エンジニア

【超基本】SESエンジニアとは?3つのポイントで解説します!

SESエンジニアについて知りたい人

「ITに興味あるけど、SESエンジニアって何だろう?
仕事内容や働き方が分からないと不安なので、業界の人の話を聞きたいです」

このような疑問にお答えさせていただきます!

本記事のテーマ

  • SESエンジニアについて解説【3つのポイント】
  • SESは未経験からエンジニアにチャレンジできる

この記事を書いている私は、SES業界で営業と採用歴が5年以上。

エンジニア希望
エンジニア希望
エンジニアとして働いてみたいけど、SESってイマイチ分かりません・・・

採用の面接しているとわりと多いです。

本記事では「SESエンジニアって何?」の疑問に答えるように解説していきます。

ぶっちゃけ、超初心者向けの内容になっていますので、簡単に読めると思います。

SESはシステムエンジニアリングサービスの略称

SESは「System Engineering Service(システムエンジニアリングサービス)」の略です。

簡単にいうと、「エンジニアが客先で仕事をして、技術力や労働力を提供するサービス」が訳です

具体的には、ウェブサイトやアプリ、システムの開発、インフラの設計や構築を客先で行うことですね。

SES事業とは?新人の営業・エンジニアへ伝えるビジネスモデルについてIT業界のSES事業について知りたいですか?本記事では、SES事業の具体的なビジネスモデルを解説します。また、SES業界の新人向けに営業やエンジニアの仕事内容も紹介します。これからSES業界で働きたいと考えている方は、是非記事をご覧ください。...

詳しいビジネスモデルはこちらに書いていますので、合わせてどうぞ。

SESエンジニアとは【3つのポイント】

次のような働き方になるのが、SESエンジニアです。

  • 客先常駐で働く
  • 常駐先ごとにプロジェクトがかわる
  • SESの契約は働いた時間が重要

一つひとつ解説していきますね!

客先常駐で働く

SESエンジニアは、自社ではなく、顧客のプロジェクト内で仕事をします。
このことを「客先常駐」と呼びます。

働く場所はIT企業もあれば、他業界の会社もあってさまざまです。

自社内でシステム開発をしている会社だと、SESエンジニアで採用されても、社内で開発することもありますが、客先で働くのが基本ですね。

常駐先ってどう決めるの?

常駐先は、次の3点を考えて決めていきます。

  • スキル(できる?できない?)
  • 金額(スキルから相場で考える)
  • 通勤(60分以内が普通))

会社の規模や、取引が拡大できるかなども、企業によっては選ぶ基準になったりしています。

常駐先って選べるの?

結論、会社によります。

「スキル・金額・通勤」をベースに、営業が常駐先を決める会社もあれば、エンジニアが案件を選ぶ企業もあります。

個人的な感覚値では、こんな感じの割合ですね。

  • 営業主体:80%
  • エンジニア主体:20%

確定させる前に、エンジニアへ確認することはありますが、営業主体で決めていくことが多いですね。

ただ、スキルが高いエンジニアは、わりと常駐先を選べている印象はあります。

雷音さん
雷音さん
金額や内容など、100%エンジニア判断という取引先もあります

会社によって基準はさまざまという状況です。

プロジェクトごとに常駐先がかわる

SESで働くエンジニアは、常駐先ごとに契約の期間を決めて仕事をします。

四半期(3か月)ごとで更新することが多いですが、毎月の更新など常駐先によって異なります。

短いと1ヶ月以内、長いと数年は継続して、同じ常駐先で働きますね。

常駐先がかわるときって?

契約が終了したとき、次の常駐先へとかわります。

次のような場合に契約が終了します。

  • プロジェクトが予定通り終了したとき
  • 契約終了といわれたとき
  • 終了の依頼をしたとき

基本的には更新のタイミングで契約の終了・継続の判断をしていきます。

ただ、これ以外にも予期せぬトラブルで早期に契約が終わることもあります。

次の常駐先の決め方は?

SESの契約は、基本的に1ヶ月前に継続・終了がわかります。

終了がわかったタイミングで次の常駐先を探しはじめます。
イメージは次のような流れです。

  1. 終了の連絡
  2. 次の常駐先について相談
  3. 常駐先の案内
  4. 常駐先の面談
  5. 次の常駐先を確定
  6. 今の現場が終わったら、次の常駐先での仕事が開始

客先との面談は、「スキルは大丈夫か?」・「内容は大丈夫か」などを双方で確認しあう、面接みたいなものです。

SESの契約は働いた時間が重要

SESエンジニアの成果は稼働したかどうかです。

具体的にはシステムを納品したかではなく、指定された時間を仕事したかどうかが、成果になります。

なぜなら、SESは準委任契約( SES契約)と呼ばれる契約をしているからです。

この契約は「働いた時間(技術の提供をした時間)」で、顧客の支払いが決まります。

雷音さん
雷音さん
仕事ですので、求められているならちゃんとやりきるのが普通ですよ!

SESは未経験からエンジニアにチャレンジできます

+αでお伝えするなら、SESエンジニアは未経験からITの技術者にチャレンジできます。

理由は、IT業界は圧倒的な人手不足だからです。

特にSESをメインにしている中小企業のエンジニア不足は深刻です・・・

  • 大手企業にエンジニア経験者の採用で負けてしまう
  • 知名度が少ないから応募がこない
  • エンジニアが売り手市場なので転職されてしまう

ぶっちゃけ、上場しているIT企業でも同じ悩みを抱えているので、中小企業はさらに大変な状況です。

そのため、中小企業としては「未経験の方を一から研修して育てる」という戦略をとっています。

雷音さん
雷音さん
私も中小企業なので、積極的に未経験者の採用をおこなって、自社で育てています!

業界は人材不足で大変ですが、「エンジニアへ転職したい方」、「文系から技術者にチャレンジしたい方」にとっては、逆にチャンスですね。

ただ、会社の当たりハズレがあるので、研修の内容やサポート体制はチェックしてください。

まとめ

今回はSESエンジニアについてご紹介いたしました。

  • 客先に常駐して働く
  • プロジェクトごとに常駐先が変更
  • 働いた時間が重要
  • SESの中小企業は未経験を一から育てる

SESエンジニアのイメージはできましたでしょうか?

SESエンジニアはいろいろなプロジェクトにかかわれるので、スキルが身についたり、人脈が広がったりしますよ!

というわけで今回は以上です。
最後までお付き合いありがとうございました!