「独立系SIerはやめとけ!」の理由を徹底解説【会社選びはマジ重要】

記事のまとめ

独立系SIerはやめとけ!

その理由を、IT業界15年の筆者が解説。

客先常駐が多い…、年収が低くなりがち…、親会社がないから不安定…、などなど。

でも、高年収で福利厚生が充実した、独立系SIerの優良ホワイト企業で働いている人もいます。

その違いはなんなのか?…、本記事で解説していきます!

どうして「独立系SIerはやめとけ!」って言われるのでしょうか?

先に結論をお伝えすると、「独立系SIerはやめとけ」=「会社次第」です。

エンジニア

独立系SIerは一番数が多いから、当たりハズレが多いんだよね…。

ライヲン

会社選びさえしっかりすれば大丈夫だよ!

独立系SIerだからって、すべての会社がNGってじゃないのでご安心してください。

むしろ、ユーザー系やメーカー系のSIerでもブラック企業はありますので。

そんな今回は、IT業界15年の僕が「独立系SIerはやめとけ!」と言われる理由を解説しつつ、

独立系SIerで働くメリットや、優良ホワイト企業の特徴もご紹介します。

これから、SIerへの転職を考えているからは、ぜひ参考にしてください!

重要なお知らせ!

独立系SIerは「どんな会社で働くのか?」が重要です。

これから独立系SIerへの転職を検討しているなら、ぜひIT転職エージェントに相談してみてください。

 完全無料で使えて、IT転職のプロが終わってない優良企業の紹介をしてくれますので!

おすすめのITエージェント

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!

未経験エンジニア向け

  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
目次

そもそも、独立系SIerとは?

独立系SIerとは、親会社やグループ企業を持たないSIer

他のSIerと違って、自分たちがすべてを決められるので、自由な開発をできるのが特徴です

エンジニア

メーカー系やユーザー系SIerは、親会社やグループ企業の意向が強いから自由度は少ないんだよね…。

ライヲン

独立系SIerなら上流工程から開発・テスト・運用まで、どんな仕事でも対応できるよ!

ちなみに、代表的な独立系Sierはこちら。

  • 大塚商会
  • オービック
  • 日本ユニシス
  • TIS
  • Sky

他の独立系SIerや、会社ごとの平均年収とかも知りたいなら、

【独立系SIerランキング】大手・中小35社を一覧で徹底比較」の記事でまとめているので、ご覧ください!

「独立系SIerはやめとけ!」と言われる理由

「独立系SIerがやめとけ!」と言われる一番の理由は、下請けでの仕事が多いこと。

SIerの仕事は多重下請け構造なので、

会社によっては3次請…、4次請…、5次請…、の下請け仕事をしなければなりません。

こんな感じで、下の会社ほど利益(マージン)が取られて、エンジニアの年収も下がっていくんですよね…。

特に独立系SIerは一番数が多いので、良い立場で仕事ができない会社も多いのが実状です。

エンジニア

すべての独立系SIerが元請・2次請の立場で仕事ができる訳じゃないからね…。

ライヲン

会社の立ち位置によって、環境や条件は大きく変わっちゃうんだよ…。

結果として、3次請け以下の会社は次のようなデメリットが…。

これが、「独立系SIerはやめとけ!」の正体です。

それぞれ、もう少し詳しく見てみましょう。

①:客先常駐の会社が多い

下請けの独立系SIerは、客先常駐がほとんどです。

もはや、SIerではなくIT派遣やSESと変わらない会社もあったりするので…。

自社内で仕事ができるのは、だいたい大手SIerかWeb系の会社なので、

客先常駐はイヤだな…って場合は、「下請けの独立系SIerはやめとけ!」ですね。

客先常駐なしのSIerについては、「SIerでも「客先常駐なし」で働けるってホント?【結論:可能です】」の記事で詳しくまとめています。

②:年収が低くなりがち

SIerは多重下請け構造なので、間の会社が多いほどエンジニアの年収は低くなります。

上記は一例ですが、4次請…、5次請…、6次請…ってなると、年収はさらに低いです…。

エンジニア

独立系SIerは数が多いから、下請けの会社も多いんだよね…。

しかも、上の会社より大変な作業をしていても、会社の位置が違うだけで低い年収になったりもします…。

ライヲン

実力や努力に見合った給料がもらえないのはツラいよね…。

ただ、「独立系SIer=年収が低い」わけじゃないので誤解しないでください。

独立系SIerでも平均年収700万円以上の会社はありますので。

会社名平均年収
オービック921万
大塚商会843万
日本ユニシス837万
ネットワンシステムズ837万
協和エクシオ760万
引用:有価証券報告書

上記以外にも年収の高い独立系SIerを知りたければ、のIT転職エージェントに登録してみましょう。

一般には非公開とされている高年収・好待遇の会社も紹介してくれますよ!

おすすめのITエージェント

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!

未経験エンジニア向け

  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント

③:スケジュールや納期がきびしい

なぜなら、親会社やグループ会社からの仕事じゃないので。

スケジュールや納期の融通がきかないことが多いんですよね…。

また、下請け独立系SIerの場合、上の会社が設定した無理なスケジュールのしわ寄せを受けやすかったりします…。

④:会社の業績が不安定

自分たちの営業力次第なので。

親会社から安定して仕事をもらえるユーザー系やメーカー系と違って、

独立系SIerは自分たちで仕事を取りにいかなければなりません。

結果として、急な予算都合でプロジェクトがなくなったり、営業力がない会社は仕事がもらえなかったりします…。

独立系Sierは自由な代わりに、安定した仕事がないのはデメリットですね。

⑤:エンジニアも営業ノルマがある

独立系SIerは営業重視の会社も多いので、エンジニアにも売上のノルマがあったりします。

いわゆる、「現場営業」ってやつですね。

現場で働いているエンジニアが一番プロジェクトの状況が分かるので、「追加案件や増員枠を現場内から営業してこい!」って感じです。

ノルマ達成のために、自ら炎上気味の案件を取りにいかされることも…。

エンジニア

エンジニアは技術職なんだから、売上まで求めるのは違うんじゃないかな…。

ライヲン

営業がしっかりしてない会社ほど、エンジニアが大変になるんだよ…。

もし、現場営業がない会社で働きたいなら、のIT転職エージェントに相談しましょう。

このあたりは、会社の内部情報を知らないとわからないので、IT転職のプロに相談するのが一番ですよ!

独立系SIerで働くメリット

この章では、独立系SIerで働くメリットをご紹介したいと思います。

1つずつ見ていきましょう!

①:プロジェクトの自由度が高い

親会社・グループ会社の制限がないから、独立系SIerのプロジェクトは自由度が高いのが特徴

例えば次のような点です。

  • 業界・業種にこだわらずプロジェクトに参加できる
  • 使うIT機器や言語に縛りがない
  • 上流工程はもちろん、開発・テストなど下流工程も対応可能

メーカー系やユーザー系の場合は、使うハードウエアが決まっていたり、開発のやり方が決まってるので自由度は少ないんですよね。

自由度の高い職場で仕事をしたいなら、独立系SIerはおすすめですよ。

②:スキルアップがしやすい

なぜなら、いろいろなプロジェクトや環境で仕事ができるから。

独立系SIerは業界・業種関係なく、仕事を請け負います。

やり方に制限もないので、エンジニアとして成長しやすい環境で仕事ができるんですよね。

ライヲン

他のSIerだと、「親会社の案件だけ」「決められた環境だけ」って制限があったりするんだよね…。

エンジニア

新しい技術に触れられる機会は少なそうだね…。

技術者として、いろいろな環境でスキルを身につけたいなら独立系SIerはアリですよ。

③:プログラミングの機会が多い

独立系SIerは、以下すべての工程を担当する会社が多いです。

  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • 開発(プログラミング)
  • テスト
  • 運用・保守

他のSIerだと、上流工程の「要件定義」や「設計」だけ担当して、

下請け企業へ開発(プログラミング)以下を外注するってのが基本ですからね。

結果として、独立系SIerならプログラミングをする機会は、他のSIerと比べて圧倒的に多くなります

手を動かす仕事をしたかったり、プログラミング重視で仕事をしたいなら、ぜひ検討してみましょう!

ただし…、下請け仕事しかない会社は要注意です。

「プログラミングもできる会社」と「プログラミングしかできない会社」は別なので。

3次請け以下のSIerだと下請け仕事しかなくて、年収が低かったりとデメリットも多いですからね…。

独立系SIerはプログラミングの機会が多いだけじゃなく、2次請け以上の会社をを選ぶようにしてくださいね。

このあたりの見極めはむずかしいので、SE転職に強いIT転職エージェントを使うといいですよ!

独立系SIerの優良ホワイト企業の特徴

ここでは、「やめとけ!」と言われない独立系SIerの特徴をみていきましょう。

下記6つが、優良ホワイト企業の特徴です。

独立系SIer優良ホワイト企業の特徴
  • 元請・プライム案件が豊富
  • 30代が活躍している
  • 独自の強みを持っている
  • 自社製品・サービスがある
  • 自分でキャリアプランを選べる
  • 平均年収が600万円以上

結局、「独立系SIerはやめとけ!」と言われる理由は、待遇の悪い下請け企業で働いていることがほとんど。

しっかりと優良ホワイト企業を見極めれば問題はありません。

このあたりは、【公開】独立系SIerの優良ホワイト企業とは?特徴6つを徹底解説で詳しくまとめてみました。

これからSIerへの転職を考えているなら、ぜひご覧ください!

結論:「独立系SIerはやめとけ!」は会社次第

本記事では「独立系SIerはやめておいた方が良いのか?」について書いてきました。

改めて結論を言うと、働く会社が優良ホワイト企業ならOKです。

働く会社が「ブラックならやめとけ!」だし、「ホワイト企業なら転職したほうが良い!」なので。

ライヲン

つまり、働く会社がとても重要と言うことだね!

ただ、1人で会社選びをしても、ブラック企業かどうかの見極めは大変…。

会社のHPや転職サイトは良いことしか書いてないですからね…。

なので、本気で優良ホワイト企業への転職を考えているなら、IT転職エージェントに相談してみましょう。

無料で使えて、IT転職のプロが企業紹介から内定までのサポートをしてくれますよ!

最後に、経験別のおすすめIT転職エージェントをご紹介して終わりたいと思います。

おすすめのITエージェント

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!

未経験エンジニア向け

  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる