転職/求人/就職

【未経験から女性エンジニアへ】IT業界へ転職するメリット【10選】

エンジニア未経験の女性
「未経験だけど、女性でエンジニアに転職ってできるのかな? IT業界って男性が多いイメージだから…どうなんだろう? 女性にとって働きやすい環境か気になる! あと、女性がエンジニアになるメリットや、方法があれば知りたいな!」

このような疑問にお答えさせていただきます!

本記事のテーマ

  • プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の仕事とは?
  • 女性エンジニアが増えている理由と背景【国が支援】
  • 女性エンジニアの年収と残業【比較してみた】
  • 未経験から女性エンジニアに転職するメリット【10選】
  • 未経験から女性エンジニアに転職する方法【3選】

この記事を書いている私は、IT業界で採用を8年ほど。

昔にくらべて、女性エンジニアが増えています。

理由は、次の2つです。

IT業界は「売り手市場」
働き方改革で「女性の活躍促進」

もし、転職を考えているなら「エンジニア一択」でいいと思います。

雷音
雷音
うちの会社も女性エンジニアが、増えてますよ!

詳しく知りたい「未経験でエンジニアへ転職を考えている女性」は、ぜひご覧ください!

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の仕事とは?

ITエンジニアの職種は、たくさんあります。

まずは、代表的な次の2つを覚えましょう。

  • プログラマー(PG):プログラミング(製造)がメイン
  • システムエンジニア(SE):システム設計・製造・テストなど全部

未経験の人は「プログラマー(PG)」からスタート。

「違いがわからない!」って人もいますので、詳しくお話しますね!

プログラマー(PG)とは?

プログラミング言語を使って、「システムを製造」する人。

システム開発全体の一部分を担当します。(まず、未経験の人はここから)

プログラマーの仕事は、「こう作ってね」という指示を受けて、「コード」とよばれる英語の文字を打ち込み、「システムを製造」していきます。

雷音
雷音
上の画像をイメージしてくださいね!

これが「プログラミング」ですが、次のようにも呼ばれます。

  • 製造
  • 開発
  • コーディング
  • PG工程
  • プログラミング工程

ぶっちゃけ、すべて一緒です。

またプログラマーは、本当にシステムが動くのか「テスト」もしたりします。

システムエンジニア(SE)とは?

どんなシステムを作るのか考え、「システムの設計」をする人。

上流工程と呼ばれる、「要求分析・要件定義」「外部設計」「内部設計」と「テスト」をメインに対応します。

工程とは:システム開発を進める「順序」「段階」

No.工程担当
要件定義システムエンジニア(SE)
基本設計システムエンジニア(SE)
詳細設計システムエンジニア(SE)
開発・製造プログラマー(PG)
テストシステムエンジニア(SE)/プログラマー(PG)

システムエンジニアの「要件定義」「設計」をもとに、プログラマーが「製造」するのが、一般的な流れです。

工程ごとに内容が違いますので、簡単に説明しますね!

その①:要件定義

顧客へヒアリングして、どんなシステムを希望しているのか具体化する工程。

「システムの内容」「開発期間」「金額」などを、顧客と相談しながら調整していきます。

(例)「雑貨の販売アプリ」3カ月以内に開発
(例)「勤怠管理システム」1年以内に開発

その②:基本設計

要件定義をもとに、基本的な設計をする工程。

具体的な「機能」「画面」「操作方法」などをどうするか考え、システムの基礎を設計していきます。

(例)ログイン機能、注文管理の機能、会員登録の機能…など
(例)トップ画面、出退勤の画面、休暇申請の画面…など

その③:詳細設計

基本設計をもとに、プログラマー向けに詳細な設計をする工程。

プログラミングしていく必要な機能を、一つひとつ具体化します。

(例)ログイン画面にIDとPWを入力したら、データを照合する機能
(例)休暇の申請をしたら、有給の残りと照合する機能

その④:開発・製造(プログラミング)

詳細設計をもとにプログラミングして、システムの製造をする工程。

システムエンジニアもプログラミングすることはありますが、メインはプログラマーです。

その⑤:テスト

開発・製造(プログラミング)されたシステムが、正常に動くかテストする工程。

「機能ごとテスト」「機能を統合してテスト」など、いろんなチェックをして問題なければ完成です。

この作業は、システムエンジニアもプログラマーもやります。

女性エンジニアが増えている理由と背景【国が支援】

IT業界で活躍する女性エンジニアは、年々増えています。

女性エンジニアの割合

2014年:15.43%
2018年:19.30% 約4%増

女性エンジニアの採用率

2014年:28.96%
2018年:32.70% 約4%増

女性エンジニアの採用増加率 

2014年⇒2018年:41.65%増

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

先ほどもお伝えしましたが、女性エンジニアが増えた理由は「2つ」。

  • IT業界は「売り手市場」
  • 働き方改革で「女性の活躍促進」

具体的にお伝えしていきます!

IT業界は「売り手市場」

IT業界は「売り手市場」

日本のIT人材は、2030年に「約45万人」が不足すると言われています。(※)

IT需要は増え続けているのに、日本だと高齢化社会で働ける人が減ってしまうので。

そのため、エンジニアの需要は高く、未経験でも「やる気と素質」があれば、男女関係なく採用して、育てる会社が増えています。

雷音さん
雷音さん
私の会社も、未経験の採用は積極的にしています!

(※)平成30年度 IT人材需給に関する調査 -調査報告書-「経済産業省」

働き方改革で「女性の活躍促進」

IT業界のイメージって、次のような感じじゃないでしょうか?

  • 残業が多い
  • 休日も仕事
  • 給料が安い

これは、昔の話です。

IT業界は「働き方改革」で激的に変化してきています。

  • ワークライフバランスの充実(在宅やフレックス)
  • 残業時間の適正化(女性SEの残業平均13h)
  • 有給休暇の取得(年間5日は最低でも取得)
  • 平均年収は高め(一般の平均年収より約100万円高い)
  • 女性のための法律(女性活躍推進法)

「女性が活躍できる法律」を国が作ったり、IT業界全体で「働き方改革」の実現に動いています。

これらの理由と背景から、IT業界は女性も働きやすい環境になりました。

女性エンジニアの年収と残業【比較してみた】

「女性エンジニア」と「全職種」で次の4点を比較してみました。

  • その①:「システムエンジニア」の平均年収
  • その②:「女性エンジニア」の平均年収
  • その③:「女性エンジニア」年齢別の平均年収
  • その④:「女性エンジニア」の残業時間

ぶっちゃけ、女性エンジニアは好待遇です!

詳しくみていきましょう。

その①:「システムエンジニア」の平均年収

「システムエンジニア」と「全職種」の平均年収の比較。

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

システムエンジニア(SE)の平均年収は「500万円以上」

それに比べ、「全職種」の平均年収は「400万円後半」。国税庁の調べ(※)だと、2018年度の日本人の平均年収は「約441万円」という結果です。

システムエンジニアの年収は、通常の職種よりも高いのです!

(※)平成30年分民間給与実態統計調査結果「国税庁」

その②:「女性エンジニア」の平均年収

「女性エンジニア」と「全職種(女性)」の平均年収の比較。

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

少しずつ縮まってきていますが、「全職種(女性)」と比べて「約100万円」も平均年収が高いです。

ちなみに、女性エンジニアの平均年収が下がっているのは、「未経験の積極採用」が理由です。

経験者に比べて未経験者の年収は、少なくなってしまいますからね。

エンジニアは、他の職種へ転職するよりも確実に年収アップが見込めます!

その③:「女性エンジニア」年齢別の平均年収

「女性エンジニア」と「全職種(女性)」の年齢別 平均年収の比較。

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

20代で「年収400万円超え」、40代で「年収500万超え」。

また、「全職種(女性)」と比べて「最大150万円」も年収の差がでます。

将来だけではなく、若いうちから高い年収になるのは、エンジニアの魅力です。

その④:「女性エンジニア」の残業時間

「女性エンジニア」「エンジニア全体」「全職種(女性)」の平均残業の比較。

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

女性エンジニアで言えば、他の職種と残業は変わらず、月間平均は13時間

1日30分ほどになっています。

昔に比べ、残業時間は減少傾向です!

未経験から女性エンジニアへ転職するメリット【10選】

女性エンジニアを目指すメリットは、次の10個です。

  • 職業が安定している
  • 年収が高い
  • 手に職がつく
  • 肉体労働がない
  • 男女関係なくスキル評価
  • 産休、育休後に復帰しやすい
  • 未経験の求人が多い
  • 転職しやすい
  • 働き方を選べる
  • 副業、独立がしやすい

すでにお伝えしましたが、未経験で転職するならエンジニア一択かなと。

一つずつ説明します!

職業が安定している

IT業界は「今後も伸びる業界」。

IT人材は2030年に「約59万人」が不足すると言われています。

それだけ、IT人材は必要とされているので、エンジニアの仕事がなくなることはありません。

業界が衰退して、仕事がなくなるリスクが少ないので、安心して仕事ができます!

年収が高い

エンジニアの平均年収は「500万円超え」。

平均年収「約441万円」に比べて高い水準です。

せっかく未経験からチャレンジするなら、高い年収をもらいましょう!

手に職がつく

エンジニアは技術職です。

スキルを身につければ、IT業界はどこでも活躍できます。

今の時代、会社がどうなるかわかりません。

ITスキルという、自分の武器をもつことは重要です!

肉体労働がない

エンジニアは、パソコンさえあれば仕事ができます。

重いものを運んだり、立ち続けたりなどの肉体労働はありません。

体力が少ない女性にとって、エンジニアは働きやすい職種なのです!

男女関係なくスキル評価

エンジニアは「スキル」「技術力」が重要な仕事。

なので、男女関係なく「できる人」が評価されます。

「女性だからと評価されなかった人」にとっては、実力で評価を勝ち取れるエンジニアは、魅力がある仕事だと思います!

産休、育休後に復帰しやすい

「結婚」「出産」「育児」女性の大きなイベント。

休職や退職をすると、復帰が難しいというのは、他の業界でよくあります…

ただ、IT業界は人手不足。

IT業界は経験があって、働きたい女性は大歓迎です。

現場を離れても、復帰しやすい環境があるのは、IT業界のメリットです!

未経験の求人が多い

「未経験歓迎」の求人が多いのも、IT業界の特徴。

どこも人手不足なので、経験者は取り合いになっています。

なので、未経験を採用して「自社で育てよう!」という企業が増えています。

未経験からエンジニアへ転職を考えている人にとっては、嬉しい状況です!

転職しやすい

エンジニア経験者は取り合いです。

雷音
雷音
私も担当していますが、経験者の採用は難しいです…

エンジニア経験が3年あれば、たいていの会社からオファーがあります。

転職しやすいことで、自分の働き方にあった会社選びができるのは、エンジニアのメリットです!

働き方を選べる

エンジニアは「期日までに完成」が重要なので、「働き方」は重視されません。

ぶっちゃけ、「結果を出せば自由」なところがあります。

  • 在宅勤務
  • リモートワーク
  • フレックスタイム
  • 時短勤務

これ以外に、「服装自由」「休憩自由」など、いろいろな働き方を取り入れている会社があります。

女性一人ひとりが働き方を選べるのは、IT業界の嬉しい点です!

副業、独立がしやすい

スキルがあれば副業、独立も可能です。

  • 子育てがあるから、空いた時間で仕事
  • 自由に働きたいから独立
  • 結婚式の費用をためるのに副業

今はネットで仕事の依頼を受ける環境も多くあるので、副業、独立がしやすいのです。

未経験から女性エンジニアに転職する方法【3選】

3つの方法があります。

  • 転職サイトを使う
  • 転職エージェントに相談する
  • 転職支援に強いプログラミングスクールに通う

転職サイトを使う

インターネットの「転職サイト」を使うメリットは3つ。

  • 求人数が多い
  • 自分のペースで転職活動ができる
  • 写真やメッセージで企業雰囲気がわかる

未経験歓迎の求人も多くあるので、いろんな企業を比較して、希望企業へ自由に応募できます。

特定の転職サイトしか掲載していない会社もあるので、複数サイトに登録するのがおすすめです。

おすすめ転職サイト

女の転職type:女性に特化した転職サイト(女性視点の案件多数)

リクナビNEXT:転職業界のNo.1サイト(IT未経験歓迎の求人多数)

転職エージェントに相談する

転職のプロ(エージェント)に相談しながら、転職先を見つける無料サービス。

「応募書類の作成」「面接」「日程調整」のサポートをしてくれます。

メリットは次の3つ。

  • エージェントがフォローしてくれる
  • 企業とのやり取りをしてくれる
  • 未公開の求人を紹介してくれる。

未経験からエンジニアへの転職は不安だと思います。

転職エージェントは、プロに相談しながら転職活動ができるのが魅力です。

おすすめ転職エージェント

マイナビエージェント×IT:IT専門の転職エージェント(最大手だから求人多数)

ワークポート:未経験の転職サポートサービス(IT業界が強い)

転職支援に強いプログラミングスクールに通う

プログラミングを学べて、転職支援までしてくれるサービスです。

独学では難しいプログラミングを、プロの講師がレベルに合わせて教えてくれます。

そもそも「エンジニアの仕事が自分に合っているか?」を確認できるのも魅力です。

  • プロの講師が一から教えてくれる
  • 転職の支援もしてくれる
  • エンジニアの仕事があっているか確認できる

エンジニアは技術の専門職。

転職後に「この仕事、私にはあってなかった…」を避けるためにも、事前にスクールで学ぶのはありです。

おすすめプログラミングスクール

TechAcademy:自宅にいながらオンライン完結(無料体験も可能)

CodeCampGATE:オンライン・マンツーマン(365日いつでも可能)

TECH::CAMP:プログラミング教室で担当が直接指導(返金制度あり)

まとめ

最後にまとめました!

  • 未経験の人はプログラマー(PG)からスタート
  • システム開発は、5つの工程がある
  • 国の支援とIT業界の人手不足で、女性は急増
  • 女性エンジニアの平均年収は、一般より高い
  • 女性エンジニアの残業時間は、一般と変わらない
  • 女性エンジニアへ転職するメリットは10個
  • 未経験から女性エンジニアを目指す方法は3つ

上記のとおりですね。

なんども言いましたが、未経験で転職するならエンジニア一番だと思います!

女性でも活躍できるのが、IT業界のいいところですからね。

それでは、今回はこの辺で。
最後までお付き合いありがとうございました!