【うそっ?】SES・準委任契約の一人常駐はNG!【理由は3つです】

一人でのSES・準委任契約が気になる人

SES・準委任契約って、一人常駐でも大丈夫なの?

偽装請負や違法派遣の話を聞くから心配で、、、。

問題があるのか知りたいな。

あと、SES・準委任契約で一人常駐させる会社に、居続けてもいいのか教えてほしい!」

こういった悩みを解決します。

本記事のテーマ

  1. SES・準委任契約で一人常駐はNG?【3つの理由】
  2. 一人でもSES・準委任契約をさせる理由
  3. SES・準委任契約で一人常駐をさせる会社は避けるべき

この記事を書いている僕は、SES業界8年。

営業・採用として多方面に仕事をしているので、SES業界については詳しいかなと。

結論を先に伝えると、「SES・準委任契約の一人常駐はNG」という内容なのですが、

順を追って解説していきます。

※記事後半は、偽装請負や違法派遣が不安な方向けに「一人常駐をさせる会社は避けましょう」という話もしています。

目次

SES・準委任契約で一人常駐はNG?【3つの理由】

「偽装請負・違法派遣」になる可能性があります。

理由は次の3つ。

  • その①:客先からの「直接指示」がNG
  • その②:客先での「勤怠管理」がNG
  • その③:二人以上で常駐が必要

ちなみに、「SES契約」=「準委任契約」です。

SES(システムエンジニアリングサービス)とは?

エンジニアを客先へ常駐させ、技術力や労働力を時間で提供するサービス

SES契約について詳しくない方は、「SES契約とは?派遣・請負との違いをまとめて解説【営業必読】」をご覧ください。

その①:客先からの「直接指示」がNG

SES・準委任契約では、客先に「指揮命令」の権利はないので。

指揮命令とは?

プロジェクト遂行のため、常駐エンジニアへ指示を出し、「管理・監督」をすること

客先から直接指示ができるのは、「派遣契約」だけです。

契約名SES
(準委任)
派遣請負
指揮命令なし
※エンジニア側
あり
※現場側
なし
※エンジニア側
成果判断働いた時間働いた時間システム納品
完成責任なしなしあり
報酬支払毎月毎月システム納品後
免許なし必要
※一般派遣
なし

SES・準委任契約は、「この仕事を任せます」という「業務委託」の契約。

客先から指示を出すのは、「偽装請負・違法派遣」だけです。

まぁ・・・実態としては、どこの会社も直接指示をしているのですが、、、。

その②:客先での「勤怠管理」がNG

勤怠管理は「派遣契約」のみOK。

  • 有給申請をしたら、客先に断られた…
  • 客先から休日出勤・残業を依頼された…
  • 体調不良で欠勤したら、客先に怒られた…

ぶっちゃけ、SES・準委任契約では“すべてNG”です。

ポイントは直接指示と一緒で、「指揮命令」の権利がどこにあるかです。

指揮命令の権利

  • SES契約:雇用主(自分の会社)
  • 派遣契約:客先(発注元のクライアント)

SES・準委任契約では、自社の担当者が“有給・休日出勤・残業”の判断をするのが正しい流れです。

とはいえ、一人で常駐してたらむずかしいですよね。。。

その③:二人以上で常駐が必要

正しくは、自社の“管理者”と二人以上です。

  • 管理者:自分で判断して仕事ができ、メンバーへ指示が出せる人
  • メンバー:指示がないと仕事ができない人

管理者と一緒なら、次の流れで指示が出せます。

  • 客先から指示は出せないが、管理者との『話』はOK
  • 管理者は自分で考えられるので、話すだけでは指示にならない
  • 管理者は客先との『話』をもとに、メンバーへ指示を出す

ぶっちゃけ、なぞ理論ではあります、、、。

メンバ一人の常駐だと、客先からの『話』だけでも指示になるのでNGだけど、管理者なら『話』だけでも必要な仕事を理解できるからOK、という理論。

でも、これがSES・準委任契約の解釈です。

一人でもSES・準委任契約をさせる理由

「偽装請負・違法派遣の可能性があるのに、なぜSES・準委任契約をするの?」という疑問にお答えします。

理由は3つです。

  • その①:リスクが少ない
  • その②:派遣は不便
  • その③:人を集めるのが簡単

一つずつ見ていきましょう。

その①:リスクが少ない

これが、一番の理由かなと。

SES・準委任は、「システムを完成させる責任はなく、働いた時間で報酬の請求ができる契約」です。

例えば、開発したシステムで納品後にトラブルが発生したとしても、SES企業は一切責任はありません。

しかも、エンジニアが働けば報酬は発生するので、安定した収入が得られます。

責任がなく、安定した収益があるので、SES・準委任契約を優先する企業が多いのです。

ちなみに、請負契約は「システムが完成させる責任がある」ので、システムを納品しないと報酬がもらえないリスクがあります。

その②:派遣は不便

SES契約と比べて、派遣契約は不便です。

  1. 派遣の「免許」が必要
  2. 現場と「直接契約」が必要
  3. 毎回、「雇用契約」が必要
  4. 現場が「管理監督」しなければならない
  5. 派遣は「最低賃金」が決められている

補足として、IT業界は「多重請負」での仕事が多いから、現場(元請・2次請け)との「直接契約」はむずかしいです。

SES契約だと一つ上の会社と契約するだけでいいですが、派遣だと「現場の会社と直接契約」しなければなりません。

ただし、次の問題があります。

  • 中間にいる会社がOKしない
  • 資本金が少ない中小企業だと、現場が契約してくれない
  • 現場は契約する会社を一つにまとめたい

などなど、、、。だけど・・・エンジニアは必要。

結果として、契約しやすいSES・準委任契約にしようとなりがちです。

その③:人を集めるのが簡単

なぜなら、「リスクが少ない」、「直接契約が必要ない」、「契約が簡単」から。

IT業界は人手不足です。

2030年には、76万人もIT人材が不足すると言われています。

引用:経済産業省-IT人材需給に関する調査(概要)

この状況なので、請負リスクを考えたり、派遣手続きに時間がかかるようだと、人が集まりません。

結果として、プロジェクトごとに必要な人材を“早く”、“柔軟”に集められる、SES・準委任契約が使われます。

SES・準委任契約で一人常駐をさせる会社は避けるべき

ここまで読んだ方は、「今の会社、、、大丈夫?」と不安になったかもしれません。

僕の結論としては、「一人常駐させる会社は避けるべき」だと思っています。

理由①:法律違反に巻き込まれる

「偽装請負」、「違法派遣」は法律違反です。

  • 社名の公表
  • 1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

最悪、所属する会社が「事業停止」になる場合もあります。

本人への罰則はありませんが、結果として仕事がなくなる可能性も、、、。

理由②:将来性がない会社の可能性あり

違法行為でしか収益が出せないなら、将来性はあやしいかなと。

将来性のない会社の特徴としては、次の5つ。

  1. SESしか事業がない
  2. 下位層の下請けしか仕事がない
  3. エンジニア以外の仕事をさせられる
  4. 平均年収が低い
  5. 免許・資格がない(派遣・Pマーク)

今の会社が当てはまるなら、転職を考えたほうが良いかもしれません。

理由③:一人常駐は孤独

特に、新人の一人常駐は孤独かなと。

  • 気軽に相談できる人がいない
  • スキルがないのにムチャぶり
  • 自社もフォローしてくれない

研修やフォロー体制がしっかりしていないのに、一人で常駐させられる新人は、孤独でつらいはずです。

今の環境がつらいと感じたら、無理する必要はありません。

ライヲン

「常駐+新人+1人」にしている会社が悪いので。

さっさと会社を離れるのが良いかと思います。

SES・準委任契約でも『一人じゃない』会社もあるという事実

というわけで、今回は以上ですが最後に一つだけ。

それは、SES・準委任契約でも『一人じゃない』会社もあるということです。

  • ベテランの先輩と一緒に現場に入れる会社
  • チームで現場に入り、サポート体制がある会社
  • 一人前になるまでは、社内案件でスキルを身につけられる会社

などなど・・・

同じSES・準委任契約の会社でも『優良企業』は存在します。

優良企業の特徴
  1. 30代、40代のエンジニアが全体の50%いる
  2. “評価制度”と”キャリアパス”が明確
  3. 商流が浅いプロジェクトが多い
  4. SES以外にも事業展開をしている
  5. エンジニア経験者の採用ができている

こういった感じで、違法リスクがなく、働ける会社もあります。

詳しくは【誰でもできる!】SESの優良企業を見つける方法とは?【5つのポイントを紹介】でまとめていますので、ご覧ください。

それでは、この辺で。
最後までありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる