SES

SES事業とは?新人の営業・エンジニアへ伝えるビジネスモデルについて

SES事業を知りたい人

「IT業界のSES事業って何するんだろう?未経験だけどチャレンジしよう!って転職を決意したけれど、イマイチ分からない…IT知識がないけど大丈夫なのかな?」

このような疑問にお答えさせていただきます!

本記事のテーマ

  • SES事業がはじめての方でも分かるビジネスモデルの説明
  • SES事業の営業・エンジニアの仕事内容

SES業界へ未経験から転職し、5年以上経過した私は現在、営業マネジメントと採用の両方で奮闘中。

ぶっちゃけ入社した最初は、イマイチ業界や仕事内容は分かっていませんでした!

そんな、業界現役の私から、業界がはじめてで不安という方へ「SES事業の概要」と「新人でも大丈夫な点」をお伝えしたいと思います。

※今回は簡単な概要についてお話しますが、より詳細な内容は参考リンクとして記事の掲載もしていますのでご確認ください。

SES事業ってなんだろう?

SESとは「システムエンジニアリングサービス」を略した呼び方で、IT業界での契約や働き方の一つです。

具体的には次のような内容になります。

  • お客様が希望するスキルをもったITエンジニアを紹介する
  • お客様先のプロジェクトでITエンジニアに働いてもらう
  • ITエンジニアの働いた時間(技術力・労働力提供)で対価をもらう

日本はITエンジニアが不足しているため、どんなに大きな会社でも、自社だけだと人が足りない状況です。

プロジェクトごとにITエンジニアを社内外から集めて、働いてもらうことにより、システムは作られています。

必要なスキル・時期・期間・場所にあわせて、ITエンジニアを紹介し、活躍してもらうのがSESになります。

SES事業のビジネスモデルって?

SES事業のビジネスモデルは、「ITエンジニアが、働いた時間(技術力・労働力提供)の対価としてお金をもらうこと」です。

基本的に1ヶ月働くにあたっての契約金額を決め、指定日数を働いたら報酬が発生します。

SES業界では、プロジェクト先で働くことを「稼働」と呼んでいます。

具体的には図のようなイメージとなります。

SESのポイントは、実際にシステムを作れたかではありません。

指定された期間や日数のあいだに、エンジニアが仕事をおこなったかどうかが重要になります。

そのため、お客様先へ提出するのは、完成した製品やシステムではなく、1ヶ月の指定期間にエンジニアが働いたことを証明する、勤務表などが成果物となります。

雷音
雷音
モラルや常識的には、指定された期間はキチンと働いて、システムを作らないとだめですよ!

お客様先で働くのは派遣じゃないの?

SESは「準委任契約( SES契約)」と呼ばれる契約をおこなうことになります。

IT業界でエンジニアが働く契約は、主に次の3つの契約があります。

  • 準委任(SES)契約:エンジニアはお客様先で働くが、指揮は自社からされる
  • 派遣契約:エンジニアをプロジェクト先へ派遣し、現場で指揮を受ける
  • 契約請負契約:システム完成までをゴールとして依頼を受け、納品までする

まずは、3つの契約があるとだけ覚えておけばオッケーです!

SES契約とは?派遣・請負との違いをまとめて解説【営業必読】 SES契約と派遣、請負の違いが分からない人 「SES契約ってイマイチ分からないな…準委任契約?派遣?請負?いろ...

 SES会社って自社でシステム開発やることはないの?

結論は、あります!
ただし、SES事業しかしていない会社では、自社での開発はありません。

例えば、次のような会社は、自社内でもシステム開発をしています。

  • 自社オリジナルのシステムなどを作っている
  • お客様に依頼されたシステムを社内で作っている

SES事業といっしょに自社内で開発をしている会社はあります。

自分がどういう働き方をしたいか考えて、会社選びはしてくださいね。

  • 自社内だけ=100%社内開発の会社
  • 自社・社外両方=SES事業と社内開発の会社
  • 社外=SES事業がメインの会社

自社内開発、社外開発のメリット・デメリットは別で記事を準備しますのでご覧ください。

初めてのIT業界だけど大丈夫かな?

 

結論は、大丈夫!

SESをメインにしている会社は、IT業界が未経験の転職者や、文系出身の新卒を積極的に採用している会社が多いんです。

理由は、IT業界全体が、圧倒的な「人材不足」だからです!

SESをメインにしている会社は中小企業が多いため、経験者の採用がなかなか難しい・・・

やっぱり経験者は、大手や名前が知られている会社を志望することが多いですからね。

そのため、中小企業が人手不足をなんとかするには、「自社で育てよう」という考えになり、「やる気のある新人」を採用し、一から研修し育てることが多いのです。

実際、私の働いている会社も業界未経験の営業、エンジニアを積極採用し、一から研修をおこなっています。

雷音
雷音
私も未経験から入社しましたが、今では営業マネジメントをして、採用にもかかわらせてもらっています!

SES業界は、新人から育てようという意識が高いため、はじめての方でも「やる気」があれば活躍できるんです!

ただし、「研修します!」と打ち出している会社でも、「ほとんど研修がない」悪質な会社もあるので、初めての方は研修内容を具体的に聞くことは、忘れないようにしてくださいね。

SES営業って何するの?

SES営業は「エンジニアとプロジェクトをつなぐ」ことが仕事です。

具体的には次のような感じです。

  1. エンジニアが不足しているプロジェクトを探す
  2. スキルをいかせるプロジェクトを探している技術者を探す
  3. プロジェクトとエンジニアをつなぐ
  4. エンジニアが働いた時間の対価をプロジェクト先からもらう

※1と2はどちらが先でも問題ありません。

需要(プロジェクト先)と供給(エンジニア)のかけ橋になることが、SES営業の仕事です。

SES営業とは?知っておくべき仕事内容と3つのポイント【初心者向け】 はじめてSES営業をやることになった人 「転職してIT業界でSES営業をやることになったけど、具体的に何するんだろ...

エンジニアって何するの?

SESエンジニアは「自社の社員として客先のプロジェクトに参加する」ことが仕事です。

  • 営業がエンジニアとプロジェクトをつなぐ
  • 指定された期間に客先のプロジェクトで働く
  • 契約が終了したら次のプロジェクトへ向かう

短い人で数か月、長い人で数年単位で一つのプロジェクトに参加することになります。

SES事業のエンジニアは、いろいろなプロジェクトにかかわって働けるし、一つのプロジェクトでじっくりと仕事ができるのも特徴です。

【超基本】SESエンジニアとは?3つのポイントで解説します! SESエンジニアについて知りたい人 「ITに興味あるけど、SESエンジニアって何だろう? 仕事内容や働き方が分か...

まとめ

SESとは、エンジニアとプロジェクトをつなぐという、分かりやすい事業です。

未経験の方を積極的に採用している会社も多いため、はじめての方でも「やる気」があれば活躍できます。

SESとは?
  • SESはIT業界内の働き方、契約の一つ
  • エンジニアが働いた時間の対価をもらうビジネスモデル
  • SESと派遣は契約がちがう
  • 会社によってSESのみ、自社開発のみ、両方がある
  • 未経験や新人でも会社選びを間違えなければ大丈夫
  • 営業はエンジニアとプロジェクトをつなぐ仕事
  • エンジニアはいろいろなプロジェクトで働く

それでは、今回は以上になります。

今から転職を考えている方、SES業界に興味がある方に少しでも参考になったら嬉しいです!

【未経験からSES営業へ】転職してよかった理由5選!【残業減りました】SES営業への転職を考えていますか?本記事では、僕がSES営業へ転職した体験談とよかった点をご紹介します。残業は減り、年収はアップ、ワークライフバランスのとれた毎日が送れるようになりました。「SES営業に転職したい」「ワークライフバランスが取れた生活がしたい」なら、本記事は必見です。...