エンジニア

【脱出すべき人売りIT企業とは?】見分け方のポイントは5つ【簡単です】

未経験からエンジニアを目指している

人売りIT企業って、どんな会社なんだろう?

未経験からエンジニアになりたいけど、人売りIT企業はイヤだな…

脱出すべき人売りIT企業の特徴や見分け方があるなら、教えてほしい!

こういった疑問に答えます

本記事のテーマ

  • 脱出すべき人売りIT企業って、どんな会社?
  • 脱出すべき人売りIT企業の見分け方【5つ】
  • 脱出すべき人売りIT企業に入社しない方法について

僕はIT業界15年。SES業界は8年の営業&採用担当です。

いろいろ調べると「人売りIT企業はやめておけ!」って記事を見つけると思いますが、ヒドイ会社はマジでヤバいです…

未経験からエンジニアを目指すなら、”ヒドイ人売りIT企業は絶対に避けるべき”かなと。

本記事では、”脱出すべき人売りIT企業の特徴+見分け方”を、エンジニア初心者向けに解説します。

脱出すべき人売りIT企業の見分け方は簡単ですので、ぜひチェックしてください!

脱出すべき人売りIT企業って、どんな会社?

人売りIT企業と呼ばれるのは、エンジニアがお客さま先で働く「客先常駐」をメイン事業にしている会社です。

  • SES(システムエンジニアリングサービス)
  • エンジニア派遣
  • Sier(システムインテグレータ―)

上記キーワードの会社ですね。

これらのビジネスでは、エンジニアは”1ヶ月いくらで契約”という「人月単価」が決まっているので、「人売りIT」とも呼ばれています。

 

ただ、「人売りIT=すべて悪」というのは違うかなと。

 

上場している大手Sier企業でも、客先常駐のSESやエンジニア派遣の「人売りIT」はしていますので。

とはいえ、人売りIT企業のすべてがOKというわけでもありません。

結論、会社次第です。

将来性があり、エンジニアにとって魅力がある会社かが重要です。

脱出すべき人売りIT企業の特徴

次の5つです。

  • SES(客先常駐)の事業がしかない
  • 下請の下請け業務しかない
  • エンジニア・IT以外の仕事をさせられる
  • 平均年収が低い
  • 免許・資格がない(派遣・Pマーク)

上記の会社は将来性がなく、エンジニアにもメリットがないかなと。

なお、脱出すべき人売りIT企業の特徴については、下記記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。
【断言】SES(客先常駐)の将来性はある!【ただし、会社次第です】

脱出すべき人売りIT企業の見分け方【5つ】

”見分け方”のポイントは5つ。

  • その①:社員の80%以上が20代かどうか
  • その②:人事評価の基準がない、あいまい
  • その③:4次請け、5次請けの下請けが多い
  • その④:事業がSESだけ
  • その⑤:エンジニア経験者の採用ができていない

脱出すべき人売りIT企業は”人が定着しない”、”スキルアップができない”、”給与が少ない”の「3ない環境」があります。

詳しくは次の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。
【【SESはブラックなの?】やめたほうがいい企業の特徴・5つ【ガチ解説】

 

ちなみに、転職サイトや企業サイトから、SES・客先常駐の会社かを簡単に見分ける方法もあります。

  • オフィスが小さい
  • 勤務地・勤務時間があいまい
  • 帰社日がある
  • 最低年収が200万円台
  • 協力会社・ビジネスパートナーを募集

面接や会社見学をしなくても分かる方法なので、「SES・客先常駐は絶対NG!」という方にとっては時短になるかなと。

詳しくは【超簡単】SES・客先常駐の見分け方5選【ホワイト企業の見つけ方も解説】で解説しています。

脱出すべき人売りIT企業に入社しない方法について

転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントとは?

あなたに合った”企業紹介”、”転職サポート”を「無料」でしてくれるサービス。

転職エージェントを使うべき理由は、「脱出すべき人売りIT企業を知っている」から。

具体的には、次のような企業の内部情報を教えてくれます。

  • 定着率
  • 退職率
  • 企業の成長率
  • 実際の年収
  • 評判
  • 社内事情
  • 未経験エンジニアの研修内容

…などなど

企業を紹介するのに、ウソや未確定な情報を掲載できないため、転職エージェントは必ず会社の情報を細かくヒアリングしています。

そのため、転職サイトや公式サイトではわからない、リアルな情報を教えてくれるのです。

ちなみに、脱出すべき人売りIT企業へ入社してしまう方は、転職エージェントを使わず、独自に転職活動をしている場合がほとんど。

転職サイトでは、企業が内容を考えるので、ヤバイ部分がわからないよう工夫されているんですよね…

ヤバイ人売りIT企業へ入社しないためにも、転職エージェントは、ぜひ活用してみてください。

雷音
雷音
転職エージェントも合う、合わないがあるので、複数登録しておくのがベストです。

 

エンジニア未経験におすすめする転職エージェント【3選】

マイナビエージェント×IT|IT・Web業界に特化した転職エージェント!※若手層へのフォローがしっかりしています。

dodaエンジニアIT|2名体制の徹底サポート!※求人サイトと転職エージェントが一緒に使えます。

リクルートエージェント|業界No.1の実績数!※最大級の転職エージェントなので求人数が豊富です。

まとめ:「人売りIT=すべて悪」というわけではなく、会社次第

記事のポイントは、次のとおり。

  • 人売りIT企業は「客先常駐」をメインにしている会社
  • 「人売りIT=すべて悪」というわけではなく、会社次第
  • 脱出すべき人売りIT企業の見分け方は5つ
  • 脱出すべき人売りIT企業に入社がイヤなら、転職エージェントに相談すべし

こんな感じです。

最後に賛否両論がありそうですが、僕の意見としては次の通り。

「SES・エンジニア派遣は絶対やめとけ!」と、”人売りIT=すべて悪”と言う人がいますが、そんなことはありません。

何度も言いますが、会社次第です。

客先常駐でもホワイト企業はありますし、満足して働いているエンジニアはたくさんいますので。

顔も見えないネットの記事や評判に惑わされず、自分で確かめてくださいね。

【本当?】「SESやめとけ」は誤解!5つのポイントで解説【結論、大丈夫です】

それでは、今回は以上です。
本記事が少しでも役に立てばうれしいです!

 

エンジニア未経験におすすめする転職エージェント【3選】

1位:マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITは、IT・Web業界に特化した転職エージェント。

マイナビ本体が20代の転職サポートに強いこともあり、若手層へのフォローがしっかりしています。

雷音
雷音
転職後のアフターフォローも充実しているよ!

国内最大級の転職エージェントなので、求人数も多く、優良求人に出会える確立が高いのも特徴。

IT業界の転職なら、絶対おすすめしたい転職エージェントです。
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

公式サイト
(5分で登録完了)

2位:dodaエンジニアIT

dodaは業界・業種問わず、幅広い求人がある転職エージェント。

その中でITに特化したサービスが「dodaエンジニアIT」です。

最大の特徴は、求人サイトと転職エージェントが連動している点。

雷音
雷音
求人サイトで見つけた企業を、転職エージェント経由で裏情報を確認したり、応募したりできます!

また、通常の転職エージェントでは、アドバイザーが1名しかいませんが、dodaは2名体制でサポートしてくれます。

初めての転職が不安なら、万全なサポート体制のdodaがおすすめです。
公式サイト:https://doda.jp

公式サイト
(5分で登録完了)

 

3位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界No.1の転職実績。

求人数も圧倒的に多いので、他にはない企業も見つけられます。

また、リクルートエージェントの特徴は次の3点。

  • 土日祝日も面談できる
  • 全国に拠点がある
  • 転職を成功させるセミナー

迷ったらリクルートエージェントに登録しておけば、間違いありません。
公式サイト:https://www.r-agent.com/

公式サイト
(5分で登録完了)