SES事業とは?新人の営業・エンジニアへ伝えるビジネスモデルについて

SES事業を知りたい人

「IT業界のSES事業って何をするんだろう?

イマイチ分からないや、、、。

IT知識がないけど大丈夫なのかな?」

こういった悩みを解決します。

本記事のテーマ

  1. SES事業とは?
  2. SES事業のビジネスモデルとは?
  3. SES業界の営業って何をするの?
  4. SESエンジニアって何をするの?
  5. IT業界は未経験でも大丈夫?

この記事を書いている僕は、未経験からSES業界へ転職して8年。

現在は、営業マネジメントと採用の両方で奮闘中です。

そんな業界経験8年の僕から、「SESって何?」という方へ「SES事業」と「SES業界の営業・エンジニア」についてお伝えしたいと思います。

※今回は簡単な概要についてのお話しですが、より詳しい内容は参考リンクも掲載しているのでご覧ください。

目次

SES事業とは?

SESとは「システムエンジニアリングサービス」を略した呼び方で、IT業界での契約や働き方の一つ。

具体的には、次のような内容です。

  • 客先のITプロジェクトにエンジニアを紹介する
  • 客先のITプロジェクト内でエンジニアに働いてもらう
  • エンジニアの働いた時間(技術力・労働力提供)で報酬をもらう

日本はエンジニア不足なので、大手や上場企業でも人が足りない状況。

そのため、1つのプロジェクト毎にエンジニアを社内外から集め、システム開発をしています。

「必要なスキル」「時期」「期間」「場所」にあわせて、エンジニアを紹介し、働いてもらうのがSES事業です。

SES事業のビジネスモデルとは?

エンジニアが「働いた時間(技術力・労働力提供)」の対価としてお金をもらうこと。

基本は1ヶ月ごとの「契約金額」を決め、指定の日数を働いたら「報酬」が発生。

次のようなイメージです。

SESのポイントは「実際にシステムを作れたかではない」こと。

指定期間に「エンジニアが仕事をしたか」が重要です。

成果については完成したシステムではなく、エンジニアが働いたことを証明する「勤務表」などが成果物になります。

ライヲン

モラルや常識的として、指定期間はしっかり働かないとだめですよ!

お客様先で働くのは派遣じゃないの?

SESは「準委任( SES契約)」と呼ばれる契約で仕事をします。

IT業界での契約は、主に次の3つがあります。

  • 準委任(SES)契約
  • 派遣契約
  • 請負契約

まずは、3つの契約があるとだけ覚えておけばオッケーです!

より詳しく知りたい方は、SES契約と派遣・請負の違いをまとめた記事があるのでご覧ください。

SES企業って自社でシステム開発はやらないの?

結論、やります。

SESだけじゃなく、次のような開発も一緒にやる会社はあります。

  • 自社サービス(自社開発)
  • お客様に依頼されたシステムを社内で開発(受託開発)

ただ、SES事業しかしていない会社もあるので、自分がどういう働き方をしたいか考えて会社を選んでくださいね。

自社開発や受託開発とSESの違いについては、次の記事で詳しく解説しています。

参考記事①:【絶対成功】SESから自社開発(Web系)へ転職は可能!3つの理由と方法を解説

参考記事②;【受託開発とSES】違いを5つのポイントで比較してみた

SES業界の営業って何をするの?

SES営業は「エンジニアとプロジェクトをつなぐ」ことが仕事。

具体的には、次のような感じです。

  1. エンジニアが不足しているプロジェクトを探す
  2. スキルをいかせるプロジェクトを探している技術者を探す
  3. プロジェクトとエンジニアをつなぐ
  4. エンジニアが働いた時間の対価をプロジェクト先からもらう

需要(プロジェクト先)と供給(エンジニア)のかけ橋になることが、SES営業の仕事です。

詳しくは「SES営業とは?知っておくべき仕事内容と3つのポイント【初心者向け】」をご覧ください。

SESエンジニアって何をするの?

SESエンジニアは、「客先のプロジェクトに参加する」ことが仕事です。

  1. 営業がエンジニアとプロジェクトをつなぐ
  2. 指定された期間に客先のプロジェクトで働く
  3. 契約が終了したら次のプロジェクトへ向かう

短い期間だと「数か月」、長いと「数年」単位で、一つのプロジェクトに参加します。

SES事業のエンジニアは、いろいろなプロジェクトにかかわって働けるし、一つのプロジェクトでじっくりと仕事ができるのも特徴です。

SESエンジニアについては、「【結論】未経験→SESエンジニアはあり!【ただ、会社選びが重要】」の記事をご覧ください。

IT業界は未経験でも大丈夫?

結論、大丈夫です

SESをメインにしている会社は、「IT業界が未経験の転職者」や「文系出身の新卒」を積極的に採用している会社が多いので。

理由は、IT業界全体が「人材不足」だから。

SESをメインにしている会社は中小企業が多いため、経験者の採用がなかなか難しい・・・。

そのため、「自社で育てよう」ということで「やる気のある新人」を採用し、一から研修し育てることが多いです。

実際、僕の働いている会社も、業界未経験の「営業」、「エンジニア」を採用していますよ。

ライヲン

僕も今の会社には未経験から入社しました!

SES業界は、「新人から育てよう!」という意識が強いので、未経験dめお「やる気」があれば活躍できます。

ただし、悪質な会社もあるので気をつけてくださいね。

【危険】SESブラック企業の特徴5つ!やめたほうがいい会社を見極めよう」では、ブラック企業の特徴をまとめてあります。

まとめ

本記事のポイントをまとめました。

  • SESはIT業界内の働き方、契約の一つ
  • エンジニアが働いた時間の対価をもらうビジネスモデル
  • SESと派遣は契約がちがう
  • 会社によってSESのみ、自社開発のみ、両方がある
  • 未経験や新人でも会社選びを間違えなければ大丈夫
  • 営業はエンジニアとプロジェクトをつなぐ仕事
  • エンジニアはいろいろなプロジェクトで働く

SESとは「エンジニアとプロジェクトをつなぐ」という、分かりやすい事業です。

未経験でも積極的に採用している会社も多いため、はじめてでも「やる気」があれば活躍できますよ。

最後に、SESに転職するなら絶対に活用してもらいたい「転職エージェント」をご紹介して、今回は終わりたいと思います。

未経験エンジニアにおすすめの転職エージェント

未経験SES営業におすすめの転職エージェント

業界No.1の実績と求人数の転職エージェント|迷ったら1択です!

高い質のアドバイザーが合格まで丁寧なフォロー|ITも強いエージェントです!

20代・第二新卒・既卒に特化した転職エージェント|初めての転職も安心です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる