【社内業務】インフラエンジニアでも客先常駐なし!自社勤務で働く方法を解説

事のまとめ

インフラエンジニアでも客先常駐なしで働けるの?について解説します!

結論、インフラエンジニアも自社勤務は可能

ただし、アプリケーション開発のエンジニアより求人数が少ないのは事実です。

本記事では、客先常駐で働きたくないインフラエンジニアに向けて、

自社勤務で働くための転職方法、必要なスキルをわかりやすくご紹介しています!

  • 孤独な1人常駐…
  • 常に変わる人間関係…
  • 長距離通勤の遠方派遣…

毎回違う客先で仕事をしなければならないのは大変です。

「インフラエンジニアも自社で仕事ができたら良いのになぁ」なんて思ったことはないでしょうか?

そこで今回は、インフラエンジニアでも客先常駐なしの自社勤務はできます!というお話をします。

エンジニア

インフラエンジニアでも自社勤務がメインの会社はあるのかな?
働く先が毎回変わるのに疲れたよ…。

ライヲン

自社サービスや社内請負をやっている会社なら、インフラエンジニアも自社勤務が可能だよ!

インフラエンジニアも自社勤務は可能ですので、ご安心を。

とはいえ、インフラエンジニアが自社勤務できる求人は少なく、競争率が高いのも事実。

本記事ではIT業界15年の僕が、インフラエンジニアも自社勤務ができることをお伝えしつつ、

必要なスキルや転職方法をご紹介したいと思います!

重要なお知らせ!

先に結論をお伝えすると、客先常駐なしの自社勤務で働きたいなら「IT転職エージェントに相談する」のがおすすめです!

完全無料IT転職のプロからサポートをうけられるため、転職の成功率が圧倒的に高くなりますので!

ただし、優良企業や人気の求人は早い者勝ち。少しでも転職を考えているまら、まずは相談だけでもしてみましょう。

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
目次

インフラエンジニアでも客先常駐なしの自社勤務はあるのか?

結論から言うと、インフラエンジニアでも客先常駐なしは可能です。

例えば、次のような事業をしている会社なら自社勤務で働けます。

それぞれ、具体的にどんな仕事をするか見ていきましょう!

①:受託・社内請負

受託や社内請負では、自社でお客様のインフラ環境を構築します。

自社で設計や検証まで行い、構築や引き渡しのため客先へ出向いて仕事をするパターンです。

他にも構築までは自社で行い、結合テストは客先の現場で行ったりする場合もあります。

どこまで自社で行うかはプロジェクトによりますが、いずれも客先常駐にはなりません。

ただし、基本的に大手Sierでの働き方なので、中小企業だとインフラの受託・社内請負は少ないでしょう。

②:自社サービス

自社でサービス開発、展開をしている会社であれば、自社内でインフラの仕事が可能です。

ゲーム・Webサービスのインフラ環境や、クラウドを基盤としたシステムとかにかかわれます。

また、客先常駐では決められた工程しか担当できませんが、自社サービスだと次のような全工程にもたずさわれます。

  • 要件定義
  • 設計
  • 構築
  • 運用保守

一貫して担当できるのは、スキルアップにつながるだけじゃなく、

システムが出来上がる様子を実感できるので、やりがいをもって働けるでしょう!

ちなみに、20代・30代に人気No,1のだと、下記のような求人がありました。

実際、他にも自社サービス企業でインフラエンジニア向けの求人はありますので、ご参考までに。

マイナビIT AGENT

【公式】
20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!

③:社内SE・社内ヘルプデスク

社内SE・社内ヘルプデスクは、自社内のインフラ・IT環境をよくするための仕事

  • 社内サーバーやネットワークの設計・構築・運用
  • パソコンやシステムトラブルのサポート
  • 経営視点でIT戦略の企画・検討
  • 新システム導入に伴うメーカーとの折衝

こんな感じで、幅広い業務があります。

「社内のためにする仕事」が社内SE・社内ヘルプデスクの役割。

人の役に立たい」という人にとっては、やりがいを感じられる仕事です。

ちなみに、社内SE・社内ヘルプデスクの求人を探すならがおすすめです。

客先常駐の求人は一切なし!自社勤務だけの求人を紹介してくれますよ。

社内SE転職ナビ

【公式】
社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!

インフラエンジニアが客先常駐なしの自社勤務で働く必須スキル

インフラエンジニアが客先常駐なしの自社勤務で働くために、必要なスキル4つをご紹介します。

順番に解説していきます!

①:設計・構築

設計・構築のスキルは大切です。

なぜなら客先常駐とは異なり、1人でいろいろと担当するマルチなスキルが求められるからです。

受託や社内請負、自社サービス開発でも設計・構築の仕事は避けて通れません。

上流工程を担当し、場合によっては下請け会社に依頼するマネジメントスキルも必要です。

自社勤務のインフラエンジニアは求人自体が少ないので、設計・構築の経験がないと厳しいと言わざるを得ません。

②:プログラミング(開発)

プログラミングもできるインフラエンジニアであれば、自社勤務の会社に転職しやすくなります。

例えば、次のような言語です。

  • Python
  • Ruby
  • Bash
  • PHP
  • Java

最近では、インフラ業務の自動化やクラウドサービスでPython・Rubyは使う機会が増えているし、

PHPやJava経験があればWeb系やアプリケーションエンジニアへのキャリアチェンジも可能です。

エンジニアとしての価値を高めることにもなるので、プログラミングスキルは身につけておいて損はありません!

③:クラウド環境の経験

近年、インフラでもクラウドサービスを利用したものが多くなってきました。

クラウド環境あれば現地での作業が不要なので、インフラエンジニアも自社勤務ができます。

また、まだまだクラウド環境に対応できるインフラエンジニアが少ないので、

自社勤務ができる会社へ転職しやすいですし、年収アップも狙えます。

④:コミュニケ―ション力

自社勤務だとしても、ずっと社内にいるわけではないので。

インフラエンジニアが受託や社内請負で仕事をすると、下記のような業務があります。

  • 打ち合わせ
  • 提案
  • 交渉
  • 現地作業

常駐での仕事だと、日々のやり取りで客先の担当者と自然と親しくなれますが、

自社勤務の場合は信頼関係を築くのに時間がかかるので。

特にメールや電話でのやり取りが中心だと、うまく伝わらなかったり誤解を招いたりすることも。

しっかりとしたコミュニケーション能力を持つことが、自社勤務で働くコツです。

インフラエンジニアが客先常駐なしの自社勤務企業に転職する方法

本章では、自社勤務で働きたいインフラエンジニア向け、客先常駐なしの会社へ転職する方法をご紹介します。

ただ前提として、アプリケーション開発のエンジニアに比べて、求人数が少ないことは覚えておいてください。

具体的な方法としては、次の3つ。

1つずつ解説していきます!

①:スキルを身につける

先ほど、自社勤務に必要な4つのスキルをご紹介しました。

  • 設計・構築
  • クラウド環境の経験
  • プログラミング(開発)
  • コミュニケ―ション力

もし、インフラエンジニアとして「運用・保守・監視」の経験しかないならば、

まずは1つでも上記のスキルを身につける努力をしてみましょう。

一応、「運用・保守・監視」の経験しかなくても転職できる可能性はありますが、

圧倒的に自社勤務の会社へ転職がしやすくなりますので。

また、仮に転職しないとしても給料アップや将来の安定性につながります。

今後の選択肢を増やすためにも、スキルを身につけておくことは重要ですよ!

②:Web系エンジニアへスキルチェンジする

Web系の開発エンジニアにスキルチェンジするのも1つの方法です。

インフラエンジニアは自社勤務の求人は少ないので、どうしても競争率は高いです…。

Web系エンジニアであれば、自社勤務やテレワークで働ける求人が増えるため、客先常駐なしの会社で働きやすくなります。

とはいえ、「スキルチェンジなんて簡単にできないでしょ…」と思う方は多いかなと。

大丈夫です!インフラエンジニアからWebエンジニアへの転職は可能なので!

具体的な理由は3つ。

  1. Webエンジニアに転職した人はたくさんいる
  2. Webエンジニアはインフラの知識も必要
  3. フルスタックエンジニアのニーズが急上昇

詳しくは「【転職可】インフラエンジニアからWebエンジニアになる方法!メリット・デメリットも紹介」の記事でまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください!

③:IT転職エージェントで客先常駐なしの自社勤務を探す

これが一番簡単な方法です。

IT転職エージェントには、一般の転職サイトにはない非公開求人がたくさんあります。

『客先常駐なしの自社勤務』という明確な希望があれば、IT転職エージェントに相談するのが確実な方法かなと。

エンジニア

IT転職エージェントは無料で使えるんだよ!
どんな会社があるか情報収集で使うだけでもOK!

ライヲン

優良求人の紹介や、企業との年収交渉など、
いろいろフォローしてくれるのがうれしいよね!

ここでは、社内SE・自社勤務のみの求人を紹介してくれるIT転職エージェントなど、

厳選した3つをご紹介させていただきます!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!

ちなみに、IT転職エージェントは複数登録するのがオススメです。

1つのエージェントだけでは件数が少なかったり、アドバイザーがあわなかったりするので…。

最低でも2つ以上は登録して、自分にあったIT転職エージェントを見つけましょう。

迷ったら登録すべき2社
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!

複数のエージェントに登録しよう

  1. 自分に合った良い担当者と出会える
  2. 希望の案件を見つけやすい
  3. 転職成功者は平均4.2社を利用

上記以外のIT転職エージェントを知りたい方は、「【SE転職に強い!】IT転職エージェントおすすめ10選【ランキングでご紹介】」の記事をご覧ください!

まとめ:インフラエンジニアの客先常駐なし求人は少ないので早めに行動しよう

本記事をまとめました。

  • インフラエンジニアでも客先常駐なしの自社勤務はできる
  • 受託・社内請負・自社サービス・社内SEの求人を探すべし
  • 自社勤務の求人は少ないので競争率は高め
  • しっかりスキルを身につけて競合に勝とう
  • Web系エンジニアへのスキルチェンジもあり
  • 自社勤務の求人を探すなら、IT転職エージェントに相談するのが簡単

こんな感じです。

改めてお伝えしたいのが、インフラエンジニアでも自社勤務の会社に転職できますが、

客先常駐なしの求人は少ないので競争率は高いということ。

また、20代や30代前半ならチャレンジ枠で採用してくれますが、

年齢を重ねるほど転職の難易度は確実に上がります。

そのため、チャンスを逃さないためにも、早めに行動することが重要です。

  • 自分に必要なスキルは何か?
  • 足りないものはあるのか?
  • どんな会社や求人に応募できるか?

IT転職エージェントに登録して相談すれば、これらの状況把握や市場調査をサポートしてもらえます。

無料で相談できますので、まずは登録して早めに行動を起こしましょう!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる