SES

【SESから脱出?】1年目エンジニアに伝える現実と対策【人事が語る】

1年目のエンジニア

SESから脱出したいけど、どうしたら良いんだろう?

SESは給料が低いし、いろいろな現場に行かされるから、疲れちゃったよ…

エンジニア経験は1年だけど、Web系、大手Sier、社内SEへ転職できるのかな?

SESから脱出するためのアドバイスがほしい!

こういった悩みを解決します。

本記事のテーマ

  • SESから脱出したい1年目エンジニアに伝える現実
  • SESから脱出したい1年目エンジニアに教える対策
  • SESから脱出したいなら「自分」を知っておくべき理由

この記事を書いている僕は、IT業界15年。
SESでは人事・営業を8年ほど経験しています。

SESを脱出して、Web系や社内SE、大手Sierに転職したい!」って方は多いかなと。

ただ、勢いだけで1年目のSESエンジニアが転職すると、確実に失敗します、、、。

今回は、SESを脱出したい1年目エンジニアの方へ、転職の現実と対策についてお伝えできたらと思います。

人事視点で培ったノウハウをお届けしますね。

SESから脱出したい1年目エンジニアに伝える現実

結論、”SES企業から脱出するのは簡単”です。

契約期間があったとしても、1ヶ月前(最短、2週間前)に退職を伝えれば辞められますので。

詳しくは【SES(客先常駐)の退職・退場ガイド】契約期間中の悩み5つを解決でまとめていますが、”退職の自由”が法律で認められているからです。

ただ、1年目のエンジニアにとってのも問題は、

今の会社を脱出しても、またSES企業へ入社する可能性が高い」ということ。

このあたりを詳しく解説していきます。

IT業界は人材不足だけど、人気企業は狭き門

IT業界は、最大で76万人のエンジニアが不足する可能性があります。

引用:経済産業省-IT人材需給に関する調査(概要)

業界全体では圧倒的な人手不足なので、1年目のエンジニアでも仕事に困ることはないでしょう。

ただし、会社を選ばなければ。

恐らくSESを脱出したい方が目指しているのは、次のような会社かなと。

  • 大手Sier・ソフトウェア系
  • Webサービス系
  • 社内SE

上記は”年収が高い”、”社内開発ができる”、”最新技術に触れられる”と、エンジニアにとっては魅力的ですよね。
【勝ち組】SESからの転職先おすすめ5選【転職を成功させるコツも紹介】

ただし、人気企業は応募者が多く、即戦力が求められる上、倍率はメチャメチャ高いです。

「Webサービス系」だと”スピード重視のアジャイル開発”が基本なので、プログラミングはハイスキルが求められますので。

もちろん、エンジニア1年目でも転職できる可能性はありますが、狭き門です。

エンジニア経験1年目だと「今のSES企業から転職するのは簡単だけど、人気の優良企業へ転職するのは大変」ということ。

まずは、現実として上記を認識しましょう。

SESでもホワイト企業は存在するという事実

補足として、SESでも”優良企業”はあるという事実もお伝えしておきます。

「SES=悪」とか、「SES=やめとけ」とかって聞きますが、ぶっちゃけ、会社次第なので。

このあたりは、いくつか記事にまとめているのでご覧ください。
【本当?】「SESやめとけ」は誤解!5つのポイントで解説【結論、大丈夫です】

SESでもホワイト優良企業ならOKって方は、【誰でもできる!】SESの優良企業を見つける方法とは?【5つのポイントを紹介】を参考に、転職活動を始めるのもアリかなと。

お伝えしたいのは、「すべてのSES企業が悪いわけじゃないので、転職の幅を狭めるのはもったいない」ということです。

SESから脱出したい1年目エンジニアに教える対策

1年目エンジニアでも、パターン別に対策は違います

  • 開発(プログラミング)をやれているエンジニア
  • 開発(プログラミング)をやらせてもらえないエンジニア

補足として、SESから脱出して”人気企業へ転職したい方向け”の対策です。

人気企業
  • 大手Sier・ソフトウェア系
  • Webサービス系
  • 社内SE

それでは、見ていきましょう。

開発(プログラミング)ができているエンジニアの対策

次の2つです。

  1. 2~3年開発経験を積んで、市場価値を高める
  2. 今より条件が良い会社へ、スモールステップで転職する

順番に解説していきますね

①:2~3年開発経験を積んで、市場価値を高める

スキルを身につけられる環境なら、我慢して「市場価値を高める」ということも方法です。

エンジニア1年目で転職しても、選べる企業が少なく、理想企業への転職はむずかしいから。

採用視点でも「エンジニア3年目以上」からの応募と比べると、1年目エンジニアだと企業側の反応は弱いのは事実。

あせって転職せず、スキルを身につけるのも1つの方法です。

メリット

  • 確実にスキルを身につけられる
  • 現場から引き抜きされるかもしれない
  • あせらず転職活動ができる

デメリット

  • 給与・待遇はかわらない
  • イヤな環境で数年我慢する
  • スキルが身につかない現場にいく可能性がある

おすすめな人

  • ゆくゆくは転職したいと考えている人
  • 会社はイヤだが、スキルが身についているのは実感できている人
  • 今の現場は好きな人

なお、ブラックSES企業へ就職した人だと、プログラミングもさせてもらえず、事務やコールセンターをやらされる場合もあります。

1年目からスキルを身につけられる環境を捨てるのは、もったいないかなと。

「今すぐ辞めたい!」ということでなければ、2~3年がんばるのはおすすめです。

②:今より条件が良い会社へ、スモールステップで転職する

転職を繰り返して、”少しずつ希望の環境を目指す”方法です。

人気企業じゃなくても、中小のSier・Web系ベンチャー企業なら、エンジニア1年目でもポテンシャ採用の可能性はありますので。

メリット

  • 条件交渉で給与・待遇を上げられる
  • 希望の企業との距離が近づく
  • 今の環境を変えられる

デメリット

  • 今より悪い環境になる可能性もある
  • 早期に退職するイメージがつく
  • 条件が大幅には変わらない

おすすめな人

  • 変化を好む人
  • 今の会社は辞めたい人
  • 実力がある人

補足として、20代~30代のエンジニアなら、実力さえあれば転職回数が多くても大丈夫です。

10回以上だと多いと思いますが、5回前後くらいなら当たり前なので。

エンジニアは、”年数ではなく、スキル(技術力)が重要”

自信があるなら、転職を繰り返して市場価値を上げるのも方法です。

開発(プログラミング)をやらせてもらえないエンジニアの対策

方法は2つです。

  1. 開発を経験できる会社へ転職
  2. プログラミングスクールに通う

恐らく、開発をやらせてもらえていない方は、次のような状況かなと。

  • 開発(プログラミング)じゃないけど、テストはやれている
  • 事務やコールセンターなど、エンジニアとしての仕事じゃない

1年経っても開発(プログラミング)を経験させてもらえない会社なら、将来性はないので辞めるべきです。

自ら行動して、環境を変えていきましょう。

①:開発を経験できる会社へ転職

SESの脱出を考えるより、”開発をやらせてもらえない環境を変えること”を優先しましょう。

SES企業でも、着実に開発スキルを身につけられる会社はありますので。

メリット

  • 現場でプログラミングの経験がつめる
  • 今の環境を変えられる
  • プログラミング未経験でも、業界経験者なら転職はしやすい

デメリット

  • 今以上にひどい環境になる可能性がある
  • 転職しても、またSESの環境になる
  • 場合によっては、給与条件が下がる

おすすめな人

  • 開発をやらせてもらえていない人
  • 研修がしっかりした会社へ転職したい人
  • 独学で勉強する時間がない人

なお、NG企業を見分ける方法は【SESはブラックなの?】やめたほうがいい企業の特徴・5つ【ガチ解説】をどうぞ。

今の会社が「やめたほうがいい企業の特徴」に当てはまっているなら、今日から行動を始めるのがベストかなと。

②:プログラミングスクールに通う

会社に頼らず、スキルを身につけられます。

プログラミングスクールはスキルを身につけられるだけじゃなく、転職先の会社のサポートまでしてくれるサービスもあります。

転職を繰り返して失敗するより、落ち着いて一度スキルを身につけたいと思う方にオススメです。

メリット

  • 学びたい言語のスキルが確実に身につく
  • プログラミングスクールによっては、転職サポートまでしてくれる
  • すぐに行動を開始できる

デメリット

  • 費用がかかる
  • 本業とスクールの両立が大変
  • スキルを身につけても、優良企業へ必ず転職できるとは限らない

おすすめな人

  • スキルをしっかり身につけたい人
  • 転職を繰り返すのに疲れた人
  • 今すぐプログラミングをやりたい人

ただ、「スクールに通った=スキルが身につく」というわけではありません。

将来どうしたいかを考え、目標に向かって努力することが一番重要ですので。

おすすめプログラミングスクール【3選】

TechAcademy自宅にいながらオンライン完結(無料体験も可能)

CodeCampGATEオンライン・マンツーマン(365日いつでも可能)

TECH::CAMPプログラミング教室で担当が直接指導(返金制度あり)

SESから脱出したいなら「自分」を知っておくべき理由

なぜなら、「自分」を知らないと転職活動は、絶対に失敗するからです。

  • なぜSESを脱出したいのか?
  • SESの何がイヤなのか?
  • どんな会社に転職したいのか?
  • どんな働き方をしたいのか?
  • 自分の市場価値はどれくらいなのか?

これらがハッキリしないまま転職しても、「本当にこれでいいのか?」と漠然とした不安に悩まされ、また転職することになるかなと。

こんな感じです。

良い転職を繰り返すことは賛成ですが、ステップアップしない転職を続けても意味はありません・・・。ぶっちゃけ、状況も悪化しますので。

なぜ、「SESから脱出したいのか?」、これだけでもハッキリさせましょう。

1人で悩まず、転職のプロに相談すべし

転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは”あなたの転職を無料でポート”してくれるサービスです。

1人で悩んでも、解決方法が見つからないこともあるし、人に話すことで自分の考えがまとまりやすくもなりますので。

転職エージェントを使うメリット
  • 無料で転職の相談ができる
  • 他の人の転職例を教えてくれる
  • 今後のキャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 強み・弱み・経験の棚卸ができる
  • 自分にあった企業を紹介してくれる

企業の紹介をしてくれるだけじゃなく、転職やキャリアの相談をできるのがエージェントのメリットです。

転職エージェントを使っても、転職をする必要はないので気軽に相談してみましょう。

まずは”自分を知る”という点で、使ってみるのが良いかもしれません。

おすすめの転職エージェント【3選】

レバテックキャリア|エンジニア転職の実績No.1※求人の質が高く、技術に詳しいエージェントがサポートしてくれます。

マイナビエージェント×IT|IT・Web業界に特化した転職エージェント!※若手層へのフォローがしっかりしています。

Geekly(ギークリー)|Web・ゲーム領域が強いエージェント!※SES・Sier以外の求人があります。

まとめ:「まずは、”考える”」・「決めたら、”行動”」

本記事のポイントをまとめます。

  • SES企業から脱出するのは簡単
  • 今の会社を脱出しても、またSES企業へ入社する可能性は高い
  • IT業界は人材不足だけど、人気企業は狭き門
  • SESでもホワイト企業は存在する
  • 2~3年開発経験を積んで、市場価値を高める
  • 今より条件が良い会社へ、スモールステップで転職する
  • 開発を経験できる会社へ転職
  • プログラミングスクールで開発スキルを身につける
  • SESから脱出したいなら「自分」を知っておくべき
  • 1人で悩まず、転職エージェントに相談すべし

こんな感じです。

重要なのは「まずは、”考える”」、「決めたら、”行動”」です。

「今すぐ環境を変えたいのか?」、「我慢できそうなのか?」、「そもそも今の会社じゃなければいいのか?」などなど…「何となく転職・・・」、「何となく続ける・・・」はNGです。

自分の進むべき道がハッキリしたら、あとは”行動”するだけ。

「考えるだけ」、「行動するだけ」でも、本当の意味ではSESから脱出はできないかなと。

エンジニア1年目だとわからないことも多いですが、1つずつクリアしていきましょう。

それでは、この辺で。

おすすめプログラミングスクール【3選】

TechAcademy自宅にいながらオンライン完結(無料体験も可能)

CodeCampGATEオンライン・マンツーマン(365日いつでも可能)

TECH::CAMPプログラミング教室で担当が直接指導(返金制度あり)

おすすめの転職エージェント【3選】

レバテックキャリア|エンジニア転職の実績No.1※求人の質が高く、技術に詳しいエージェントがサポートしてくれます。

マイナビエージェント×IT|IT・Web業界に特化した転職エージェント!※若手層へのフォローがしっかりしています。

Geekly(ギークリー)|Web・ゲーム領域が強いエージェント!※SES・Sier以外の求人があります。