SIerはやめとけ?IT業界15年の僕が解説【結論:SIerはアリ】

記事のまとめ

SIerはやめとけ?について、IT業界15年の僕が解説。

結論として、SIerはアリです。

とはいえ、向いていない人や、やめとくべきSIerがあるのも事実。

今回は「SIerはやめとけ」の理由を説明しつつ、

SIerを向いてない人の特徴や、やめておくべき会社の特徴についてご紹介します。

SIerはやめとけって本当なのか?

IT業界で15年間働いてる僕としては、SIerは年収も高く、将来性がある業界だと自信をもって言えます。

現実として、「第2回 デジタルトランスフォーメーション(DX)動向調査」だと、62.6%の一般企業がSIerは必要不可欠と回答していますので。

引用:ITmedia-DXを狙う企業の62.6%は「SIerが不可欠
エンジニア

それなら、なんでSIerはやめとけって言われるの?

ライヲン

人によって合う・合わないがあるからね…。
後は、やめとけってSIerがあるのも事実だね…。

そんな今回は、SIerをやめとけと言われる人の3つのタイプをご紹介しつつ、やめとけと言われる会社の特徴5つを解説します。

また、あなたに合ったSIerの選び方についてもお話ししていきます!

重要なお知らせ!

SIerは会社選びが、何より大切です。

これからSIerへの転職を検討しているなら、ぜひIT転職エージェントに相談してみてください。

 完全無料で使えて、転職の相談や優良企業の紹介をしてくれますので!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
目次

こんな人はSIerをやめとけ【3つのタイプ】

まず最初にお伝えしたいのは、SIerをやめておいた方が良い人の特徴です。

以下3つのどれかに当てはまる人は、SIerは向いていない可能性が高いかなと。

1つずつ見ていきましょう!

①:プログラミングをしたい人

SIerの仕事は「上流工程」と呼ばれる要件定義・設計工程がメインで、

プログラミングする機会は新人の時くらいだから。

パソコンを使う作業では、Excel・PowerPointで資料やドキュメントの作成がほとんど。

プログラミングを必要とする開発工程は、下請け企業へ依頼するのが一般的です。

プログラミングができるSIerもありますけど、

バリバリ手を動かす仕事をメインにしたいって人には、向いてないですね。

②:マネジメントに興味がない人

SIerで評価されるためには、マネジメントや管理能力は必要不可欠

もし、マネジメント業務が苦手だったり、興味がないならSIerは向いてないですね。

実際、SIerは次のような仕事がメインなので。

  • お客様との打ち合わせ
  • 仕様書の作成・修正
  • 予算・スケジュール調整
  • メンバー管理
  • 資料・ドキュメント作成

あと、大規模なプロジェクトも多いので、周りを巻き込みながら仕事をする力が求められます。

できることを黙々とやる人より、

分からなくても周りとコミュニケーション取りながら仕事をできる人が向いていますね。

③:実力主義で働きたい人

なぜなら、昔ながらの年功序列が残っている会社が多いので。

実力があっても会社で決められた賃金規定があり、年齢や経験年数にそった給料しかもらえないってことですね。

成果主義のSIerも増えてきましたが、まだまだ評価制度が整ってなかったりするのが実情かなと…。

しっかりと実力や結果で評価されたいなら、SIerよりWeb系の会社が今はオススメですね。

もしWeb系も興味があるなら、「【SIerとWeb系】6つの違いを徹底比較!どっちがあなたに向いている?」の記事もぜひご覧ください!

こんなSIerはやめとけ【5つの特徴】

次に重要なのが「どんなSIerか?」です。

僕が「こんなSIerはやめとけ!」と言いたいのは、次のような特徴のある会社です。

それぞれ見ていきましょう!

①:3次請け以下のSIerはやめとけ

SIerがやめとけと言われる大きな理由の1つが、多重下請け構造の問題です。

3次請け以下のSIerで働いてしまうと、待遇も悪く、給料も低くなります…。

リアルな話、所属するSIerの立ち位置で年収は何百万円も違うので…。

こんな感じで、間に他の会社が入るほど、マージンを取られて年収に影響がでてしまいます…。

そのため、高い年収&働きやすい環境で仕事をしたいなら、元請けや2次請けプロジェクトが多いSIerを目指しましょう。

どうやって企業を探せばいいか分からない人は、SIer転職に強いIT転職エージェントを使うのがオススメ。

無料で優良企業の紹介や、転職サポートをしてくれるから便利ですよ!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!

②:ただの受託開発しかできないSIerはやめとけ

「SIer=受託開発」が基本ですが、それしかできない会社は将来性が低いかなと…。

なぜなら、一般企業でもシステムの自社開発をする会社が増えているからです。

エンジニア

いわゆる、ITシステムの内製化だね!

SIerの需要はまだまだありますが、受託開発の件数は確実に減少していきます…。

独自の強みや自社サービスがなく、ただ顧客から言われたシステムを開発するだけの会社はやめておきましょう。

③:新しいチャレンジをしないSIerはやめとけ

具体的には、時代の流れに合わせて変化しないSIerですね。

IT業界は変化が激しい業界なので、同じことしかできな会社は生き残れません…。

小さなことでも十分なので、会社を良くするために新しい取り組みをするSIerを選びましょう。

今の時代だと、例えば次のような取り組みです。

  • テレワークの導入で、働き方改革
  • 新規事業に取り組み、自社サービスの展開
  • 福利厚生を強化して、従業員の満足度向上
  • 最新ツール導入での業務効率化

同じことの繰り返しで、変化を嫌うSIerは将来性がないのでやめておくべきかなと…。

④:若手が少ないSIerはやめとけ

若手が少ないSIerもやめましょう。

理想は30代が50%以上の所属する会社です。

30代が少ないSIerは、若手が育つ前にすぐ辞めてしまう会社の可能性が高いので…。

理由はこんなところが考えられますね。

  • 若手がいづらい、古い体質
  • 仕事に耐えられないようなブラックな職場
  • 優秀な社員でも低い年収で働かされる会社

これからの時代は、少子高齢化でますます若手の採用はむずかしくなります。

一番活躍できる30代が少ない会社は、将来性が不安なのでやめておきましょう。

⑤:技術者を大切にしないSIerはやめとけ

僕としては一番重要なポイントだと思っています。

なぜなら、SIerで一番大切なのはエンジニアだからです。

SIer業界はエンジニアが1ヶ月働いたらいくらという「人月商売」。

エンジニアが働いてくれなければ、売り上げはないし、給料も払えません…。

しかも、IT業界は常にエンジニア不足なので、転職しようと思えば簡単です。

2019年度の調査では、約90%以上の会社がエンジニア不足と回答しているくらいなので。

引用:情報処理推進機構(IPA)-IT人材白書2020

このような状況なので、エンジニアを大切にしない会社からは人がいなくなってしまいます…。

そして、残ったエンジニアは仕事も大変になり、待遇はどんどん悪化していくでしょう…。

エンジニアを大切にする会社かどうかは超重要なので、慎重に選んでくださいね。

SIerの会社選びに関しては、次の章で詳しくご紹介します!

SIerを目指すのはアリ!ただし、会社選びは大切

冒頭でもご紹介しましたとおり、SIerを目指すのはアリです。

  • 高い年収
  • 大規模プロジェクトへの参加
  • 上流工程の経験

上記が希望なら、SIerをおすすめします。

ただし、どんなSIerでもいいわけではありません。

あなたに合った、将来性のある優良企業を選ぶことが大切です。

エンジニア

下請けすぎるSIerだと年収が低すぎたりするからね…。

ライヲン

「どんなSIerで働くのか?」が大切だよ!

どうやって転職先を探そうか悩んだら、IT転職エージェントを利用してみましょう。

無料でIT転職のサポートをしてくれるし、一般には公開されていない優良求人も紹介してくれるので。

IT転職エージェントとは
  • 完全無料のIT転職支援サービス
  • IT転職のプロがキャリア相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにはない人気企業の求人がある
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる
  • 入社時期・条件の交渉をしてくれる

まだ転職するか決めてない人でも、気軽に登録して大丈夫。

  • 今の自分だと年収はどれくらいになるのか?
  • どんな会社を紹介してもらえるのか?
  • 履歴書、職務経歴書はどうやって作れば良いのか?

などなど…、上記について話を聞くだけでもOKなので。

もし、SIer転職に強いIT転職エージェントを使ってみようと思ったら、おすすめは次の3つです。

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!

特には実績も多く、確実に使ってほしいIT転職エージェント。

どこを使うか悩んだら、とりあえず上記の2つに登録しておけばOKですよ。

ちなみに、未経験エンジニア向けのIT転職エージェントは次の3つ。

複数のIT転職エージェントを使うのが、未経験エンジニア向けの転職必勝法です。

IT未経験おすすめ転職エージェント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!

SIerはやめとけ?のまとめ

今回は「SIerはやめとけ?IT業界15年の僕が解説【結論:SIerはアリ】」の記事をご紹介しました。

改めての結論ですが、「SIerはやめとけ」というのは人と会社次第かなと。

人によって合う合わないがあるのは仕方ないですし、

会社はブラック企業もホワイト優良企業もありますので。

ただ、IT業界に15年いる僕からしたら、SIerで働くのは全然アリです。

ライヲン

とはいえ、会社選びは大切だけどね!

それでは、この辺で。

最後までお付き合いありがとうございました!

おすすめのIT転職エージェント
  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!
  • 社内SE転職ナビ
    【公式】
    社内SEの求人数トップクラス!SES・客先常駐以外で働きたいならココ!
IT未経験おすすめ転職エージェント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    内定率96%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる