エンジニア

【人事が証言】女性はエンジニアに向かないは「嘘」!【結局は環境と個人】

女性エンジニア

「女性にエンジニアは向かないって本当? 最近、女性エンジニアは増えてると思うんだけどな? 女性がエンジニアは向かないって言われる理由があるなら教えてほしい!」

このような疑問にお答えさせていただきます!

本記事のテーマ

  • エンジニアに女性は向かないは「嘘」
  • 【誤解】女性がエンジニアに向かない理由【5選】
  • 女性にエンジニアをおすすめしたい理由

この記事を書いている私は、IT業界で営業と人事を兼務。

男性6:女性4の割合で、社内エンジニアは活躍してくれています!

そこで、実体験からお伝えします。

雷音
雷音
「女性はエンジニアに向かない」は嘘です!

なぜなら、実際に活躍している女性エンジニアと接しているので。

そのため今回は、エンジニアに女性は向かないは「嘘」をテーマにお伝えします。

「エンジニアを目指される女性」「エンジニアになったばかりの女性」は、ぜひ本記事をご覧ください!

結論:エンジニアに女性は向かないは「嘘」です。

理由は次の3つ。

  • 理由①:女性エンジニアは年々増えている
  • 理由②:エンジニアはコミュニケーションが重要
  • 理由③:結局は「環境」と「個人」の問題

一つずつ、ご説明していきます!

理由①:女性エンジニアは年々増えている

女性エンジニアの割合は「2014年:15.43%」に比べ、「2018年:19.30%」と約4%と増加傾向です。

これだけだと少なく感じますが、驚きは次の数値です。

女性エンジニアの採用増加率 

2014年⇒2018年:41.65%増

昔に比べて、女性エンジニアを採用する企業が圧倒的に増えています

理由は次の2つ。

  • 働き方改革「女性の活躍促進」
  • IT業界は「人手不足」

「国の後押し」と「市場の変化」で、IT業界は女性が活躍しやすい環境へ変わってきています。

理由②:エンジニアはコミュニケーションが重要

なぜなら、人と人がかかわってシステムを作るからです。

  • お客様と要件、仕様を話し合う
  • お客様と納期、金額を折衝する
  • プロジェクトメンバーと連携する

このような場面で、いろいろな人とコミュニケーションを取りながらシステム開発を進めます。

当然、技術やスキルは必要!

ただ、円滑なコミュニケーション力がないと、お客様の要望は聞き出せないし、チームメンバーと意思疎通ができません。

そのため、「ヒアリング力」「交渉力」「調整力」「報連相」は、エンジニアにとって必須です。

これらの能力は、男女関係なく身につけることができます。

理由③:結局は「個人」と「環境」の問題

ぶっちゃけ、これがすべてです。

男女とかではなく、自分がエンジニアの仕事が向いているかどうかです。

男性でも、エンジニアに向いていない人は、たくさんいますからね。

雷音
雷音
私もプログラミングしたことはあります…ただ、向いてないなと思いましたw

あと、環境です。

仕事が好きと思っても「会社がブラック」で、最終的に自分に向いてないと思って辞めてしまう人もいます。

「過度な残業」「レベルに合わない仕事」「スキルアップしない単純作業」など・・・

こんな環境だったら、自分に向いてないなと思ってもしかたないです。

男女ではなく、「自分に向いているか」「この環境でいいのか」を考えてみてください!

【誤解】女性がエンジニアに向かない理由【5選】

よく言われる、女性がエンジニアに向かない理由は下記です。

  • 残業・休日出勤が多い
  • エンジニアは男性社会
  • エンジニアは体力が必要
  • 育休、産休後に職場復帰できない
  • 女性は論理的な考え方が難しい

ただ、これは誤解です。

残業・休日出勤が多い【誤解】

以前は、過酷な労働状況(デスマーチ)が、IT業界にはありました。

ただ、今は時代が変わっています。

働き方改革で「残業時間の適正化」や「有給取得の義務化」が実施されています。

現在のIT業界

  • 残業時間の適正化(女性SEの残業月平均「13時間」)
  • 有給休暇の取得(年間5日は最低でも取得)

IT業界全体が、働きやすい環境へ変化してきています。

エンジニアは男性社会【誤解】

昔は男性ばかりだったので、女性にとってツライ環境はありました。

  • 女性を下にみる人が多い
  • 残業や過酷な労働をすると評価される
  • 生理や育休、産休でやすみづらい・・・など

ただ、女性エンジニアの増加で、この環境は変わってきています。

今は「男女関係ないスキル評価」が、IT業界では当たり前になっています。

日本のIT人材は、2030年には「約45万人」不足すると言われるほど人手不足。

そんな状況で、男女がどうのと言っていられません。

IT業界は「正しい評価」「ワークライフバランスの充実」で、一人でも多くのエンジニアに活躍してほしい状況です。

体力が必要【誤解】

エンジニアに「肉体労働」はありません。

ただ、昔は過度な「残業」「休日出勤」「夜間対応」で、体力が必要な仕事とされてました。

エンジニアは技術職です。知識労働者です。

「技術」「スキル」「コミュニケーション力」があれば、体力が少ない女性でも活躍できる仕事です。

育休・産休後に職場復帰できない【誤解】

これも、嘘です。

女性活躍推進法により、「女性が働きやすい環境を作る義務」が企業にはあります。

特にIT業界は人手不足。

エンジニア経験があって、仕事をしたい女性の働き場所は、たくさんあります。

ぶっちゃけ、IT企業で育休・産休が取れない会社なら、転職してもいいぐらいです。

女性は論理的な考え方が難しい【誤解】

誰が決めたんでしょうか?

女性は「感情的」だという人がいますが、男性でもいますよね?

エンジニアの仕事は、論理的思考(ロジカルシンキング)が必要ですが、論理的思考は勉強すれば誰でもできます。

例えば、次のような「ロジカルシンキング」の本もたくさんありますので。

 

誰かが勝手に決めつけたことに、惑わされないでくださいね。

女性にエンジニアをおすすめしたい理由

理由は、次の10個です。

  • 職業が安定している
  • 年収が高い
  • 手に職がつく
  • 肉体労働がない
  • 男女関係なくスキル評価
  • 産休、育休後に復帰しやすい
  • 未経験の求人が多い
  • 転職しやすい
  • 働き方を選べる
  • 副業、独立がしやすい

具体的に知りたい方は、次の記事もご覧ください!

【未経験から女性エンジニアへ】IT業界へ転職するメリット【10選】未経験から女性エンジニアへ、転職するメリットと方法を知りたいですか?本記事では、エンジニアの仕事説明から、女性エンジニアの年収、残業、転職メリットと方法を解説します。未経験から女性エンジニアへ転職したい方は必見です。 ...

未経験の方向けの内容になってますが、女性エンジニアの年収や残業など詳しく紹介していますので。

まとめ:重要なのは「環境」と「個人」

何度もお伝えしますが、「女性はエンジニアに向かない」はデタラメです。

人によって「向き不向き」があるので、自分にあった仕事選びが重要。

自分らしく働ける環境・会社で、個人的に興味をもった仕事をできることが一番ですよ!

それでは、今回はこの辺で。
最後までお付き合いありがとうございました!