【断言】SES(客先常駐)の将来性はある!【ただし、会社次第です】

記事のまとめ

SES(客先常駐)の将来性について解説!

SES業界って悪いイメージがあるし、今後は大丈夫なのかなと不安ですよね…。

でも、大丈夫!SES(客先常駐)に将来性はありますので!

ぶっちゃけ「会社次第」です。

本記事は、SESの将来が不安な20代~30代のあなたへ、

SES業界の将来性や、将来性のある会社・ない会社について解説します!

SES(客先常駐)で働くことは、不安ですか?

SESや客先常駐を検索すると、「やめとけ!」、「将来はない!」、「地獄!」、なんて言葉がでてきます。

そんなことはありません!

SES(客先常駐)は、将来も必要とされつづける業界ですので。

エンジニア

SES業界に将来性はあるんですか?

ライヲン

あります!会社次第ですけどね。

僕は、SES業界で営業&採用の経験が8年ほど。

本記事では、僕が『断言』できるSESの将来性について3つお伝えします!

  • SES(客先常駐)の将来性はある!
  • SESエンジニアの将来は選ぶ会社次第!
  • 将来が不安なら早めの決断・行動が重要!

SES(客先常駐)の将来が不安と思っている、

20代~30代の方向けにまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

\飛ばし読みするならコチラ/

目次

SES(客先常駐)に将来性がある理由【3つ】

結論、将来性はあります。

理由は次の3つ。

  • 理由①:IT業界は成長市場
  • 理由②:IT業界は人材不足
  • 理由③:テレワークの拡大

1つずつ説明していきますね!

理由①:IT業界は成長市場

国内ITサービス市場は、右肩上がりで成長中。

2024年の予測は、6兆4,000億円を超えます。

引用:IDC Japan-国内ITサービス市場予測を発表-17 Feb 2020

2019年の前年比も3.2%のプラス成長です。

エンジニア

IT業界が成長中だと、SES業界へも影響はあるんですか?

ライヲン

ありますよ!SES業界が成長するには、土台となるIT市場の成長が絶対条件ですからね!

SES業界の土台となるIT市場が成長中のため、今後もSES(客先常駐)は確実に需要が見込まれます。

理由②:IT業界は人材不足

圧倒的な人材不足です。

引用:経済産業省-IT人材需給に関する調査(概要)

2030年までに、最大で76万人が不足する可能性が…。

エンジニア

なんで、IT業界は人材不足なんですか?

ライヲン

IT需要が高まって、市場が急激に拡大しているからだよ!

大手やSierだけでは、人材不足の問題は解決できません。

Sierが上流工程をとりまとめ、SESで足りない必要な人材を補充し対応する。

「需要と供給」が明確ですよね。

ぶっちゃけ、今まで以上にSESの需要は増えると思っています。

理由③:テレワークの拡大

「テレワークの拡大」は、SES(客先常駐)の問題を解決します。

コロナウィルス(COVID-19)の影響で、国内のIT業界は大きな変化が。

富士通は、オフィスを50%減らしてテレワーク勤務を基本にすると発表しています。

最先端のITシステムの実証やショーケース、お客様とのコラボレーションなど、それぞれに主となる機能を定めたハブオフィスを全国の各エリアごとに設定。

同時に、全席フリーアドレス化を実施することで、現状のオフィス規模を50%程度に最適化(注1)し快適で創造性のあるオフィス環境を整備。(2022年度末までに実現)

引用:富士通プレスリリース-ニューノーマルにおける新たな働き方「Work Life Shift」を推進

今後、この動きは加速していきます。

ライヲン

パートナーエンジニアも在宅や、所属社内でのテレワークへ移行していますからね!

テレワークは「客先常駐」という働き方を変え、SES業界の問題も解決します。

解決できる問題
  • 客先に常駐する必要がなくなる
  • 時短、通勤問題、育休・産休からの復帰がしやすい
  • エンジニアのフォローがしやすくなる

特に、SESの大きな問題である「指揮命令」、「エンジニアフォロー」に対して、次のような対策ができます。

エンジニアフォロー

自社にリーダーエンジニアが1名常駐。

自社のチーム単位で朝礼・終礼をWeb会議で実施し、日々エンジニアのフォローする。

指揮命令

業務中に問題やトラブルが発生した場合、Web会議ですぐに自社リーダーと相談ができる。

的確な指示・アドバイスがリアルタイムで可能になる。

所属社内でのテレワークをOKしているプロジェクトもあるので、同じ会社のエンジニアと一緒に働くこともできます。

テレワークの拡大は、SES(客先常駐)の将来をより良いものに変えてくれます。

SESエンジニアの将来性って?【会社次第です】

結論、“会社次第”です。

  • 将来性のないSES企業【特徴5選】
  • 将来性があるSES企業【特徴3選】

上記について解説します。

ちなみに、重要なのは「どんな会社でキャリアを積むか」です。

SES事業がメインの上場企業もあるので、会社次第でSESエンジニアも将来性はありますので。

ただし、SES(客先常駐)に将来性はあるけど、SES会社の数は減っていくかなと。

魅力がない会社、下位層の下請けしかできない会社は、減っていくので。

SES企業の将来性を見分けるポイントについて、見ていきましょう!

将来性のないSES企業【特徴5選】

次の5つです。

  1. SESしか事業がない
  2. 下位層の下請けしか仕事がない
  3. エンジニア以外の仕事をさせられる
  4. 平均年収が低い
  5. 免許・資格がない(派遣・Pマーク)

詳しく説明していきます。

①:SESしか事業がない

準委任契約のみ
プロジェクトには1人で参加

将来性はないですね。

プロジェクトに入って「とりあえずお金を稼いできてね」って感じで、使われるだけになるかなと…。

ただし、エンジニアを最優先にしている会社もあります。

  • エンジニア最優先の会社とは?

「エンジニアが自由に現場を決める」+「売上の何パーセントかを給与に還元する」

少数ですが、上記のような会社もあります。

この場合、「準委任契約+1人でプロジェクト参加」のほうが、エンジニアの希望をかなえられます。

「なぜ、SESしか事業がないのか?」は、確認するようにしましょう。

②:下位層の下請けしか仕事がない

結論、将来性はないですね…。

下位層の下請けしか仕事がないと、給与は上がらない、スキルアップもできないので。

  • 下位層の下請けに将来がない理由とは?
  • 理由①:中間マージンが多く、利益がない
  • 理由②:利益が少ないから、給与が上がらない
  • 理由③:自社でコントロールできるプロジェクトがない

上記の3つです。

上記は商流の例ですが、5社・6社も間にはさまれた下請け会社もあったりします。

こういったSES企業は、将来的になくなる可能性が高いです。

③:エンジニア以外の仕事をさせられる

これって、マジであります。

現場の経験をつむためにということで、ITと関係ない仕事をさせられます。

  • ITと関係ない仕事とは?
  • 事務
  • コールセンター
  • サポート業務

上記の経験をつんでも、ITスキルは身につきません。

こういった会社は、目先の利益しか考えておらず、エンジニアを育てる気がありません。

開発ができるプロジェクトに入りたいと言っても、「経験が少ないからむずかしい」とか言われますので。

エンジニアを大切にしない会社は、長く続かないでしょう。

④:平均年収が低い

SEの平均年収は“550万円”ほど。

全職種の平均年収は480万円くらいなので、他と比べてSEは70万円も平均年収が高いです。

  • SEと全職種の年収平均とは?

将来性がないSES企業は、下位層の下請けが多く「低い年収」が特徴。

ベテランエンジニアが定着しないので、会社も成長できず人も辞めていってしまいます。

エンジニアの年収は一般の平均年収よりも高い!

もし、極端に年収が低いようなら、時期をみて転職するのがベストです。

⑤:免許・資格がない(派遣・Pマーク)

次の2つは、最低限チェックしてください。

  • 派遣免許はもっているか?
  • Pマーク(プライバシーマーク)はもっているか?
  • 派遣免許が必要な理由とは?

派遣免許がない会社は、絶対NGです。

SESは人材ビジネスでもあるため、派遣免許がないのは論外かなと。

大手Sierと契約するには、派遣契約からスタートが必要だったり、会社が違法派遣をしている可能性があったりしますので。

  • Pマーク(プライバシーマーク)が必要な理由とは?

結論、大手と取引できません。

Pマークを取得していない会社は、セキュリティや情報管理が不安な企業だから。

将来性のある会社は、最低限もっている免許と資格なので確認しましょう。

将来性があるSES企業【特徴3選】

次の3つです。

  • 受託・請負・自社サービスもやっている
  • 評価制度が整っている
  • 経験者が増えている

順番に解説します。

①:受託・請負・自社サービスもやっている

SES以外にも事業展開しているかどうかです。

SESだけだと、企業成長も限界がありますので。

  • 受託
  • 請負
  • 自社サービス

などなど…。

「受託・請負」が拡大していけば『Sier』として活躍できますし、「自社サービス」があれば『利益率の高い会社』になれます。

また、社内外でプロジェクトがあれば、1人ひとりのキャリアプランにあわせて働き方が変えられますので。

  • いろいろな人と一緒にしごとをしたい!(客先常駐)
  • 新しいサービス開発に携わりたい!(自社サービス)
  • チームのマネジメントがしたいな!(受託・請負)

今後のSES企業に求められるのは、「選択できる環境」があるかどうか。

将来性のあるSES企業を見分けるポイントです、

②:評価制度が整っている

評価制度がしっかりしていると、エンジニアの年収も高くなります。

STEP
評価制度が整っている
STEP
優秀なエンジニアが定着する
STEP
現場直の良いプロジェクトが取れる・増える
STEP
利益率が高くなる
STEP
会社が成長する
STEP
エンジニアの給与も高くなる

上記の理論ですね。

ただし、年収が高いだけの会社にも、人は定着しません。

より高い年収の会社が出てきたら、そっちに行ってしまいますので。

仕事はお金だけじゃなく、評価(やりがい)も重要

将来性のある会社はを探すなら、評価制度をしっかり確認してください。

③:経験者が増えている

将来性のある会社には“経験者”が増えていきます。

理由は次の2つ。

  1. 採用に投資できる資本があるから
  2. 経験者を魅了する何かが会社にあるから

ぶっちゃけ、IT業界は人材不足・売り手市場なので、エンジニア経験者であれば会社は選びたい放題です。

経験者が増えている会社には、エンジニアの希望をかなえる何かがあるはずです。

  • 年収が高い
  • スキルアップができる環境がある
  • 評価制度がしっかりしている

などなど…。

また、エンジニア経験者が増えれば、事業の拡大もしやすくなります。

  • 自社サービスの展開
  • 受託・請負の拡大

上記の取り組みが広がれば、さらに経験者が増えるという好循環になります。

  • “未経験”だけが増えている会社は要注意

経験者を採用できる魅力がなく、採用やエンジニアに投資ができない会社の可能性があるから。

未経験者が増えている会社は、“教育体制・研修制度”が整っているかが重要

とりあえず「現場に入れればOK」って会社は、人を使い捨てにするだけなので将来性はありませんので。

本気で将来を考えるなら転職エージェントを使おう

なぜなら、企業の内部情報を知っているから。

転職エージェントは、企業にヒアリングをしてから求人募集をするので、裏情報をもっています。

ぶっちゃけ、求人サイトでウソを書いていても、転職エージェント経由だと教えてくれたりもしますね。

  • 自社サービスもできる ➡ 「ほぼ、SESだけですよ。」
  • 定着率90% ➡ 「実際は70%くらいですよ。」
  • 充実した研修 ➡ 「年1回のセキュリティ講習だけですね。」

こんな感じです。

さらに、転職エージェントを使うメリットは他に5つ。

転職エージェントのメリット
  • 無料で転職の相談ができる
  • 非公開の求人を紹介してくれる
  • 年収・日程・入社時期の交渉をしてくれる
  • 履歴書・職歴書の作成フォロをしてくれる
  • エージェントから企業へアプローチしてくれる

本気で優良企業へ転職したいなら、転職エージェントは絶対使ってください。

求人サイトは、企業情報を集めるために、サブ的な位置で使えばOKです。

求人サイトで気になった企業を、転職エージェントに伝えれば求人をもってたりもしますので。

おすすめIT転職エージェント【3選】

|20代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!

|エンジニア転職実績No.1!

|社内SEの求人数トップクラスの特化エージェント!

ちなみに、未経験エンジニア向けのおすすめ転職エージェントは、次の3つです。

IT未経験のおすすめ転職エージェント【3選】

未経験エンジニアに強いIT転職エージェント

転職成功率97.8%!プログラミング研修付き

転職エージェント業界No.1の実績と求人数

経験別のおすすめIT転職エージェントについての詳しい情報は、次の記事に書いてありますので、ぜひご覧ください。

まとめ:将来が不安なら早めに決断【30代までに転職しよう】

最後に、重要なポイントのおさらいです。

  • SES(客先常駐)には将来性あり!
  • SESエンジニアの将来は会社次第!
  • 転職を成功させたいならエージェントを使おう!

そして最後にお伝えしたいのが、将来が不安なら「早めの決断・行動が重要」ということ。

「30代まで」に将来性のない会社を脱出するべきです。

ぶっちゃけ、40代からの転職はむずかしいですし、年収も下がる可能性がありますので。

エンジニア

なんで、40代の転職はむずかしいの?

ライヲン

40代からの転職は、マネージャー経験や即戦力が求められるからだよ!

将来性のない会社で貴重な期間を過ごしてしまうと、取り返しがつかなくなることも…。

将来性のない会社にいるのは、百害あって一利なし。

20代、30代なら求人数も多く優良企業が見つけやすいので、早めに決断して行動しましょう。

今回は以上です。
記事が参考になれば幸いです。

おすすめIT転職エージェント【3選】

|20代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!

|エンジニア転職実績No.1!

|社内SEの求人数トップクラスの特化エージェント!

IT未経験のおすすめ転職エージェント【3選】

未経験エンジニアに強いIT転職エージェント

転職成功率97.8%!プログラミング研修付き

転職エージェント業界No.1の実績と求人数

参考記事:

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる