インフラ業界はやめとけ?インフラエンジニアのブラック企業の特徴3つを解説

記事のまとめ

インフラエンジアはブラックなのか?

本記事では、「インフラ業界はやめとけ」の理由を説明しつつ、

インフラエンジニアのブラック企業が一番の原因ということを解説します。

エンジニア

どうして「インフラ業界はやめとけ」なんて言われているの?

ライヲン

一部のブラック企業がヒドイからだよ!

結論から言うと、「インフラ業界はやめとけ!」の原因は、

インフラエンジニアを採用する一部のブラック企業が原因です。

本記事では、「インフラエンジニアはブラックなのか?」と不安になっている方へ、

「インフラ業界はやめとけ」の理由と、解決策をお伝えします。

重要なお知らせ!

インフラエンジニアのブラック企業を避けるなら、インフラエンジニア向けIT転職エージェントを使いましょう。

専任のIT転職アドバイザーが、あなたの希望にあった会社を紹介してくれます。

完全無料で使えるので、登録しておいて損はないですよ。

おすすめIT転職エージェント(PR含む)

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    優良企業が多数!20代・30代に強い!国内最大級のIT転職エージェント!
  • Geekly(ギークリー)
    【公式】
    年収UP率84%!Web系・自社開発に強い!特化型のIT転職エージェント!

未経験エンジニア向け

  • ユニゾンキャリア
    【公式】
    未経験エンジニアに特化!ホワイト企業が豊富なIT転職エージェント!
  • はじめてのエンジニア
    【公式】
    IT未経験OK!学歴不問・人物重視のポテンシャル採用をしている企業を紹介

※各社のプロモーションを含みます。

本記事ではプロモーションを含みます。

SES初心者ナビが紹介する商品・サービスの一部には広告リンクが含まれており、当サイトを経由して申し込みのあった場合は、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし、当サイトのランキングや商品・サービス評価に関して、提携および報酬の有無が影響を及ぼすことはありません。

タップできる目次

「インフラ業界はやめとけ」はブラック企業が原因

「インフラ業界はやめとけ」と言われてしまうのは、

インフラエンジニアを採用する一部のブラック企業が原因です。

ブラック企業の特徴
  • 長時間労働をさせる
  • 代休をとらせてくれない
  • 残業代をきちんと支払わない
  • 給与の低い仕事を続けさせる
  • 業務が変わらないので経験をつめない
  • キャリアアップのための相談ができない
  • 夜間・休日対応が当たり前

上記のような一部のブラック企業のせいで、

インフラ業界はやめとけと言われてしまっています。

とはいえ、お伝えしたいのがすべての会社がブラックじゃないということ。

そもそも、インフラエンジニアは給料も高く将来性がある仕事。

しかも意外と楽ともいわれています。

このあたりは、「インフラエンジニア優良企業ランキング!おすすめホワイト企業50社を一覧で掲載」の記事でもご紹介しています。

インフラエンジニアのブラック企業の特徴3つ

インフラエンジニアのブラック企業の特徴をみていきましょう。

①:下請けで給料が低すぎる

IT業界は多重下請け構造。

次のように下請企業になればなるほど、

間の会社にマージンをとられるので、エンジニアの給料は低くなってしまいます。

また、下請企業のインフラエンジニアは、以下のような未経験からでもできる仕事が多いため、

給料アップがしづらいのも問題です。

  • 運用保守・監視
  • 障害対応
  • IT機器の修理・交換対応

未経験インフラエンジアの入口としては良いのですが、

将来性を考えると、上流と呼ばれる「設計・構築」の仕事ができるようになる必要があります。

また注意点として、「設計・構築」の仕事だとしても、下請けすぎる会社だとやはり給与が低い傾向があります。

所属する会社が「どこの立ち位置にいるのか?』は大切だと覚えておきましょう!

②:夜勤・休日出勤を当たり前にさせる

インフラエンジニアの「運用保守」の仕事では、

24時間365日のシフトや交代制の職場が多く、休日や夜間にも業務があります。

また、「設計・構築」の担当でも、運用保守チームでは解決できない障害が発生した場合は、

深夜や休日で対応する場合もあります。

ライヲン

インフラエンジニアの仕事だと、ある程度の夜勤や休日出勤は仕方ないんだよね!

とはいえ、長時間残業や深夜労働は当たり前で、フォローが何もない会社があります…。

  • 長時間の残業
  • 代休・振替休がとれない
  • 夜勤や深夜対応しかさせない

上記のような、夜勤や休日出勤を当たり前のようにさせる会社で働くのはやめましょう。

体調を崩してしまいますので。

③:単純作業でスキルアップができない

未経験インフラエンジニアが担当することが多い、「運用・保守・監視」の仕事でよくみられるケースです。

  • 仕事がルーチン作業になりがち
  • 決まった手順以外できない
  • 学べることに限界がある

「運用・保守・監視」は手順書があるので、未経験からでも仕事がしやすく簡単です。

トラブルが起きなければ定時で帰れることも多いので、最初のうちは楽しいと思います。

ですが、慣れてくると同じことの繰り返しなので、スキルアップはできません。

エンジニア

最初は良いけど、単純作業だからあきてくるんだよね…。

エンジニアの将来を考えないような会社だと、30代・40代でも同じ仕事をさせられます。

結果として、給料も上がらず、やる気もなくしてしまう可能性が…。

最初は良くても、「運用・保守・監視」の単純作業しかないような会社はやめておきましょう。

インフラエンジニアはブラックじゃない!3つの魅力

結論から言うと、インフラエンジニアはブラックではないです。

未経験からの採用を積極的にしている会社も多く、将来性もある仕事です。

それぞれ、チェックしていきましょう。

①:平均年収は高め

給与ナビで確認すると、インフラエンジニアの平均年収は547万円と高め!

サラリーマンの平均年収は400万後半なので100万円ほど高い計算です。

特に、インフラエンジニアの中でも年収が高いのは、設計・構築といった上流工程の仕事。

に登録するとわかりますが、下記のような年収1,000万円以上の求人もありますので!

②:常に需要がある

2030年にはエンジニアが最大で約76万人も不足するといわれています。

この状況なので、各企業はエンジニアの採用に力を入れていて、

経験のあるインフラエンジニアも取り合いです。

また、企業だけでなく個人の暮らしなど、あらゆるところにIT技術が活用されるようになりました。

  • IT技術を取り入れた農業・漁業・林業
  • 病院や公共施設
  • 国のデジタル改革(DX)の推進
  • スマホやスマート家電などの暮らしのIT化

急速なIT化が進んでいることで、インフラエンジニアの需要は伸びつづけています。

③:社会で必要不可欠な仕事

インフラエンジニアの仕事は身近なところにも関わっています。

身近なインフラエンジニアの仕事
  • 電車の運行表示
  • 金融系の取引・ATM
  • 動画配信サービス
  • 病院の診察記録
  • 無料で使えるお店のWifi

などなど・・・。

これらのサービスは安定したITインフラがあるからこそ、気軽に利用できるサービスとなっています。

インフラエンジニアは社会に大きく貢献している、非常にやりがいのある仕事と言えます。

インフラエンジニアのブラック企業を避ける方法

何度かお伝えしましたが、

「インフラ業界はやめとけ』と言われるのは、一部のインフラエンジニアを採用するブラック企業が理由です。

逆に言えば、ブラック企業をしっかり見極めて、優良ホワイト企業に転職すれば問題ありません。

目指すべき企業の特徴
  • 未経験エンジニアの教育・研修が充実している
  • エンジニアの成長に合わせて設計・構築の経験をつませてくれる
  • 会社や先輩のサポートがある

とはいえ、どうやって優良企業を探せばいいかわかりませんよね?

  • はじめて転職するから不安
  • 知り合いにインフラエンジニアがいないから相談できない
  • ブラック企業の見極め方がわからない

こんな悩みを抱えている人は多いでしょう。

結論として、優良企業に転職したいなら、

IT転職のプロに無料相談できる、転職エージェントを使うのがおすすめな方法です。

IT転職エージェントとは
  • 完全無料のIT転職支援サービス
  • IT転職のプロがキャリア相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにはない人気企業の求人がある
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる

転職サイトとの違いは、IT転職のプロがあなたに合った優良求人を紹介してくれて、

合格までのサポートを無料でしてくれることです。

ライヲン

転職エージェントは信頼が大事!
希望に合った求人を本気で紹介してくれるし、転職相談にも乗ってくれるよ!

エンジニア

はじめての転職だったりすると安心だね!

ぶっちゃけ、1人で転職活動をしてもブラック企業を見極めるのは大変だし、優良企業も見つかりにくいです。

IT転職エージェントなら5分で登録できるので、気軽に使ってみましょう。

ちなみに、転職成功者は平均4.2社の転職サービスを使っているので、優良企業にいきたいなら複数登録するのがポイントです。

おすすめIT転職エージェント(PR含む)

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    優良企業が多数!20代・30代に強い!国内最大級のIT転職エージェント!
  • Geekly(ギークリー)
    【公式】
    年収UP率84%!Web系・自社開発に強い!特化型のIT転職エージェント!

未経験エンジニア向け

  • ユニゾンキャリア
    【公式】
    未経験エンジニアに特化!ホワイト企業が豊富なIT転職エージェント!
  • はじめてのエンジニア
    【公式】
    IT未経験OK!学歴不問・人物重視のポテンシャル採用をしている企業を紹介

※各社のプロモーションを含みます。

インフラエンジニアはブラックなのか?まとめ

本記事のポイントをまとめました。

  • インフラエンジニアはブラックではない
  • インフラ業界にはブラック企業がある
  • ブラックな会社は避ける
  • ブラック企業じゃなければインフラエンジニアはOK
  • IT転職エージェントを使えば優良企業が見つかる

こんな感じです。

インフラエンジニアに限らず、転職活動は会社選びが大切です。

どんな仕事でも、環境によって変わりますからね。

あなたにとって、最適な環境で働くには、IT転職エージェントに相談してみましょう。

IT転職のプロが、あなたの転職を無料でサポートしてくれますよ。

おすすめIT転職エージェント(PR含む)

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    優良企業が多数!20代・30代に強い!国内最大級のIT転職エージェント!
  • Geekly(ギークリー)
    【公式】
    年収UP率84%!Web系・自社開発に強い!特化型のIT転職エージェント!

未経験エンジニア向け

  • ユニゾンキャリア
    【公式】
    未経験エンジニアに特化!ホワイト企業が豊富なIT転職エージェント!
  • はじめてのエンジニア
    【公式】
    IT未経験OK!学歴不問・人物重視のポテンシャル採用をしている企業を紹介

※各社のプロモーションを含みます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次