【SIerとSESの違い】5つのポイントと良い点・悪い点を徹底解説

記事のまとめ

SIerとSESの違いについて!

SIerとは…?、SESとは…?、2つの違いは…?、どっちがいいの…?

SIerとSESの違いって、イマイチ分かりづらいですよね…。

そんな今回は、5つのポイントでSIerとSESの違いを徹底解説。

エンジニア視点で良い点・悪い点をご紹介させていただきます!

この記事を書いている僕は、IT業界で営業・採用を15年ほど経験。

中小のSES企業から、大手SIer、エンド企業まで幅広く付き合いがあります。

ライヲン

今回はSIerとSESの違いについて解説するよ!

エンジニア

これから転職・就活する人は、ぜひチェックしてね!

本記事では、SIerとSESの違いを「責任・契約・役割・スキル・年収」の5つのポイントで解説。

また、エンジニア視点でSIerとSESの良い点・悪い点もご紹介します!

SIerとSESの違いがイマイチわからないな…って方は、ぜひともご覧ください!

重要なお知らせ!

SIerとSESどっちが良いか悩んだら、「IT転職エージェントに相談」してみたらどうでしょうか?

 は、IT転職のプロがあなたに合った働き方を無料で相談にってくれますので。

働きやすい優良企業も厳選して紹介してくれるので、気軽に使ってみましょう!

おすすめのITエージェント

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!

未経験エンジニア向け

  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
目次

SIerとは?「SI」についても説明

「SI」とは「システムインテグレーション」の略語。

企業が希望するシステムを「提案・開発・運用」まで、すべてを請け負うサービスです。

そして、このSI業務をする事業者を「SIer(システムインテグレーター)」と呼びます。

イメージとしては、こんな感じですね。

例えば、銀行のATMです。

「全国でお金の引落・振込・預入をするシステム(ATM)」を作って欲しいと依頼があったらSIerの出番。

  • どんなシステムにするか?
  • 機能はどうするか?
  • 金額はいくらか?
  • どう作るか?
  • どう管理していくか?

これらを銀行側の要望を聞きながら、実際にATMのシステムを作り上げるのがSIerの仕事です。

ちなみに補足情報ですが、SIerには5つの種類があります。

  • メーカー系SIer
  • ユーザー系SIer
  • 独立系SIer
  • コンサル系SIer
  • 外資系SIer

5つの違いについては、簡単に次の図でまとめてみました。

最初は細かな違いを気にする必要はありませんが、ユーザー系SIerはホワイト企業が多いということは覚えておきましょう。

このあたりは、「【狙い目】ユーザー系SIerはホワイト!5つの理由と転職方法」の記事で詳しく解説しています。

SESとは?

「SES」とは「システムエンジニアリングサービス」の略語。

客先のプロジェクトにあわせて、エンジニアの紹介(労働力・スキルの提供)をするサービスです。

  1. 客先のプロジェクトにあわせて、エンジニアを紹介
  2. エンジニアは客先に常駐して、プロジェクトごとに業務
  3. エンジニアの働いた時間(技術・労働力提供)で売上発生

具体的には、次のような客先でエンジニアに働いてもらいます。

  • 人手が足りていない大手SIer
  • 開発人員が少ないWeb系企業
  • 急な増員が必要なプロジェクト

状況に応じて必要なエンジニアに働いてもらえるのがSESの特徴ですね。

ちなみに、「SESはやめとけ!」と言われたりするので、不安な方も多いのかなと。

もし、SES業界が気になる方は、「「SESはやめとけ」ってホント?業界8年の営業&採用担当が徹底解説」の記事もご覧ください!

SIerとSESの違いとは?【5つのポイント】

この章では、SIerとSESの違いについて基本的な5つのポイントをご紹介します。

1つずつ見ていきましょう!

①:責任の違い

SierとSESの『責任の違い』は、次の通り。

SIerの責任
SESの責任
  • 依頼されたシステムを「完成した状態で納品」しなければならない
  • 依頼された期間に「業務をおこなうだけ」でOK

結論として、SIerの方が責任は大きいです。

SIerとSESの責任の違いは「システムの完成・納品までに責任があるか無いか」がポイント

SIerは「システムを完成させて納品」するまでが仕事ですが、SESは「指定された期間に業務」をすればいいだけなので。

ライヲン

SIerは責任が大きい代わりに、会社の売上やエンジニアの年収は高くなるよ!

エンジニア

SESは責任が少ないからって、手を抜くのはNGだよ!

②:契約の違い

SierとSESの『契約の違い』は、次の通り。

SIerの契約
SESの契約
  • 請負契約
  • 準委任契約・派遣契約

SIerはシステム開発を一括して請け負う「請負契約」をするのが一般的です。

「しっかり完成させて納品しますよ!」って契約なので、責任が大きいんですよね。

対して、SESは依頼された仕事をする「準委任契約」や「派遣契約」が基本です。

あくまで業務を任される契約なので、システムの完成に対しては責任がありません。

ライヲン

ちなみに、SES業界では「準委任契約=SES契約」と呼ばれたりもするよ!

それぞれの契約の違いを一覧でもまとめましたので、ぜひご覧ください。

スクロールできます
契約名SES
(準委任契約)
派遣請負
指揮命令なしありなし
成果の判断働いた時間働いた時間システム納品
完成の責任なしなしあり
報酬の支払毎月毎月システム納品後
免許なしありなし

もし、イマイチわからないな…ってことであれば、

SIer=システムを納品」「SES=指定時間を働く」って覚えておけばとりあえずOKです!

③:役割の違い

SIerは「上流工程」、SESは「下流工程」のフェーズが多いです。

フェーズ(工程)SIerSES
要件定義
基本設計
詳細設計
開発・製造
テスト
運用・保守

上記は一例ですが、だいたいこんな感じ。

SIerは企画段階からプロジェクトにかかわるため、「要件定義・基本設計」の上流工程がメイン。

具体的には、「客先との折衝」「プロジェクト管理」「設計書作成」が求められます。

SESは全体的にかかわりますが、下流工程と呼ばれる「開発・テスト」が多いかなと。

開発やテストは人数の増減が一番多いフェーズなので、状況に応じて対応できるSESの依頼が多くなります。

④:スキルの違い

SIerとSESのエンジニアでは、求められるスキルが違います。

SIerに必要なスキル
SESに必要なスキル
  • 客先との折衝力
  • プロジェクト管理力
  • 要件定義・設計など上流スキル
  • 何かに特化したスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 環境適応スキル
SIerエンジニア
  • 客先との折衝力
  • プロジェクト管理力
  • システム開発全体のスキル
SESエンジニア
  • 得意分野のスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 環境適応スキル

SIerは「ジェネラリスト(幅広い知識・経験)」として、システム開発全体の知識を持ちつつ、

プロジェクトが無事完了するまで管理・マネジメントするスキルが必要です。

対して、SESは「スペシャリスト(専門家)」

得意なスキルを武器に、いろいろなプロジェクトで活躍することが求められます。

そのため、SESエンジニアは初めて一緒に仕事をする人と円滑なコミュニケーションをとりつつ、

さまざまな環境で実力を発揮する柔軟さが必要です。

⑤:年収の違い

最後に、SIerとSESの『年収の違い』について解説します。

SIerの年収
SESの年収
  • 高い
  • 大手SIerだと平均年収800万円ほど
  • 低い
  • 平均年収は500万円以下

ハッキリ言って、SIerとSESの年収を比べたらSIerの方が高いです。

システムエンジニアの平均年収は約550万円

中小のSIerでも、だいたいこれくらいはありますので。

参考:政府統計ポータルサイト「e-Stat」-賃金構造基本統計調査

対して、SESの平均年収は500万円以下の会社がほとんど

理由は簡単で、SESは下請けのさらに下請け企業が多いので、間の会社に利益(マージン)を取られてしまうからです。

このあたりは「【低収入】SESの年収は500万以下!給料が低い&上がらない理由を解説」の記事で詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください!

SIerとSESの『良い点』の違い

この章では、SIerとSESの『良い点』の違いをエンジニア視点でまとめてみました。

一覧にすると、以下のとおりです。

  • 年収が高い
  • 上流の仕事ができる
  • 安定企業が多い
  • 責任が少ない
  • いろいろな環境で働ける
  • IT未経験でも転職しやすい

それぞれ見ていきましょう!

SIerの良い点

SIerの良い点は次の3つ。

  • 年収が高い
  • 上流工程にかかわれる
  • 安定企業が多い

特に注目すべき点は、年収がSESに比べて高いことです。

IT業界は多重下請構造になっているので、

上流の会社ほど利益(マージン)が抜かれないので売上・年収は高くなります。

上記のようなイメージですね。

しかも、SIer同士でも規模の大きさによって年収は違ってきます。

このことから、SIerで働くとしても「どんな会社で働くのか?」が重要かなと。

SIerの優良企業やホワイト企業の見つけ方についてまとめた記事もあるので、ぜひご参考にしてください。

【狙い目】ユーザー系SIerはホワイト!5つの理由と転職方法

【公開】独立系SIerの優良ホワイト企業とは?特徴6つを徹底解説

SESの良い点

SESの良い点は、以下の3つです。

  • 責任が少ない
  • いろいろな環境で働ける
  • IT未経験でも転職しやすい

やはり、SESで働く一番のメリットは「責任が少ない」ことかなと。

SESは「働いた時間」が成果になるため、システムを完成させる責任はありません。

また、指定した時間を超えて仕事をすると「超過金額」が発生する契約がほとんど。

そのため、作業時間が調整されやすく、残業も少ない特徴があります。

エンジニア

手を抜くのはNGだけど、SIerに比べてプレッシャーが少ないのはうれしいよね!

また、SES企業では未経験エンジニアを積極採用してる会社が多いのも特徴。

未経験向けの研修が充実した会社を選べば、異業種からITエンジニアへチャレンジが可能ですよ!

これからエンジニアを目指す方は、次のIT転職エージェントが未経験向けでおすすめです。

IT未経験おすすめ転職エージェント
  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】
    転職エージェント業界No.1の実績と求人数!業界最大手です!

SIerとSESの『悪い点』の違い

良い点だけじゃなく、SIerとSESの『悪い点』の違いもチェックしましょう。

  • 責任が大きい
  • マネジメント力が必要
  • プログラミングが身につかない
  • 年収が低い
  • 評価がみえづらい
  • 当たり外れがある

SIerの悪い点

SIerの悪い点は、以下3つ。

  • 責任が大きい
  • マネジメント力が必要
  • プログラミングが身につかない

SIerは請負契約のため、システムを完成させて納品する責任があります。

そのため、予定が遅れたり、トラブルが起きれば、残業や休日出勤をしてでもシステムを完成させる必要があります…。

エンジニア

SESに比べて、大きな責任がある仕事だよね…。

また、SIerはシステム開発全体にかかわりますが、上流工程がメイン業務です。

結果として、マネジメントや管理業務が多く、プログラミングの仕事は少なくなります…。

プログラミングが好きだったり、マネジメント業務が苦手な人にとっては、SIerの仕事は向いていません。

SESの悪い点

下記の3つが、SESの悪い点です。

  • 給与が安い
  • 評価がみえづらい
  • 当たり外れがある

改めてお伝えすると、SESは多重請負構造の一番下に位置します。

場合によっては、5次請…、6次請…、さらに下請けってこともあります…。

間の会社が増えれば増えるほど、マージンが抜かれるので「売上が低い=年収が低い」ということも…。

また、SESはいろいろな環境で仕事ができるメリットはありますが、

社内からの評価が見えづらく、プロジェクトの当たりハズレがあります…。

  • 職場の雰囲気が悪い
  • 残業が多い(炎上している)
  • リーダーとあわない
  • 仕事をがんばってもだれも評価してくれない
  • パワハラ・セクハラがある

・・・などなど。

SESは責任が少ないかわりに、プロジェクトや会社に振り回されることも…。

とはいえ、SESでも年収が高く、しっかりとした評価体制がある会社もあります。

【注目】SESのホワイト優良企業とは?5つの特徴・転職方法・ランキングを大公開」の記事では、SESの優良ホワイト企業についてまとめているので、ぜひチェックしてください!

結論:SIerとSESはどっちがいいの?

僕としては、自分にあった働き方ができる会社を選べばOKだと思っています。

SIer向きの人
SES向きの人
  • 高い年収が欲しい!
  • 上流工程をやりたい!
  • 大きなプロジェクトを担当したい!
  • プログラミングがしたい!
  • 責任が重いのはイヤだ!
  • いろいろな環境で仕事をしたい!

SIerとSESを選ぶのに正解はないので、悩んでいる人は上記を基準にしてもらえれば大丈夫です。

ただし、会社選びは超重要なので、転職するなら優良企業を探してください!

SIerはやめとけ!」「SESはブラックだ!」って声を聴きますが、結局は会社次第なので。

転職を失敗している人は、1人で転職活動をして、なんとなくで選んだ会社に入社していることが多いです…。

エンジニア

入社した後に、聞いてた話と違っていたってことは多いからね…。

ライヲン

転職サイトや会社のHPは良いことしか書いてないから要注意だよ

IT企業は何万社ってあるから、1人で優良企業を探そうと思っても限界があるんですよね…。

なので、本気でSIerかSESの優良企業に転職したいと思ったら、IT転職エージェントに相談するのがベストです!

IT転職エージェントとは
  • 完全無料のIT転職支援サービス
  • IT転職のプロがキャリア相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにはない人気企業の求人がある
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる
  • 入社時期・条件の交渉をしてくれる

簡単に言えば、IT転職のプロが無料であなたの転職サポートをしてくれるサービスです。

「どんな環境で働きたいか?」の希望を伝えれば、あなたに合った企業の紹介から、転職活動、入社までのフォローをしてくれます。

SIerで働きたい人、SESに興味がある人、どっちか悩んでいる人は、ぜひ一度相談してみましょう!

経験別のおすすめIT転職エージェントこちらです。

おすすめのITエージェント

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!

未経験エンジニア向け

  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント

これら以外のIT転職エージェントが気になる人は、「【SE転職に強い!】IT転職エージェントおすすめ10選【ランキングでご紹介】」の記事もあわせてご覧ください!

SIerとSESの違いについてまとめ

本記事では「【SIerとSESの違い】5つのポイントと良い点・悪い点を徹底解説」について書きました!

改めてお伝えすると、SIerとSESのどっちがいいかはあなた次第です。

SIerが合う人もいれば、SESで働いているのに高い年収をもらっている人もいますので。

IT転職エージェントをうまく活用して、あなたに合った優良企業で働くのが一番ですよ!

おすすめのITエージェント

経験者エンジニア向け

  • マイナビIT AGENT
    【公式】
    20代・30代に信頼されるIT転職エージェントNo.1!若手エンジニアは登録必須!
  • レバテックキャリア
    【公式】
    エンジニア経験者向け転職実績No.1!年収アップ率は驚異の77%以上!

未経験エンジニア向け

  • ウズキャリIT
    【公式】
    ホワイト企業を厳選で定着率93%以上!未経験エンジニアに強いIT転職エージェント
  • DYM就職×IT未経験
    【公式】
    満足度90%!20代に特化したIT未経験向け転職エージェント
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる