【インフラエンジニアorプログラマー】どっちに転職すべき?【8つの項目で比較】

記事のまとめ

インフラエンジニアorプログラマーどっちに転職すべきなのか?

IT業界が完全未経験ならインフラエンジニア、Webやアプリ開発がしたいならプログラマーがおすすめ。

とはいえ、どっちを選んでもOKです。

今回はインフラエンジニアとプログラマー違いを8つの項目で徹底解説しています。

どちらを目指すべきか悩んでいる未経験エンジニアの人は、ぜひ参考にしてください!

未経験からエンジニアを目指すなら、インフラエンジニア」と「プログラマー」どっちが良いか?

こんな悩みがある方向けに、年収、難易度、将来性、残業、働き方・・・など、

インフラエンジニアとプログラマーの違い」を8つの項目でわかりやすくご紹介します。

エンジニア

IT業界は初心者だけど、どっちが良いんだろう?

ライヲン

基本はどっちを選んでもOK!
働き方や仕事内容の違いを見比べて、気になる方を選ぼう!

また本記事では、インフラエンジニアとプログラマーの失敗しない選び方や転職方法も解説。

これからエンジニアに転職を考えているなら、ぜひご覧ください!

重要なお知らせ!

インフラエンジニアとプログラマーのどっちに転職すべきか悩んだら「IT転職エージェントに相談する」のがおすすめです!

未経験向けの完全無料で使えて、IT転職のプロが優良求人の紹介から書類作成までフォローしてくれますので。

少しでも悩んでいるなら、IT転職のプロに相談だけでもしてみましょう!

IT未経験おすすめ転職エージェント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!
目次

結論:インフラエンジニアとプログラマーどっちが良いのか?

結論として、「あなたがどんな仕事・働き方をしたいかで決めてOK」です。

どっちが上とかはないので、安心してください。

ただ、IT業界の知識や経験がまったくないなら、インフラエンジニアの方が未経験からの難易度は低いのでオススメかなと。

  • 完全にIT未経験:『インフラエンジニア』
  • Webサイトやアプリ開発がしたい:『プログラマー』

とはいえ、まずはそれぞれの仕事内容をみて考えてみましょう!

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアはIT環境に絶対必要なシステムの土台を作り、支える仕事

IT環境の基礎となる、サーバーやネットワークの設計・構築・運用をします。

  • 『設計』:お客様の要望を聞いて、適切なインフラ環境を考える仕事
  • 『構築』:サーバーやネットワーク機器に対して、設計されたインフラ環境を実際に作る
  • 『運用』:構築したインフラ環境が、常に問題なく動き続けられるようにする

未経験の場合、まずは運用からスタートして、設計や構築の作業にステップアップするのが一般的です。

また、最近ではインフラエンジニアでもプログラミングスキルが必要になる場面が増えてきました。

詳しくは、「【インフラエンジニアとは?】わかりやすく仕事内容や種類を解説【未経験向け】」の記事をご覧ください。

プログラマーの仕事内容

プログラマー(PG)はプログラミング言語とよばれる、

コンピューターに命令・指示するために使う専用の言葉を使ってWebサイトやアプリを作る仕事

一言でプログラミング言語と言ってもたくさんあり、作るアプリやサイトによって使う言語は違います。

  • PHP
  • Python
  • Ruby
  • Java
  • JavaScript
  • Perl

こんな感じですね。

ちなみに、システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いはこちら。

  • システムエンジニア(SE):「システムの設計」をする人
  • プログラマー(PG):「システムを製造」する人。

「作る」プログラマーがステップアップして、「企画・設計する」システムエンジニアになると思えばOKです。

このあたりの違いについては、【比較】システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いとは?【役割・年収・スキル】の記事もご覧ください。

どっちが良いかわからなければIT転職のプロに相談しよう

IT転職エージェントに登録して、IT転職の専門家に相談するのも1つの方法です。

あなたの希望や考え方を聞いて、どっちがあってるかを一緒に考えてくれたりしますので。

また、未経験向けの研修が充実したホワイト企業を紹介してくれたり、履歴書や職歴書の作成もフォローしてくれますよ!

IT転職エージェントとは
  • 完全無料のIT転職支援サービス
  • IT転職のプロがキャリア相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにはない人気企業の求人がある
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる
  • 入社時期・条件の交渉をしてくれる

しかも、IT転職エージェントは完全無料で使えるが、うれしいポイント。

相談だけならノーリスクですから、まずは登録してみることをオススメします!

ちなみに、未経験エンジニアに強いIT転職エージェントは次の3つ。

IT未経験おすすめ転職エージェント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!

どこに登録するか悩んだら、ウズキャリITDYM就職×IT未経験の2つは登録しておきましょう!

いくつか使ってみて、自分にあったIT転職エージェントを選ぶのが転職成功のポイントですよ。

迷ったら登録すべき2社
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント

複数のエージェントに登録しよう

  1. 自分に合った良い担当者と出会える
  2. 希望の案件を見つけやすい
  3. 転職成功者は平均4.2社を利用

インフラエンジニアとプログラマーの違い【8つの項目で比較】

この章では、インフラエンジニアとプログラマーの違いを8つの項目で比較してご紹介します。

早見表として一覧でもまとめました。

項目インフラエンジニアプログラマー
年収高い高い
難易度低いやや高い
人気低い高い
将来性高いやや高い
技術変化遅い早い
残業少ない多い
夜勤休出多い少ない
働き方自由度が低い自由度が高い

一つずつ見ていきましょう!

①:年収

一般的なサラリーマンの平均に比べると、どちらも高い年収がもらえます。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 高い
  • 平均年収547万円
  • 高い
  • 平均年収436万円
    ※システムエンジニアは550万円

求人ボックス 給与ナビだとインフラエンジニアの平均年収は547万円、プログラマーは436万円。

ただ、システムエンジニアの平均年収は550万円ほどなので、インフラエンジニアと違いはありません。

引用:政府統計の総合窓口(e-stat)-平成29年「賃金構造基本統計調査」

身につけているスキルや、どんな会社に所属しているかで年収は大きく変わりますが、

基本的にどちらも高い年収を目指せる職種です。

ライヲン

会社選びを間違えず努力すれば、どちらも高年収がもらえるよ!

②:難易度

未経験からエンジニアを目指す人にとっては、インフラエンジニアの方が難易度は低いです。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 低い
  • やや高い

未経験インフラエンジニアが最初に担当す運用保守の仕事は、

マニュアルがあったり、単純作業が多いので誰でも対応することができるからです。

逆にプログラマーの場合、プログラミングがむずかしかったり、苦手と感じる人がいます。

ハッキリと得意不得意が出てしまうプログラマーの方が、インフラエンジニアと比べるとやや難易度は高いかなと。

とはいえ、重要なのは未経験向けの研修制度が充実している会社に入社できるかどうか

どんなに向いていても、基礎を教えてもらえない会社だとツラい思いをしてしまいますので。

ライヲン

会社選びは超重要!ここは転職エージェントの力を借りたいところだね。

③:人気

結論、インフラエンジニアの人気は少なく、プログラマーの人気は高いです。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 低い
  • 高い

プログラマーはWebやアプリを作るのが、「楽しそう!」「わかりやすい!」というのが人気の理由。

インフラエンジニアは仕事内容がわかりづらいため、目指そうとする人が少ないです。

ただ、別の視点で考えれば、プログラマーは競合が多く、インフラエンジニアは少ないということ。

未経験からの転職しやすさは、インフラエンジニアの方が上です。

④:将来性

単純なプログラマーに比べ、インフラエンジニアの方が将来性は高いです。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 高い
  • やや高い

IT需要は右肩上がりで増えていて、ITサービスの基盤を支えるインフラエンジニアは将来的にも必要不可欠です。

引用:IDC Japan-国内ITサービス市場予測を発表-17 Feb 2020

逆に、プログラミングの自動化やAIの拡大により、

プログラミングだけしかできないエンジニアは減っていく可能性が…。

とはいえ、IT人材が今後も不足する世の中では、

インフラエンジニアもプログラマーも他の職種に比べれば将来性は高いといえるでしょう!

⑤:技術の変化

技術の変化はプログラマーの方が早いです。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 遅い
  • 早い

どんどん新しい技術や言語が出てくるプログラマーは、変化に対応し続ける努力が必要です。

一方、インフラエンジニアもクラウド技術の登場で新しい知識やスキル必要になりつつありますが、

基礎となるインフラ技術は変化が少なく、一度身につけた技術を長期的に活かすことができます。

  • いろいろな言語や新たなスキルを学び続けたい人は、『プログラマー』
  • 身につけた知識・経験を土台にして、安定的に働きたい人は、『インフラエンジニア』

とはいえ、未経験からIT業界に転職するなら、どちらにせよ学び続ける姿勢は大切ですよ!

⑥:残業

残業はインフラエンジニアの方が少ない傾向にあります。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 少ない
  • 多い

理由として、インフラエンジニアの仕事はシフトや交代制が多いので、

よほどなトラブルがない限りは定時で帰りやすい環境です。

逆にプログラマーはモノづくりのため、厳しい納期仕様変更バグ発生などに影響されやすく、

インフラエンジニアに比べて残業が多くがちです。

とはいえ、どちらもプロジェクトや会社による影響が大きいです。

残業の多いインフラエンジニアもいれば、定時に帰れるプログラマーもいますので。

ちなみに、システムエンジニアの平均残業は全体で16時間ほど。

一般的な職種は13時間なので、それほど変わらなくなっています。

引用:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

昔は残業が当たり前だったIT業界も、近年では労働時間の規制があり無理な働き方はなくなりました。

そのため、ブラック企業にさえ入らなければ、どっちを選んでも残業が多すぎるってことはないかなと。

⑦:夜勤・休日出勤

インフラエンジニアは夜勤も休日出勤もありますが、プログラマーはほぼありません。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 多い
  • 少ない

ITインフラは24時間365日動いているため、夜間でもトラブルが起きないように、常に監視する必要があります。

そのため、インフラエンジニアも緊急の場合にそなえて、誰かが出勤しなければなりません。

夜勤や休日出勤が絶対NGな人は、選択肢はプログラマーの一択です。

インフラエンジニアの夜勤について詳しく知りたい人は、【まとめ】インフラエンジニアの夜勤を解説!Q&Aで良くある質問も回答の記事でまとめてあります!

⑧:働き方

インフラエンジニアと比べると、プログラマーの方が働き方の自由度は高いです。

インフラエンジニア
プログラマー
  • 自由度が低い
  • 自由度が高い

ぶっちゃけ、プログラマーの仕事はネット環境とパソコンさえあればどこでもできますので。

最近ではテレワークも増えてきていますし、フリーランスなら場所も時間も完全に自由です。

インフラエンジニアはサーバーやネットワークのIT機器がある環境での仕事が基本のため、

客先に常駐したり、自社に出勤する必要があります。

最近ではインフラ環境のクラウド化が進んでいるので、テレワークや働く場所の自由度は上がってきていますが、

働き方の自由度はプログラマーの方が上なのは間違いありません。

インフラエンジニアとプログラマーの失敗しない選び方・転職方法

重要なことなので改めてお伝えしますが、

インフラエンジニアかプログラマーどっちを選ぶかは、「あなたがどんな仕事・働き方をしたいかで決めてOK」です。

人によって合う合わないもあったりするので。

とはいえ、多くの未経験エンジニアを採用してきた僕の経験からいうと、次の基準で選ぶのが失敗しないコツかなと。

パターン
プログラマーに向いている人

「無料のプログラミングサイトを1日やってみる」

エンジニア

なんとなくわかる!面白そう!

ライヲン

プログラマーを目指そう!

パターン
インフラエンジニアが向いている人

「無料のプログラミングサイトを1日やってみる」

エンジニア

やばい…わからない…むずかしい…

ライヲン

インフラエンジニアからチャレンジしよう!

実際にProgateドットインストールなど、無料でできるプログラミングサイトをやってみるのが一番良い方法です。

ぜひ、試してみてくださいね!

インフラエンジニアからプログラマーに転職は可能

なぜなら、ンフラエンジニアの業務でもプログラミングはあるので。

近年はAIやクラウドサービスの普及によって、インフラ環境を作る上でプログラミングのスキルも重要になってきました。

そのため、インフラエンジニアでもプログラミングのスキルも身につけられる環境は増えてきています。

また、インフラ技術をもったプログラマーは重宝されるので、

20代・30代ならインフラエンジニアからプログラマーへの転職も難しくないです。

このあたりは、【転職可】インフラエンジニアからWebエンジニアになる方法!メリット・デメリットも紹介の記事で詳しくご紹介しています。

転職を成功させるには『会社選び』が超重要

インフラエンジニアから始めるにしても、プログラマーを選ぶにしろ、

未経験からの転職は会社選びが超重要です。

次のようなブラック企業に転職してしまうと、仕事はツラく、苦しい思いをしてしまいますので…。

避けるべきブラック企業
  • 未経験歓迎なのに研修がない会社
  • エンジニアの将来を考えない派遣会社
  • 評価・スキルアップ制度のないブラック企業
  • 低い給料・年収の零細IT企業
  • 下請けすぎるSES企業

特に、未経験からの転職の場合、『研修制度』がしっかりしている会社を見つけられるかが大事です。

会社選びに関しては、なんとなくで選ばず、IT転職エージェントに相談しながら決めましょう。

次のIT転職エージェントなら、未経験エンジニアのフォローもしっかりしているので、

研修の充実した、ホワイト企業を紹介してくれますよ!

IT未経験おすすめ転職エージェント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!

まとめ:悩んでいるだけじゃ答えはでない!行動しながら考えよう

本記事を振り返ってみましょう。

  • インフラエンジニアorプログラマーはどんな仕事・働き方をしたいかで決めてOK
  • 人によって向き不向き、得意不得意があるので、どっちが上とかはない
  • 一応、完全IT未経験ならインフラエンジニア、何かをつくりたいならプログラマーがおすすめ
  • どっちを選ぶにしろ、会社選びは超重要
  • 会社や職種選びで悩むなら、IT転職エージェントに相談しよう

こんな感じです。

インフラエンジニアとプログラマーの違いは、改めて下記をご覧ください。

項目インフラエンジニアプログラマー
年収高い高い
難易度低いやや高い
人気低い高い
将来性高いやや高い
技術変化遅い早い
残業少ない多い
夜勤休出多い少ない
働き方自由度が低い自由度が高い

そして、最後にお伝えしたいのが、

悩んでいるだけじゃ答えが出ないので、行動も大事ということです。

プログラミングが自分にあっているか知りたいなら、無料のプログラミングサイトをやってみればいいし、

どこの会社が良いかわからなければ、IT転職エージェントに聞いてみればOKなので。

悩むのはOKですが、行動しなければなにも始まりません。

なので、行動しながら悩みましょう!

最後におすすめIT転職エージェントをもう一度ご紹介して、終わりたいと思います。

IT未経験おすすめ転職エージェント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる