【インフラエンジニアとは?】わかりやすく仕事内容や種類を解説【未経験向け】

記事のまとめ

インフラエンジニアとは?わかりやすく仕事内容を解説

インフラエンジニアと一言でいっても、

サーバー、ネットワーク、クラウド、設計、構築、運用保守…など役割はいろいろ

そんな今回は、インフラエンジニアの種類や仕事内容、取得するべき資格など、

IT未経験向けにわかりやすく説明しています!

システム開発には不可欠な分野なので、将来性もある重要な仕事ですよ!

エンジニア

インフラエンジニアってどんな仕事なの?
いろいろあってわからないや…

ライヲン

サーバーやネットワークのITインフラにかかわる仕事だよ!
今回はそんなインフラエンジニアについてわかりやすく解説するね!

今回はインフラエンジニアとは?わかりやすく仕事内容を解説をテーマに、

次のような内容をお伝えします!

今回のテーマ
  • インフラエンジニアの仕事内容とは?
  • インフラエンジニアの種類とは?
  • インフラエンジニアの資格とは?
  • 未経験からインフラエンジニアなる方法とは?

インフラエンジニアは未経験からでもIT業界で働きやすい職種。

今後も需要があり、将来性もあるので狙い目の仕事です。

「インフラエンジニアってどんな仕事?わかりやすく知りたい!」って方向けにまとめましたので、

ぜひ記事を参考に仕事内容のイメージをつかんでください!

目次

そもそも、インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアとは?

IT環境の土台を支えるサーバーやネットワークをの設計・構築・運用をするエンジニアのこと。

そもそも、「インフラ」の意味としては「基盤」とか「基礎構造」なんて言います。

僕らの生活で絶対に必要な「電気」「ガス」「水道」とかをイメージしてもらえるとわかりやすいかなと。

IT環境も一緒で、インフラがしっかりしていないとシステムは動かないし、開発すらできません。

インフラエンジニアはIT環境に絶対必要なシステムの土台を作り、支える仕事です。

インフラエンジニアの仕事内容とは?

インフラエンジニアには3つの工程と呼ばれる仕事があります。

未経験インフラエンジニアは「運用・保守・監視」からスタートして、「構築」「設計」へとステップアップしていきます。

それぞれ順番に見ていきましょう!

①:設計

インフラ設計とは、どんなインフラ環境にするかお客様の要望を聞いて企画すること。

次のような内容です。

インフラ設計
  • お客様がどんなシステムを希望しているのかをヒアリングする
  • 希望に答えられるインフラ環境を考える
  • どんなIT機器を使うか選ぶ
  • 予算やスケジュールを決める
  • システムの設計書・仕様書を作る
  • システムが完成した後の運用方法を決める

設計は一番重要な工程です。

設計でミスをしてしまうと、そもそもシステムが「動かない」「遅い」「使えない」など、大きな問題になる可能性があるので。

また、お客様には予算があるので、決められた金額でIT機器の選択、スケジュールの設定をして、

満足のいくインフラ環境を考えるのも設計の工程です。

上記のため、インフラ設計は豊富な知識、スキル、経験が必要となる大事な仕事です。

②:構築

インフラ構築は、設計した内容でインフラ環境を実際に作ることです。

具体的には次のような作業をします。

インフラ構築
  • サーバー本体(パソコン)の設置・設定
  • ネットワーク機器(ルーターやハブ)の設置・設定
  • 各種IT機器へ電源・ケーブルの接続
  • 各種アプリ・ソフトのインストール・設定
  • 準備したインフラ環境が正常に動くかのテスト

サーバーやネットワークの担当によって作業内容は変わりますが、

IT機器の設置から中身の設定までをすることだと思っておけばOKです。

③:運用・保守・監視

インフラ環境が正常に動き続けるようにチェックしつつ、問題があれば対応する作業。

プロジェクトによって運用・保守・監視の内容はさまざまです。

運用・保守・監視
  • システムの監視・エラーチェック
  • 不具合の対応・解決
  • システムのバージョンアップ対応
  • トラブル原因の判断・他部署への連携
  • 電話やメールでの問い合わせ対応

上記のように、実際にトラブルを解決することもあれば、ただの受付のような仕事しかしないこともあります。

ぶっちゃけ、運用・保守・監視は未経験からでもできる仕事

インフラエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら「運用・保守・監視」だけじゃなく、「設計・構築」の経験もできる会社で働きましょう!

インフラエンジニアの種類とは?

インフラエンジニアには、大きくわけて3つの種類があります。

順番に詳しく説明します!

①:サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは「サーバー」の設計・構築・運用保守をする仕事

サーバーのイメージは複数のIT機器と繋がる、デカいパソコンをだと思ってください。

こんな感じですね。

代表的なサーバーのメーカーはIBM・NEC、東芝など大手IT企業です。

また、サーバーと言っても、次のようにいろいろと種類があります。

サーバーの種類
  • Webサーバー
  • データベースサーバー
  • メールサーバー
  • FTPサーバー

上記のサーバーを組み合わせて、予算や性能を考え、

お客様の希望に合わせた環境を準備・提供をするのがサーバーエンジニアの役割です。

②:ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワーク環境の設計・構築・運用保守をする仕事です。

実際に次のようなネットワーク機器を取り扱います。

ネットワークの機器
  • ルーター
  • LANケーブル
  • HUB
  • スイッチ

身近なネットワーク機器として代表的なのは「ルーター」で一般家庭にもあります。

イメージとしては次のような感じですね。

このようなネットワーク機器を組み合わせて、安定した通信環境を整えるのがネットワークエンジニアの仕事です。

③:クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、クラウドサービスを利用してインフラ環境を提供する仕事

代表的なクラウドサービスは次の3つです。

クラウドサービス
  • AWS(アマゾンが提供)
  • GCP(グーグルが提供)
  • Azure(マイクロソフトが提供)

今までのITインフラは、サーバー(実機)が必要不可欠でした。

ただ、クラウドサービスが登場したことにより、インターネットさえ繋がれば、どこでもサーバーと同じような環境を作ることができるようになったのです。

イメージとしてはこんな感じです。

今後クラウドサービスがITインフラのメインになると考えられていて、クラウドエンジニアの需要はますます高まっていくでしょう。

インフラエンジニアの代表的な資格とは?

インフラエンジニアは、資格があると客観的にスキルや知識をアピールできるので有利です!

キャリアアップするにも、転職するにも役立ちますので。

ここでは、インフラエンジニアの種類ごとに代表的な資格をご紹介したいと思います。

①:LPIC(エルピック)

サーバーエンジニア向けの資格です。

LPIC(エルピック)とは?

LPICは「Linux Professional Institute Certification」の略。
日本語では「Linux技術者認定試験」と呼ばれます。

簡単に言うと「Linuxを扱える知識と技術がありますよ」という証明になります。

ちなみに、サーバーにはUNIX(Linux)系とWindows系があり、LPICはUNIX(Linux)系の資格です。

とりあえず、Windowsは家庭で使うパソコンと同じLinuxはサーバーでよく使われると覚えておけばOKかなと。

エンジニア

LPIC(エルピック)って、どれぐらいの勉強が必要なの?

ライヲン

1日2時間勉強して、2~3カ月は必要って感じだね!

じっくり勉強する必要はありますが、実務で使える知識も身につくので、

サーバーエンジニアとしてキャリアアップや転職をしたい人は、絶対に取っておきたい資格です!

②:CCNA(シーシーエヌエー)

ネットワークエンジニア向けの資格です。

CCNA(シーシーエヌエー)とは?

CCNAは「Cisco Certified Network Associate) の略。
世界最大のネットワーク機器ベンダーである、シスコシステムズが主催しているネットワークエンジニア向けの資格。

日本でもシスコ製品のネットワーク機器が導入されているシステムは多いです。

そのため、CCNAの資格はネットワークエンジニアとしてのスキルと知識がある証明になります。

また、CCNAの資格はシスコ製品以外でも役に立ちます。

次のような、どんな製品でもネットワークエンジニアが業務で使う知識を学べるからです。

  • IPアドレスの基礎知識
  • ルーティングプロトコル
  • VLAN
エンジニア

CCNA(シーシーエヌエー)の資格を取るには、どれくらい勉強すればいいのかな?

ライヲン

だいたい1日2時間くらい勉強して、2~3カ月は必要かな!

まとまった時間は必要ですが、ネットワークエンジニアとして活躍したいなら必須の資格です!

③:AWSクラウドプラクティショナー

クラウドエンジニア向けの資格です。

AWS(エーダブリューエス)とは?

AWSとはアマゾン ウェブ サービスの略。
アマゾンが提供する、最近注目されているクラウドサーバーの1つです。

AWSクラウドプラクティショナーは、「AWS」の技術的な基礎知識だけじゃなく、

サービス、料金プラン、サポートなどの総合的な知識を持っているかを証明する資格です。

エンジニア

AWSクラウドプラクティショナーの資格は、1日2時間勉強して2~3週間くらいで取れるんだよね!

ライヲン

LPICやCCNAに比べると、短い勉強時間で資格は取れるね!

今後クラウドエンジニアを目指す方には、入り口の資格として最適です!

未経験からインフラエンジニア なるには?

ここでは、未経験者がインフラエンジニアになるために必要な情報をお伝えしたいと思います!

そもそも、未経験からでもインフラエンジニアを目指せるのか?

結論から言うと、未経験からインフラエンジニアに転職するのは簡単です。

一番大きな理由は「IT業界の人手不足」。

今後もIT需要は高まるが、国の予測だとIT人材は2030年までに最大で79万人も不足すると考えられているので。

引用:経済産業省-IT人材需給に関する調査(概要)

実際にIT企業へ調査した結果では、90%以上の会社が人材不足と感じていました。

引用:情報処理推進機構(IPA)-IT人材白書2020

インフラエンジニアは他のITエンジニアより技術者が少ないこともあり、特に人手不足です。

そのため、経験者にこだわらず、未経験からでも採用してインフラエンジニアを一から育てようとする会社はたくさんあります。

未経験からインフラエンジニアになるには会社選びが重要

未経験でもインフラエンジニアになるのは簡単と説明しましたが、会社選びは超重要です。

どこの会社でも良いというわけではありません。

例えば、次のような会社へ転職するのは絶対にやめましょう。

やめておくべき会社
  • 下請けすぎるSES企業
  • エンジニアの将来を考えない派遣会社
  • 未経験歓迎なのに研修がないブラック企業
  • 低い給料・年収の零細IT企業

特に「未経験歓迎」で募集しているのに研修がない会社があるので注意してください。

上記の会社に入社しても「スキルは身につかない」「将来性はない」「やりがいも感じられない」ので…。

未経験からインフラエンジニアを目指すのであれば、次のような優良企業へ転職しましょう。

就職すべき優良企業
  • 未経験エンジニアの教育・研修が充実している
  • エンジニアの成長に合わせて設計・構築の経験をつませてくれる
  • 会社や先輩のサポートがある

インフラエンジニアとして働くには環境が大切。

「どんな会社で働くのか?」があなたの将来を左右すると思ってくださいね!

失敗しない転職をしたいならIT転職のプロに相談しよう

まず前提として、未経験からの転職は不安です。

優良企業を探すといっても、知識や経験がないから良い会社を見つけるのも難しいですからね…。

そこで、おすすめしたいのがIT転職のプロである転職エージェントを使ってみてください!

IT業界の転職に詳しいプロが「あなたの転職を無料でサポート」してくれますので。

IT転職エージェントとは
  • 完全無料のIT転職支援サービス
  • IT転職のプロがキャリア相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにはない人気企業の求人がある
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる

ぶっちゃけ、未経験からエンジニアを目指して失敗するのはIT転職エージェントを使わなかった人です。

エンジニア

知らない業界で良い会社を見極めるのって難しいからね…

ライヲン

経験者でもIT転職エージェントを使うのは当たり前になっているよ!

「転職するorしない」が決まっていなくても、業界研究のために使うだけでもOK。

完全無料で使えるので、インフラエンジニアへの転職を考えているならIT転職エージェントの登録から始めてみましょう!

インフラ未経験向けIT転職エージント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!

もし、「どこに登録しようかな?」と迷ったら、の2社に登録しておけばOK。

優良企業への転職の秘訣は、複数のIT転職エージェントに登録して自分に合ったサポートを受けることなので。

迷ったら登録すべき2社
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント

複数のエージェントに登録しよう

  1. 自分に合った良い担当者と出会える
  2. 希望の案件を見つけやすい
  3. 転職成功者は平均4.2社を利用

他にも人気のIT転職エージェントが気になる方は「」の記事もご覧ください!

まとめ:インフラエンジニアとは「ITインフラを作り、支える仕事

インフラエンジニアとはサーバーやネットワークなどのITインフラを作り、支える仕事です。

具体的には、次の3つの工程呼ばれる仕事があります。

  • 設計
  • 構築
  • 運用・保守・監視

未経験は『運用・保守・監視』の仕事からスタートして、構築・設計とステップアップしていきます。

設計や構築を担当できるようになると、年収や給与も上がり、よりやりがいのある仕事にかかわれます。

また、インフラエンジニアには大きく分けて3つの種類があります。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • クラウドエンジニア

最近ではクラウドエンジニアの需要が伸びてきていますが、サーバーエンジニアもネットワークエンジニアも人手不足な状況です。

今後は総合的にITインフラの技術をもったエンジニアが活躍できるでしょう。

そして最後にお伝えしたいのが、「今後もIT需要は確実に伸びる」ということ。

そのため、インフラエンジニアの必要性はますます高まるでしょう。

もし、本記事を読んでインフラエンジニアに興味を持った人は、ぜひともチャレンジしてください!

「未経験からは不安だな…」という場合は、IT転職エージェントが強い味方になってくれますよ。

インフラ未経験向けIT転職エージント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる