にやる

何度もお伝えしますが、過去問対策が午前試験の合格を左右します。

午後試験は「選択」+「基礎知識」+「過去問」がポイント

午後の試験は『記述式+問題の選択』。

午後試験
出題形式記述式
選択方式『問1(情報セキュリティ)』は必須解答
『問2~問11』から『4問選択』し解答
解答時間150分(13:00~15:30)
合格基準60%以上

 

11問中「情報セキュリティ」は必須ですが、残り4問は得意分野を選択して回答します。

分野問1
(必須)
問2~問11
(4問選択)
情報セキュリティ
経営戦略
情報戦略
戦略立案/コンサルティング技法
システムアーキテクチャ
ネットワーク
データベース
組込みシステム開発
情報システム開発
プリグラミング(アルゴリズム)
情報セキュリティ
プロジェクトマネジメント
サービスマネジメント
システム監査

 

午後試験は次の流れで対策するのがベスト。

  1. 過去問の全11問を一度解く
  2. 自分の得意そうな分野を『5つ』選択
  3. 選んだ『5つの分野』を参考書で勉強
  4. 『過去問』⇒『参考書』⇒『過去問』を繰り返す

ポイントは「情報セキュリティ」以外に『5つ』選択することです。

当日の問題が難しい場合、4分野しか勉強していないとどうしようもなくなります。

本番の保険として『+1』の分野をもっておくことが重要です。

雷音
雷音
「勉強できる時間がある」「5つに絞れない」場合は、『6分野』の対策でもOKですよ!

ちなみに、「応用情報の午後試験は、過去問と同じ問題は出ないからやっても意味がない」という方がいます。

これは、間違いかなと。

  • 午後も似た問題が出題される
  • 長文読解力に慣れる
  • 記述式の回答に慣れる
  • 問題のキーワード・考え方に慣れる
  • ケアレスミスをなくす

上記が過去問をやることで身につきますので。

「得意分野の選択」+「基礎知識」+「過去問慣れ」の3つを徹底が、合格の近道です。

 応用情報『午前』のおすすめ参考書【3冊】

応用情報の午前試験は、ポイントを押さえて広範囲の勉強が必要。

おすすめは次の3冊です。

  1. キタミ式イラストIT塾 応用情報技術者
  2. 応用情報技術者 合格教本
  3. 要点早わかり 応用情報技術者 ポケット攻略本

①キタミ式イラストIT塾 応用情報技術者

イラストと漫画でわかりやすさ『No.1』目で見てわかる1冊

応用情報は範囲が広く「なにから手をつけていいかわからない・・・」ということも。

本書は、次の3つが他と比べて「No.1」の本です。

  • わかりやすい
  • 見やすい
  • 読みやすい

解説も丁寧なので、次のようなあなたに読んでもらいたい1冊です。

  • 初めて応用情報を学びます!
  • 広くポイントを絞って学びたい!
  • 文章が多いのは苦手・・・
雷音
雷音
さくさく読めて、直感的に学べますよ!

②応用情報技術者 合格教本

圧倒的な情報量!幅広く学べるオススメの1冊!

応用情報の試験範囲はメチャメチャ広く、覚えることも多い・・・

ただ、本書の情報量なら、ほぼすべてが網羅されています。

特徴は次の2つ。

  • いちばん詳しい参考書
  • なんでも調べられる参考書

要点ごとに情報が整理されているので、わかりやすいのもポイント。

より詳しく・詳細に勉強したいあなたにおすすめの参考書です。

③要点早わかり 応用情報技術者 ポケット攻略本

重要なポイントだけを学びたい!片手で読める参考書

コンパクトで持ち運びが便利な参考書。

  • 電車移動、スキマ時間で学びたい!
  • 重要なポイントだけを勉強したい!
  • 厚い参考書だと、読む気がなくなる・・・

上記のようなあなたにオススメしたい1冊です。

雷音
雷音
試験直前の追い込みでも、活躍してくれる参考書です!

応用情報『午後』のおすすめ参考書【2冊】

午後の試験は「得意分野に集中」+「長文読解・記述式になれる」ことが重要。

午前とは違う問題と解答方法なので、しっかり勉強しましょう!

おすすめは次の2冊です。

  1. 応用情報技術者午後問題の重点対策
  2. 情報処理教科書 出るとこだけ!応用情報技術者[午後]

①応用情報技術者午後問題の重点対策

午後に特化した参考書!解答ノウハウが学べます。

午前は一切なく、午後試験の対策のみができます。

  • 「問題文を読む」ポイントは?
  • 「記述式で解答」するポイントは?

午後試験に必要な上記のノウハウが学べます。

解説もわかりやすく、丁寧なので午後試験の対策をじっくりやりたいなら、おすすめの1冊です。

②情報処理教科書 出るとこだけ!応用情報技術者[午後]

午後試験に集中!「出る順」「出るところだけ」をまとめてます

こんなあなたにオススメの1冊です。

  • 午後試験のポイントを絞って勉強したい!
  • 午後試験の勉強方法がわからない・・・
  • 短い期間で対策をしたい!

本書は、厳選した17テーマに絞って、効率を重視した参考書。

午後試験に合格するため、次の3つで丁寧に対策してくれています。

  • 出る問題の「前提知識」を身につける
  • 合格するための「解き方」を学ぶ
  • 力をつけるために「過去問」で対策

応用情報の過去問対策『無料で学べる方法も!』

応用情報の過去問は、次の方法で入手できます。

  • ①『Webサイト(無料)』を使う
  • ②『スマホアプリ(無料)』を使う
  • ③『公式サイト(無料)』を使う
  • ④『問題集』を購入

一つひとつ見ていきましょう!

①応用情報技術者試験ドットコム(過去問道場)

応用情報技術者試験ドットコム(過去問道場は無料のWeb問題集。

ランダムで過去問(2,400問 ※2020年時点)を出題させ、回答できるサイトです。

すべての問題に解説あるだけではなく、やりたい分野や試験回の問題を選べるのも特徴。

スキマ時間で効率的に勉強できるサイトです。

②応用情報情報技術者問題集(全問解説付)

2020年春版 応用情報技術者問題集(全問解説付)

2020年春版 応用情報技術者問題集(全問解説付)

Yasuo Nishimura無料posted withアプリーチ

応用情報の過去問対策ができる、無料のスマホアプリ

ポイントは次の3つです。

  • 560問の過去問対応(※2020年時点)
  • 一問一答で解答ができる
  • 全問解説付き

気軽に使えるスマホアプリは、空き時間に有効活用できます!

③IPA(情報処理推進機構)公式配布の過去問

応用情報の過去問は、IPA(情報処理推進機構)公式サイトからダウンロードができます。

しかも、過去全ての問題を手に入れることが可能です。

ただ、解説がないので、間違えた理由がわかりづらいのが難点です・・・

④応用情報のおすすめ問題集2冊

しっかりと過去問対策をしたいなら、問題集を買うべき。

なぜなら、詳しい解説付きで重要ポイントが学べるからです。

おすすめしたい問題集は次の3冊。

  • 応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集
  • 応用情報技術者 試験によくでる問題集【午前】
  • 応用情報技術者 試験によくでる問題集【午後】

「本誌4回分+PDF16回分」の20回分の過去問対策が可能!

午前・午後関係なく、たくさんの問題を繰り返し解きたいならこの1冊です!

午前試験」によくでる問題を厳選した問題集!

「午前試験が不安・・・」「テーマ別にたくさん問題を解きたい!」ならこの1冊です!

「午後試験」の問題をテーマ別に厳選した問題集!

詳しい解説で、難関な午後試験を集中的にトレーニングできます!

まとめ:独学が難しいなら「資格の学校」も検討しよう!

下記が、今回ご紹介した一覧です。

ただ、応用情報は覚えることが多く、試験も年2回。

長い試験勉強では、次のような「不安」がつきまといます。

  • 「参考書や解説を読んでも理解できない…」
  • 「勉強の仕方がわからない…」
  • 「働きながらだと勉強の時間がとれない…」

独学だと上記の点で途中で挫折してしまう可能性もあります。

「独学だと不安・・・」なら、資格の学校も検討してみてはどうでしょう?

  • 専門の講師から講義を受けられる、質問できる
  • 合格までのカリキュラムがしっかりしている
  • レベル別のコースが用意されている
  • オンラインでスキマ時間でも学習が可能
  • ノウハウがつまったオリジナル教材がある

「合格すること」が第一なら、資格の学校も選択肢の一つに入れるのもありかなと。

あなたにあった方法を見つけてくださいね!

それでは、今回はこの辺で。
最後までありがとうございました。