即日相談!SES・客先常駐に強い退職代行サービスとは?【注意点も解説】

記事のまとめ

SES・客先常駐に強い退職代行サービスをご紹介!

損害賠償なし、即日対応なので、安心して使えます。

また、「そもそも退職代行ってなに?」という質問にお答えするため、

退職代行サービスの基本や注意点についても解説。

SES・客先常駐で働く「会社を辞めたい!…けど、辞められないよ…」ってエンジニアは必見です。

エンジニア

退職代行って、本当に辞められるの?

ライヲン

今回ご紹介する退職代行サービスなら大丈夫!
IT業界はもちろん、SES・客先常駐の実績もあるので

僕はSESで営業・採用を8年。

キャリアコンサルタントの資格も持っています。

SES・客先常駐で働いていると「辞めたいけど、辞められない…」ってありますよね。

ぶっちゃけ、環境が悪すぎる精神的につらい会社が辞めさせくれない、なら退職代行を使うのはありかなと。

本記事ではSES・客先常駐に強い退職代行サービスをご紹介しつつ、退職代行についても解説

退職代行について考えるほど悩んでいるなら、あなたの助けになれると思います!

\飛ばし読みするならコチラ/

目次

結論!SES(客先常駐)に強い退職代行サービスとは?

結論からいうと、SES・客先常駐に強い退職代行サービスは次の3つです。

おすすめ退職代行サービス【3選】

:25,000円

労働組合が運営する退職代行サービス「24時間対応」「即日対応」「全額返金保証」が可能!

:55,000円

残業代・未払い給料・退職金・慰謝料を請求!できる弁護士事務所が運営する退職代行サービス!

:29,800円

顧問弁護士が監修の退職代行サービス!充実のサポート体制で、24時間365日対応!

ただ、SES(客先常駐)の実績をふまえ、本気でおすすめする退職代行サービスは、

1位が「退職代行『SARABA」、2位が「弁護士法人みやび」です。

上記で使い分ければOKです。

SES(客先常駐)の退職代行おすすめ1位は『SARABA』

利用者数は「退職代行業界No.1」!!

24時間対応で、しかも安い

SES・客先常駐で明日から出社したくないなら、おすすめNo.1の退職代行サービスです。

さらに、SARABAの特徴として、企業との「交渉」も可能ということ。

労働組合が運営するサービスのため、「労働組合法」の団体交渉ができます。

退職代行『SARABA』の強み
  • 一律25,000円(税込)と安い
  • 全額返金保証が付いている
  • 24時間電話、LINE、メールで即対応
  • 労働組合が運営するので交渉も安心

ちなみに、エンジニアの退職代行も、かなりの実績あり。

実際に担当者にお聞きしたところ、IT業界では500件以上の退職代行を成功させているとのこと。

利用者の特徴

男性が多い
年齢は30代以下がメイン
SES・客先常駐エンジニアが多い

エンジニア

どんな理由で退職代行を使っているの?

ライヲン

理由はいろいろあるけど、人間関係よりも、「給料が低い」「拘束時間が長い」といった内容が多いみたいだよ

SES・客先常駐の実績が豊富で、安く、早い退職代行サービスなら、がおすすめです。

\24時間・即日対応/

オプション費用なし!一律25,000円です。

安心で確実、未払い賃金の請求もするなら『弁護士法人みやび』

大手の弁護士事務所が運営する退職代行サービス。

法律の専門家にお願いするので、安心し退職代行をお願いできます。

しかも、「退職金」「未払い給料」「残業代も請求できるので、諦めていたお金も回収できます。

弁護士法人みやびの強み
  • 相談無料
  • LINEでいつでも連絡可能
  • 弁護士としては破格の55,000円(税込)
  • 未払い賃金の請求が可能
  • 安心、安全、確実な退職代行

ちなみに、「労働組合」か「弁護士」以外が退職代行をすると違法です。

当然ですが、「未払い賃金の交渉」や「有給消化の請求」もできません。

は対応も早いので、「スピード退職」と「有給・未払い賃金」の交渉を両立させられる退職代行サービスです。

\未払い給料・退職金も請求/

弁護士対応で安心・安全の退職代行サービスです。

退職代行サービスとは?【SES・客先常駐でも使えます】

ここからは、「そもそも、退職代行サービスってなに?」という疑問にお答えしていきます。

退職代行サービスとは?

会社に「退職の意思」を伝えることから手続きまで、すべてを代わりに対応してくれるサービス。

これだけだと分からないので、次の5つを詳しく解説していきます。

  • ①:どんな人におすすめ?
  • ②:金額は?
  • ③:即日でも辞められる?
  • ④:損害賠償とかはない?
  • ⑤:違法じゃないの?

SES・客先常駐でも使えるので、気になる方は基本的な知識を身につけておきましょう。

①:どんな人におすすめ?

次のような方へおすすめします。

  • 退職意思を伝えたのに、辞めさせてもらえない人
  • 精神的につらく、即日で辞めたい人
  • 会社の雰囲気的に、辞めると言いづらい人

「退職したいなら自分で言えよ」って空気もありますが、退職希望を伝えるのは超ハードミッションだと思っています。

僕も退職の経験はありますが、

  • 引継ぎどうする…。
  • 辞めたら会社に迷惑かからない…。
  • 上司に言いづらい…。
  • 引き止めらるやり取りがめんどう…。
  • 辞めるまでの期間、周りの目が気になる…。

これらが気になって、辞めるのが言い出しづらかった記憶があります。

特に、精神的に追い込まれてキツイ人は、病気になる前に「退職代行で会社を辞めて,つらい環境をリセットする」のはアリだと思います。

ちなみに、の担当にお聞きしましたが、退職代行を使うエンジニアの特徴として、

人間関係よりも、「給与が低い」「拘束時間が長い」という理由が多いようです。

\24時間・即日対応/

オプション費用なし!一律25,000円です。

②:金額は?

だいたい2~5万円台が相場ですね。

退職代行だけだと比較的に安く、「未払い賃金」や「退職金」の交渉もできるサービスだと5万円台って感じです。

ただ、今回ご紹介した退職代行サービス以外で、「金額が安い」を理由に他を選ぶのは危険です。

なぜなら、「労働組合」・「弁護士」以外が退職代行をするのは違法だから

人生にかかわることなので、マジで気をつけましょう。

③:即日でも辞められる?

正確には、「即日から相談・対応を始める」ことができる。

客先(現場)には即日から出社しなくても大丈夫ですが、辞めるには退職意思を伝えてから2週間必要です。

なぜなら、法律で決まっているので。

民法 第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:総務省行政管理局-電子政府の総合窓口(e-Gov)

「退職代行を使う=即日退職」ではないので覚えておきましょう。

ただ、退職代行サービスなら「退職意思を伝える」、出社しない期間は「有給で調整する」などの対応をしてくれるので安心してください。

例えば、なら24時間対応なので、夜に相談して明日から休むということも可能です。

「もう限界…」「明日は行きたくない…」という状況なら、連絡してみるのも方法かなと。

\24時間・即日対応/

オプション費用なし!一律25,000円です。

④:損害賠償とかはない?

損害賠償はありえません。

そもそも、法律で「職業選択の自由」あるので。

日本国憲法 第22条

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

引用:総務省行政管理局-e-Gov法令検索-日本国憲法

あとは、労働基準法で賠償の禁止もあるので安心してください。

労働基準法 第16条

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない

引用:総務省行政管理局-e-Gov法令検索-労働基準法

こんな感じです。

ただ、何も言わずバックレて辞めるのはNGです。

重要なのは「退職の意思」を伝えたかどうか。

退職代行サービスを使ったとしても、「退職の意志」が伝わっているなら問題なし。

あくまで、客先常駐は企業間の契約なので、エンジニア(労働者)には関係ありません。

しっかりした権利が労働者にはあるので、「損害賠償」は気にしなくて大丈夫です。

⑤:違法じゃないの?

退職代行サービスは違法じゃありません。

ただし、「労働組合」か「弁護士」以外が退職代行をする場合は『違法』です。

弁護士以外の退職代行は「弁護士法」に違反

具体的にはこちらです。

弁護士法第72条 非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用:総務省行政管理局-e-Gov法令検索-弁護士法

弁護士以外は「退職の意思」を伝えていいけど、「退職の調整」はできないということ。

弁護士がいない退職代行サービスもあるので、気をつけてください。

\未払い給料・退職金も請求/

弁護士対応で安心・安全の退職代行サービスです。

労働組合は退職代行をしてOK

なぜなら、労働組合は「労働組合法」で団体交渉が保証されているので。

労働組合法 第1条

この法律は、労働者が使用者との交渉において対等の立場に立つことを促進することにより労働者の地位を向上させること、労働者がその労働条件について交渉するために自ら代表者を選出することその他の団体行動を行うために自主的に労働組合を組織し、団結することを擁護すること並びに使用者と労働者との関係を規制する労働協約を締結するための団体交渉をすること及びその手続を助成することを目的とする

引用:総務省行政管理局-e-Gov法令検索-弁護士法

いろいろ書いてありますが、労働組合は「労働者のための交渉はOK」ということです。

このあたりは、あまり知られていないので覚えておきましょう。

\24時間・即日対応/

オプション費用なし!一律25,000円です。

SESで退職代行を使うなら気にするべき注意点

精神的にツライなら、退職代行を使うのはありです。

ただ、注意点が3つあるのでお話ししていきます。

  • ①:退職代行サービスの選び方
  • ②:今までの関係性
  • ③:転職先を決める

①:退職代行サービスの選び方

何度もお伝えしましたが、「労働組合」・「弁護士」がやっている退職代行サービスを選ぶようにしましょう。

もし、訴えられても助けてくれませんので。

上記のどちらかを選べば大丈夫です。

くれぐれも変なサービスだけは選ばないでくださいね。

②:今までの関係性

「すべてリセットしてやり直したい!」なら良いですが、今の職場の人とは関係が悪くなります

エンジニア

いきなり退職代行サービスから連絡が来て、本人と連絡が取れなくなったらそうですよね…。

ライヲン

退職代行を使うなら、覚悟は必要ですね。

とはいえ、退職代行を使うまで追い込まれているなら、今の職場に未練はないのかなと。

もし、精神的に余裕があって今までの関係性は保ちたいなら、普通に辞めることも検討しましょう。

このあたりは、「【逃げ勝ち】SES(客先常駐)を辞めたいなら戦略的に転職・退職しよう」で詳しく解説しています。

③:転職先を決める

退職代行を使うと同時に、次の転職先についても考えましょう。

お金に余裕があるなら良いですが、収入がない状況も不安だと思います。

履歴書・職務経歴書を作ったりするのも時間がかかりますので。

このあたりについては、「IT転職エージェント」に登録するのが一番かなと。

IT転職エージェントなら、アドバイザーがエンジニア経験者だったりするので、退職代行を使ってまで辞めようとしている気持ちを理解してくれるから。

また、同じツライ会社にならないよう、優良企業も紹介してくれますので。

エンジニア

無料でサポートしてくれるんですよね?

ライヲン

そうだよ!履歴書・職務経歴書を作るのも手伝ってくれるし!

個人的には「退職代行」を使うなら、「IT転職エージェント」の登録もセットで考えるべきかなと。

SES・客先常駐からの転職なら、次のIT転職エージェントがおすすめです。

おすすめIT転職エージェント3つ

IT・Web業界に特化したオススメ転職エージェント!|若手層へのフォローが魅力です。

エンジニア転職実績No.1|求人の質が高く、技術に詳しいエージェントがサポート。

社内SEに特化した専門エージェント!|社内エンジニア職だけを探したい方におすすめです。

【勝ち組】SESからの転職先5選【転職を成功させるコツもご紹介】」の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてください。

結論&まとめ:新しい人生をスタートさせよう

まずは、結論です。

SES・客先常駐やめたいなら、下記どちらかの退職代行サービスを使えばOK。

SES・客先常駐に強い退職代行

他も気になる方は、をチェックするぐらいで良いかなと。

そして、本記事のまとめはこちら。

  • 退職代行サービスを使って辞めるのはあり
  • 金額は2万~5万円で損害賠償はありません
  • 即日で相談・対応開始、明日から出社しなくてもOK
  • 労働組合・弁護士が対応するなら、違法じゃない
  • 退職代行とIT転職エージェントはセットで使おう

こんな感じです。

なお、退職代行を使うか悩んだら「1年後も同ように悩んでいるか?」で考えるべきかなと。

  • 仕事に行こうとすると、胸のあたりが苦しくなる…。
  • 夜遅くまで仕事で、プライベートもない…。
  • 会社の環境は1年後も変わらない…。

などなど…。

ぶっちゃけ、ITエンジニアとしての仕事は今の会社じゃなくてもできます。

エンジニアは人手不足だから、どこの会社も中途採用しているので。

ツライ気持ちで毎日過ごすくらいなら、笑顔になれる新しい人生をスタートさせるのがベストかと思います。

というわけで、今回は以上です。

新しい人生をスタートしたい方は、早速ご相談してみてください。

おすすめ退職代行サービス【3選】

:25,000円

労働組合が運営する退職代行サービス「24時間対応」「即日対応」「全額返金保証」が可能!

:55,000円

残業代・未払い給料・退職金・慰謝料を請求!できる弁護士事務所が運営する退職代行サービス!

:29,800円

顧問弁護士が監修の退職代行サービス!充実のサポート体制で、24時間365日対応!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる