【若手脱出】客先常駐SEの40代・50代は未来がない?【厳しい現実のお話】

記事のまとめ

客先常駐SEの40代・50代についてのお話。

40代・50代になっても客先常駐SEで働いてても大丈夫?

…という疑問にお答えします。

現実として、40代・50代の客先常駐SEが働き続けるのは大変です。

本記事を読むことで、20代~30代の若手エンジニアが、

40代・50代でも「客先常駐SEで働き続けるか?」を考えてもらえれば幸いです。

40代・50代になっても客先常駐SEで働くのは不安だ・・・。

こんな悩みをお持ちじゃないですか?

僕はSES・客先常駐の営業と採用をして8年以上。

40代・50代の客先常駐SEに、たくさんの案件を紹介してきました。

そんな僕が体験してきた、「40代・50代の客先常駐SEの現実」をまとめていきたいと思います。

40代・50代の客先常駐SEはもちろん、20代~30代の若手エンジニアに知っていただきたい内容です。

ライヲン

40代・50代の客先常駐SEには、厳しい現実の話もするよ!

エンジニア

しっかり読んで、将来を考えなきゃ!

社内SE専門の転職エージェントを紹介!

「無料」で登録!すぐに見つかる優良企業!

目次

活躍する40代・50代の客先常駐SEの特徴とは?

まずは、40代・50代でも活躍する客先常駐SEの特徴をご紹介します。

  • 特徴①:リーダー経験
  • 特徴②:若手の育成
  • 特徴③:最新技術の対応

一つずつ見ていきましょう。

特徴①:リーダー経験

40代・50代に一番求められる経験です。

IT業界で一番不足しているのは、リーダーやマネージャーとしてプロジェクトを管理できるエンジニア。

リーダーや管理職のスキルがあれば、40代・50代でも活躍できるプロジェクトはいくらでもあります。

特に、設計・プログラミングもできるリーダーは最強です。

最近では、プログラミングができないリーダーも増えていて、「なんで、できない人に指示されなきゃいけないの?」という反発もあったりしますので。

スキルを持っている40代・50代の年上リーダーなら、若手は安心して頼ることができます。

ちなみに、リーダー経験があるエンジニアの単価は「高い」。

転職するにしても高年収が期待できるし、フリーランスを目指すことも可能です。

客先常駐SEとして40代・50代も活躍するなら、リーダー経験は最重要スキルです。

特徴②:若手の育成

客先で若手を育てられる40代・50代SEの需要は高い。

受託や自社開発なら社内で若手のフォローはしやすいですが、客先では違います。

契約して客先で仕事をしているので、自分の仕事を100%やりつつ、若手の面倒をみるのは予想以上に大変なので。

しかも、新卒と一緒のプロジェクトに入った場合、社会人としての対応も教えなければなりません。

エンジニア

1人で仕事をするより何倍も大変そうだ・・・。

ライヲン

だから、やりたがらない人も多いんだよ

「自分の仕事を100%やればいい」というのは、20代~30代まで。

40代・50代の客先常駐SEなら、現場で若手を育てられるようになるべきです。

特徴③:最新技術の対応

IT技術の進歩は早く、「古い技術」や「誰でもできるスキル」しか持っていないと需要はありません。

逆に、新しい技術に対応できる人なら、40代・50代とか年齢は関係ありません。

IT業界は実力主義でもあるので、「今求められているスキル」を持っているかが重要です。

求められる最新技術
  • AI
  • クラウド
  • 5G
  • IoT
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)

このあたりのスキルがあれば、年齢関係なく活躍できます。

IT業界で活躍しつづけるなら、重要なのは「常に学ぶ」こと。

客先から求められるスキルを身につけましょう。

客先常駐SEの40代・50代が厳しい理由

結論として、40代・50代でリーダー経験や強みがない客先常駐SEはやばいです。

具体的な理由として、次の3つ。

  1. プロジェクトリーダーが自分より年上のメンバーを嫌がる
  2. 新たにスキルを身につけづらい
  3. 年齢が高くなると、受け入れ先が減る

厳しい現実ですが、お伝えしていきます。

社内SE専門の転職エージェントを紹介!

「無料」で登録!すぐに見つかる優良企業!

①:プロジェクトリーダーが自分より年上のメンバーを嫌がる

ぶっちゃけ、やりづらいので。

常駐先の企業では、30代からプロジェクトリーダーを任される人が増えています。

40代・50代のメンバーに常駐してもらうと、自分より年上の人に指示を出すことになります。

自分が責任者だとしても、会話や指示をするのに気を使わないといけないし、ミスは指摘しづらいで、嫌がるリーダーは多いんです。

ライヲン

僕も経験があるけど、年上の部下との仕事はやりづらかった…。

エンジニア

年下に指示されたり、指摘されるのを嫌がる人もいるよね…。

結果として、同じ仕事をお願いするなら若手が優先されることになります。

②:新たにスキルを身につけづらい

誰も教えてくれません。

20代の新人なら「うちで育てよう!」ということで、育成案件に入れてくれたり、フォロー体制がしっかりした客先に常駐させてもらえます。

ただ、40代・50代だとそうはいきません。

客先が40代・50代に求めるのは、「即戦力」。

「今持っているスキルで何ができるのか?」が重要なので、新たに現場で学ぶことはできません。

エンジニア

40代・50代より、若手を育てた方が将来的に長く活躍してくれるもんね。

ライヲン

上流工程の経験があるなら良いけど、開発、テスト、運用保守しか経験がない40代・50代だとヤバイかも・・・。

若いうちに活躍できるスキルを身につけておくことが重要です。

③:年齢が高くなると、受け入れ先が減る

「年齢が高い=契約単価も高い」ということ。

40代・50代だと、それなりに年収も高くなっています。

マネージャーやリーダーは高単価でも受け入れ先がたくさんありますが、ただのSEだとそうはいきません。

同じ仕事なら、単価が安く、元気のある若手にお願いしたいから。

また、上流工程が自分には合わないと思っても、PG工程は単価が安いので年収と合わず、受け入れ先がありません。

結果として、苦手な上流工程をやるか、客先が決まらず待機になることも。

年収は高いけど、常駐先が決まらない…」、「現場はあるけど、年収は低い…」、どっちにしろツライ状況になります。

客先常駐SEを40代・50代になる前に脱出しよう

結論として、40代・50代から「自社開発」や「社内SE」への転職はむずかしいです。

IT企業は人手不足なので転職はしやすいですが、人気の自社開発や社内SEの求人は、優秀な若手も応募をするので。

僕も採用をしているのでわかりますが、同じ経験なら、将来性を考えて若手にオファーを出します。

  • リーダーやマネジメント経験ができない。
  • 下請け仕事ばかりで、会社に将来性がない。
  • 開発やテストなど、誰でもできる仕事しか経験させてもらえない.

上記のような状況で、客先常駐SEとして40代・50代になるのが不安だと思っているなら、すぐにでも転職活動を開始するべきかなと。

何も行動せずにいると、あっという間に40代・50代になってしまうので。

客先常駐SEから脱出できる、おすすめIT転職エージェント

本気で客先常駐からの転職を考えるなら、IT転職エージェントを使いましょう。

ガチで厳選したおすすめIT転職エージェントはこちら。

|20代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!

|エンジニア転職実績No.1!

|社内SEの求人数トップクラスの特化エージェント!

特には、「客先常駐以外」の求人のみを取り扱っているIT転職エージェント。

「社内SE」はもちろん、「受託」や「自社開発」など、社内で仕事ができる企業だけを紹介してくれます。

客先常駐SEの悩みをわかってくれるアドバイザーが親切に対応してくれるので、絶対に登録しておきたいIT転職エージェントです。

\社内SEの求人数がトップクラス/

「無料」登録後もお金は一切かかりません

客先常駐がメインでも、優良企業はあるということ

補足として、客先常駐をメインにしている優良企業はあるということ。

  • リーダーやマネジメント経験をさせてくれる
  • 定年までのキャリアプランを考えてくれる
  • 客先へは体制で出入り、フォローが充実している

上記のような会社です。

客先常駐のメリットは、いろいろな人と仕事ができて、新しい環境と会社に出会えることです。

エンジニア

超大手や有名企業で働けるのはうれしいよね!

ライヲン

嫌な人と仕事をすることになっても、客先常駐なら現場を変えれば大丈夫だからね!

将来性のある優良企業でなら、客先常駐でもOKという方もいると思います。

【徹底解説】SESの優良企業とは?5つの特徴と転職方法を大公開」では、優良な客先常駐企業を見つける方法を解説しているので、気になる方はご覧ください。

まとめ:35歳までを目安に行動を開始すべし

本記事のポイントをまとめました。

  1. 40代・50代の客先常駐SEが活躍するには、①リーダー経験、②若手の育成、③最新技術の対応、が必要
  2. リーダー経験や強みがない40代・50代の客先常駐SEはやばい
  3. 40代・50代から自社開発や社内SEへの転職はむずかしい
  4. 客先常駐SEから脱出するなら、社内SE転職ナビがおすすめ
  5. 補足として、客先常駐がメインでも優良企業はある

こんな感じです。

最後にお伝えしたいこととして、客先常駐を脱出するなら「35歳まで」を目安に行動を開始すべきということ。

「人気企業」、「自社開発」、「社内SE」の求人は、少ない上に応募も多くあります。

年齢が高いエンジニアほどハードルが上がるので、勝負をかけるなら「35歳まで」がギリギリかなと。

若手枠として採用してくれる会社も多いので、客先常駐から脱出したいなら「今すぐにでも行動」してください。

対策として、チャンスはいつ来るか分からないので、IT転職エージェントに2つ~3つ登録して情報収集を始めておきましょう。

5分ほどで登録ができるし、一度登録しておけば希望の求人が自動で送信されてきますので。

需要がある20代~30代の期間はあっという間に過ぎてしまうので、思考停止せず動いてくださいね”

客先常駐SEから脱出できるIT転職エージェント

|20代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!

|エンジニア転職実績No.1!

|社内SEの求人数トップクラスの特化エージェント!

参考記事:【経験別】エンジニア向けIT転職エージェントおすすめ10選!ランキング形式でご紹介

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる