【偏見ダメ】SIer=ブラックしかない!は時代遅れ【SEの7Kで解説】

記事のまとめ

SIerはブラックな職場しかないのか?

結論から言うと、「SIer=ブラック」はウソです。

まずは、先入観を捨てましょう。

昔のSIerは「きつい」「帰れない」など、SEの7Kなんて言われていましたが今は違います。

ブラックSIerは、会社やプロジェクト次第

本記事では、IT業界15年の僕が「ブラックSIerの特徴」と「見極め方」についてご紹介します!

SIerはブラック企業しかないと思っていませんか?

きつい…、帰れない…、給料が低い…、下請け仕事…、土日出勤…などなど。

イメージが先行して、「SIer=ブラック」と思っている人が多い印象です。

エンジニア

SIerってブラック企業しかないんじゃないの?

ライヲン

そんなことないよ!
今は働きやすいホワイト企業もたくさんあるよ!

結論、「SIer=ブラックしかない」という考えは間違いです。

IT業界の中でも平均年収は高いし、プライベートを充実させられる会社も多くあります。

もし、あなたがブラックな環境で悩んでいるなら、それは「会社」が問題かもしれません。

今回は、SIerがブラックしかないと言われる理由を否定しつつ、ブラックSIerの特徴見極め方についてご紹介していきたいと思います!

重要なお知らせ!

結論として、「Sier=ブラック」は会社次第です。

もし、ブラックSIerを見極めて、ホワイト企業に転職したいなら「IT転職エージェントに相談する」のがおすすめ!

 完全無料で使えて、IT転職のプロが優良求人の紹介から書類作成までフォローしてくれますよ!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
  • ウズキャリIT(未経験向け)
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
目次

SIerがブラックしかない!は時代遅れ【SEの7Kで解説】

前提として、SIerがブラックだったのは昔の話です。

働き方改革や労働環境の改善をすすめていて、IT業界では働きやすい会社が急激に増えています。

とはいえ、以前SIerはブラックな環境が多く「SEの7K」なんて言葉がありました。

SEの7Kとは?

SEの仕事は「きつい」「帰れない」など、大変だということを表わす言葉。

7つの項目があり、それぞれローマ字にすると頭文字が「K」になることから7Kと呼ばれていた。

本章では、以下SEの7Kについて解説しつつ、今のSIerがどうなっているのをご紹介します。

①:給料が安い

ハッキリ言って、SIerの給料が低いというのは誤解です。

むしろ、平均年収は高い業界です。

システムエンジニア(SE)の平均年収は約550万円ほど。

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

平成30年の全職種の平均年収は441万円国税庁調べ)なので、

一般的なサラリーマンと比べて100万円以上も高い年収をもらっています。

システムエンジニア(SE)

平均年収550万円

全職種

平均年収441万円

しかも、30代で年収500万円以上もらえるのが、SIerで働くシステムエンジニア(SE)の特徴です。

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

では、高い平均年収がもらえるSIerが、なぜ「給料が低い」と言われるのでしょうか?

それは、多重下請け構造が原因です。

SIerでも大手SIer(元請)もあれば、2次請け・3次請けの中小SIerもあります。

下請けになるほど仲介料(マージン)がとられるので、会社の利益が減りエンジニアの給料も低くなってしまいます・・・。

結論、「SIer=給料が低い」じゃなくて、下請けすぎるSIerは年収が低いと理解しておきましょう。

②:休暇が取れない

これも誤解です。

土日祝日の休みはもちろん、有給も取れるのでご安心ください。

令和2年の厚生労働省が発表している、有給取得率は全国平均で56.3%

対して、SEが働く「SIer・ITベンダー」の有給消化率は64.0%という結果が出ています。

システムエンジニア(SE)

有給取得率64.0%

全国平均

有給取得率56.3%

そもそも今の世の中、年間5日以上の有給取得は国で義務化されています。

SIerだけ休みが取れないなんてことはありません。

ライヲン

有給が5日以上取れないなら、それは所属する会社が問題なだけだよ!

とはいえ、プロジェクトによっては忙しい時期があって、休めないこともあります。

大切なのは、常に休みが取れない「ブラック体質」の会社かどうかを見極めることですね。

③:帰れない

いやいや・・・、奴隷じゃないんで帰れますよ。

確かに以前のSIerでは、デスマーチ(死の行進)と呼ばれるぐらい過酷な残業をさせる会社があったのも事実です。

とはいえ、それは昔の話。

厚生労働省が発表している、令和2年の「SIer・ITベンダー」の平均残業時間は15.5時間です。

全国平均が12.4時間なので、ほぼ変わりません。

システムエンジニア(SE)

残業時間15.5h

全国平均

残業時間12.4h

当然、プロジェクトや時期によっては、遅くまで残業が必要な場合もありますが、

帰れないくらい忙しいことはないかなと・・・。

仮に帰れないほど残業が必要な状況なら、次のどれかです。

  • プロジェクトが悪い
  • 管理者が無能
  • 会社がブラック

今だとテレワークを推奨するSierも増えているので、「SIer=帰れない」わけじゃないですよ!

④:規則が厳しい

これはSIerというより、プロジェクトや会社次第ですね。

例えば、金融や医療のプロジェクトであれば、セキュリティ面も含めてルールが徹底しています。

外部にアクセスできない仕様書のフォーマットは指定スマホ持ち込み禁止、などなど…。

SIerは受託開発がメインなので、顧客にあわせたルールや規則にしていることが多いです。

ただ問題なのは、何も考えていない昔ながらの古い体質の会社かなと。

  • 上司より先に帰ってはダメ
  • 服装は絶対スーツ
  • 飲み会へは強制参加
  • 書類は紙が基本
  • 無駄な定例会議や帰社日

これらは、全部ムダな規則ですよね・・・。

いつまでも変わらず、同じような古い考えのブラックSIerもあるので要注意です。

⑤:きつい

これもプロジェクトや会社によって違うし、1人ひとりの価値観でも変わるかなと。

例えばSIerの年収は、一般的な職種よりも100万円以上高い「平均550万円」ですが、

高い or 低いの感じ方は、人によって違うかなと。

残業も一緒で、定時上がりが基本のプロジェクトで働く人もいれば、

残業するのは当たり前だけど「楽しい!」って仕事をする人もいますので。

エンジニア

40代で年収400万円の人にとっては、「平均550万円」は高いと感じるよね!

ライヲン

逆に、残業はないけど、パワハラが当たり前の会社で働くのはきついからね…。

結論として、「SIer=きつい」というより、環境があなたの理想に合っているかどうかだけ。

しっかりとあなたに合った会社を選ぶようにしましょう。

ちなみに、のIT転職エージェントを使えば、

理想の会社は見つけやすいです。

IT転職のプロがブラックSIerは避けて、ホワイト企業の紹介をしてくれますので!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
  • ウズキャリIT(未経験向け)
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント

⑥:結婚できない

いやいや…、結婚している人いますから。

これは少し強引すぎますよね・・・。

まぁ、昔は残業のわりに給料が低いとか、緊急対応でいつ呼び出しがあるかわからないとかで、

結婚や恋愛がしづらかったのかなとは思いますが…

このあたりは、SIer・SEとか関係なくプライベートな内容ですね。

⑦:化粧がのらない

これも強引すぎるw

僕は男なのでわからないですが、夜勤や残業が多くて化粧の時間がないとか、

睡眠不足で肌の調子が悪いとかだったのかなと・・・。

ぶっちゃけ、長時間のフライトで飛行機にのるCA(キャビンアテンダント)さんや看護師さんとかは、今でも夜勤・残業が多い職業です。

SIerやSEだけ言われるのはおかしいと思います。

SIer=ブラックしかない!は会社次第【NG企業の特徴3つ】

結論として、SIerがブラックかどうかは会社次第です。

ブラックSIerもあれば、ホワイト優良企業もありますので。

本章では、ブラックSIerに入社しないために、NG企業の特徴3つをご紹介していきます。

1つずつ見ていきましょう!

①:下請けすぎるSIerはNG

先ほどもお伝えしましたが、SIerは多重下請け構造です。

下請けすぎるSIerほど年収は低く、上の会社に振り回されて仕事をしなければなりません・・・。

働くならなるべく元請 or 2次請けまでのSIerにするべきです。

3次請け以降のSIerはやめておきましょう。

このあたりの見極め方は、のIT転職エージェントに相談するのがベストです。

1人で転職活動をすると会社選びを失敗しやすいので、気を付けてくださいね。

②:変化ができないSIerはNG

今は変化が激しい時代です。

SIerも生き残るには、時代にあわせた柔軟な変化と対応が求められます。

例えば、次のような取り組みです。

  • テレワーク
  • 働き方改革
  • 育休・産休(男性も)
  • 海外展開
  • アジャイル開発
  • 受託以外の自社サービス展開

昔ながらの受託開発終身雇用年功序列とかは古すぎます。

細かいところだと、紙の発注書、Excel管理、対面の打ち合わせとか、スピードが速い仕事について行けません。

こういった変われないSIerだと将来性がないかなと・・・。

③:20代・30代が少ないSIerはNG

20代・30代が少ないということは、エンジニアが定着していない証拠。

労働環境が悪いブラックSIerの可能性が高いです。

IT業界は人材不足なので、どこの会社でも20代・30代の若くて経験のあるエンジニアを欲しがっています。

実際、エンジニア不足の調査をしたところ、90%以上の会社が人手不足と感じている結果がでていますので。

引用:情報処理推進機構(IPA)-IT人材白書2020

そんな状況で、次のようなブラック企業で働く意味はありません。

  • 給料が低い
  • スキルが身につかない
  • 残業が多すぎ
  • 年功序列
  • エンジニア軽視

もし、20代・30代の若手が少なすぎたり、どんどん辞めている会社なら転職を考えた方が良いでしょう・・・。

逆に、20代ばかりで、30代・40代が少ない会社も注意が必要です。

エンジニア経験者が定着せず、未経験エンジニアしか採用ができていない会社の可能性もありますので!

ブラックSIerを見極める方法【IT転職エージェントを使うのが簡単】

ここまで「SIer=ブラックじゃない」とお伝えしてきましたが、やめておくべき会社が存在するのも事実です。

もし、今働いている会社がブラックだと感じたり、

これからSIerへ転職を考えている方は、IT転職エージェントを使いましょう!

というのも、IT転職エージェントは「やめておくべきブラックSIerを知っている」からです。

IT転職エージェントとは
  • 完全無料のIT転職支援サービス
  • IT転職のプロがキャリア相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにはない人気企業の求人がある
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる
  • 入社時期・条件の交渉をしてくれる

ちなみに、やめておくべきブラックSIerへ入社してしまう方は、IT転職エージェントを使っていないことがほとんどです。

エンジニア

転職サイトだけじゃダメなの?

ライヲン

転職サイトは「企業の良いことしか書かれていない」から注意が必要なんだよ!

転職サイトや企業HPは、会社のブラックな部分を隠すして掲載することができます。

失敗しない転職をしたいなら、必ずIT転職のプロに相談できる転職エージェントを使ってください!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
  • ウズキャリIT(未経験向け)
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント

もし、どこに登録するか悩んだら、経験別にマイナビIT AGENTウズキャリIT未経験)に登録しましょう。

あと、転職成功者は平均4.2社の転職サービスを使っているので、いくつか使って自分に合った転職エージェントを使ってみるのも方法ですよ!

迷ったら登録すべき2社
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • ウズキャリIT(未経験向け)
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント

複数のエージェントに登録しよう

  1. 自分に合った良い担当者と出会える
  2. 希望の案件を見つけやすい
  3. 転職成功者は平均4.2社を利用

他のIT転職エージェントが気になる方は「」の記事もご覧ください!

SIer=ブラックしかない!は時代遅れ|まとめ

本記事についてまとめました。

  • 「SIer=ブラックしかない」はウソ
  • ブラックSIerかどうかは会社やプロジェクト次第
  • 昔のSIerで働くSEは7Kと呼ばれるブラックな環境が多かった
  • 今のSIerは給料は高め、有給も取りやすい、残業も平均的になった
  • 下請けSIer、変化ができないSIer、若手が少ないSIerは要注意
  • ブラックSIerを見極めるなら、IT転職エージェントに相談するのが簡単

こんな感じですね。

どこの業界も一緒ですが、ブラックな職場があれば、ホワイト企業も存在します。

「SIerはブラックらしい…」という先入観にまどわされず、しっかり働く会社を見極めるのが重要です。

エンジニア

結局は働く会社次第ってことだよね!

ライヲン

ぶっちゃけ、Web系や社内SEでもブラック企業はあるからね!

とはいえ、1人でブラックSIerかを見極めるのは難しいので、IT転職エージェントに相談して企業は探しましょう。

IT転職のプロが、完全無料であなたに合った会社を紹介しくれますので!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
  • ウズキャリIT(未経験向け)
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる